アヴァンギャルド精神世界

冥想により、限りなき知性と底知れぬ優しさを。そこに次の時代が・・・。この世はドリームでもあり、リアルでもあり。

フェンタニル

2019-08-07 05:35:34 | ソーマ・ヨーガ(冥想法5)
◎アメリカの薬物ジャンキーなライフ・スタイル

2019年8月1日ドナルド・トランプ米大統領は、中国からの輸入品3000億ドル(約32兆円)相当に10%の制裁関税を課すと発表した。さらにトランプ氏はTwitterへの投稿で、「習近平国家主席はフェンタニルの米国への売却をやめると言ったが、これも実現せず、多くの米国人が死に続けている!」と主張した。

フェンタニルの方は聞きなれないので、スルーした人も多かったかもしれない。

フェンタニルは強力で依存性のあるオピオイド系鎮痛剤。

オピオイドと言えば、トヨタ自動車のジュリー・ハンプ常務役員(55)が2015年6月18日、麻薬取締法違反の容疑のため、滞在していた都内のホテルで逮捕された事件があった。中身が「ネックレス」と記載されていた米国からの国際宅配便の小包に、麻薬成分の「オキシコドン」錠剤57錠が隠すように入っており、密輸の疑いがあったためだそうだ。

オキシコドンは、オピオイド鎮痛薬とよばれる医療用麻薬の一種。オピオイド鎮痛薬は本来は医療として疼痛を和らげるために用いられる。日本では、主にがん性の疼痛に処方されるそうだから、相当に強力なやつだ。オピオイド鎮痛薬の代表格はモルヒネ

人間は、起きている時間の快適と眠りの時間の快適を求めるものだが、麻薬で快適を求めるのは、起きている時間の快適。

トランプ大統領が、30兆円の関税引き上げと並べて言及せざるを得ないほど、オピオイド鎮痛薬ジャンキーは、アメリカに多く、オピオイド鎮痛薬だけではないのだろうが、アメリカの平均寿命を押し下げている原因が薬物乱用と自殺にあると言われるので、アメリカの国家的危機の原因と認識されているのだろう。

アメリカの平均寿命は78歳代だが、2015年以降減少傾向という説がある。また2017年だけで薬物の過剰摂取による死亡者数が7万人に上っているとも言われる。

アメリカの薬物ジャンキーなライフ・スタイルは、日本は見習わなくて幸いだった。音楽、絵画、彫刻など、薬物摂取するのが良いものができるみたいな先入観がある人が多いのかもしれないが、日本にはそうではない『清よ明き心』(スサノオノ命が誓った心)というものがある。
コメント