アヴァンギャルド精神世界

冥想により、限りなき知性と底知れぬ優しさを。そこに次の時代が・・・。この世はドリームでもあり、リアルでもあり。

自ら催眠にかかる

2019-08-02 05:14:23 | 冥想の準備
自己催眠を脱却するには

肉体も精神も暗示に従う。

その一方で、日々仕事やら家事やら勉強やらをやるには、暗示の複合である一定の緊張を伴う。ものによっては長時間の緊張を必要とするものがあり、そうした緊張の後は肉体も精神もリラックスを求める。

人は最初に肉体がリラックスし、脈拍が落ち、呼吸が落ち着き、その後頭がくつろぐ。頭の中で緊張のネタが回っていつまでもリラックスできない場合、何らかの暗示を自分にかける。緊張しっぱなしは身体に悪い、テレビを見れば気がまぎれる、風呂に入ればゆっくりするなど・・・。頭=マインドのシーンを変えるのだ。そこでリラックスできれば、催眠の効果は終わり、自分を見るという冥想に入れる。

人は、嫌ったり怖がったりいやがったりする当のものに、逆に引きつけつけられ、魅せられるということがある。だから同じシーンにくると同じ失敗を何回も繰り返す。イップスなどというのもその原理だ。自己催眠でそういうパターンを繰り返すのだ。

それを免れるには、あらゆるマインド・コントロールで仕掛けられる自己催眠の強要に気づきそれから脱却せねば覚醒はない。
禅堂、修道院では、沈黙を守り静寂を維持するのは、余計な自己催眠を惹起させないという狙いもあるのだろうと思う。

東アジアの大乱が始まっているが、日々冥想を。
コメント