アヴァンギャルド精神世界

冥想により、限りなき知性と底知れぬ優しさを。そこに次の時代が・・・。この世はドリームでもあり、リアルでもあり。

一生を数秒で見る

2015-12-17 05:41:28 | ソーマ・ヨーガ(冥想法5)
◎マリファナと防御の喪失

ジム・デコーンは、1971年冬ニューメキシコの山岳地帯で自給自足の生活をしていた。ある日知人に夕食に招かれ、疲労困憊した状態でマリファナを勧められた。その結果彼は通常の防衛機能を失い、知人の無意識の敵意が彼のみぞおちにショックを与え、彼はほとんど気を失いそうになっている自分に気がついた。

ジム・デコーンは、外の空気を吸いに行くなどと言いながら、零下20度の外に出た。その冷たい外気はショックを与え、彼はトラックにもたれ掛かろうとして気を失って倒れる一瞬の間に、馬車や18世紀の服装をした人が出てくる、誕生から老年を迎えて比較的高齢で死に至る完全な一生が、加速されていない「リアルタイム」で進行するのを見た。

死を迎えた瞬間彼は自分がトラックの泥で固まったタイヤのそばに横たわっていることに気がついた。
(以上出所:ドラッグ・シャーマニズム/ジム・デコーン/青弓社P39-40)


高粱一炊の夢では、夢だったのでそんなものかと思うが、加速されていない「リアルタイム」で進行するドラマは、現実そのものだが、後で語ることになれば「夢」としか表現できないのだろう。これは、まさに体験であって、体験とは言えない体験とは別物である。
コメント