アヴァンギャルド精神世界

冥想により、限りなき知性と底知れぬ優しさを。そこに次の時代が・・・。この世はドリームでもあり、リアルでもあり。

1ドル札の4つのマントラ

2012-09-26 06:10:04 | 時代のおわり
◎神は私たちの企てを嘉(よ)みしたまう

千円札では富士山が湖面に映っているが、その姿が富士山とは似ても似つかぬシナイ山であるという有名な都市伝説がある。米ドル札にも都市伝説がある。

さて1ドル札の$の字はタウ十字に巻きつく青銅の蛇とも、水星メルクリウス=ヘルメスの象徴ともされる。

1ドル札には4つのマントラが並んでいる。

1.多より1を生ず
このマントラは鷲の図案の帯にある。 
これは、現象から神に収斂するということで、これぞ人間から神へというアクアリアン・エイジならではのマントラと言える。
このマントラは13文字のラテン語なので、東部13州にかけているという説もあるが、12プラス1なる聖数だろう。 
12が世俗あるいは世界であり、1で別世界への裂け目に導く。
  
2.神は私たちの企てを嘉(よ)みしたまう
このマントラは、神の目ピラミッドの上部にある。
私たちの企てとは、コーザル体を経て、ニルヴァーナに向かおうとする人間の本源的な方向性のことである。人間にとってこれ以上の野心的企てなどない。

3.世紀の新秩序
このマントラは、神の目ピラミッドの下部の帯にある。
ニューオーダーのこと。伝統的にはキリスト到来の予言であると解釈されてきたが、別のニューオーダーを夢見る人もいる。

4.我らは神を信じる
他はラテン語だが、これだけ英語で、“In God we trust.”。
これはONEの字の上に小さくある。

この四つのマントラは、ワシントンDCの上院議事堂の四つの入口の上に彫られているのだが、これは南。
人は南の入口から入り、聖なるものに北面するので、このマントラはまあ妥当なのだろう。ちなみに北口には、多より一を生ずである。
(以上参照:秘密結社の1ドル札/デイヴィッド.オーヴァソン/学研)

アメリカにも結構なレベルの呪術師がいてその伝統が連綿として受け継がれていることがこれでもわかる。

米国財務省1ドル札へのリンク
http://moneyfactory.gov/images/1noteid.pdf


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


悟りとは何か
コメント