[虎渓三笑]

ブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

戦国男色の俗説

2014年12月07日 | 世相斬るべからず
 戦国時代というと男色が盛んだったといわれ、それはそれで確かに事実だったとは思われるが、実例として出される有名なカップリングはほとんどが史料的根拠を持っていない。
 織田信長と森蘭丸の関係は、須永朝彦氏によってすでに否定されている。

美少年日本史

美少年日本史著者:須永朝彦価格:2,592円(税込、送料込)楽天ブックスで詳細を見る


 蘭丸=美少年というイメージからして、江戸時代後期に付されたものであり、森蘭丸という人物が織田信長の小姓にいたかどうかも怪しいと思う。定説では信長の側近にいた森乱法師成利が森蘭丸であったとされているが、成利はすでに実名を名乗っているから元服済みだったはずである。そうすると森乱法師=小姓という前提からして難しくなってくる。「お乱」などと「お」がついている史料もあるが、戦国大名の側近に「お」がつく人物は『甲陽軍鑑』などにも見られる。これを男色と直結していいかどうか慎重な検証が必要だろう。

 織田信長が前田利家と肉体の関係をもっていたというのも近年現れた奇説で、『亜相公御夜話』に書かれているとされる、信長が利家の髭(ひげ)を取り、「お前は若いころ、俺のもとで寝たよな」と語ったという逸話も正しくない。前後の文章から見ると、信長は利家の髭を取っているのではなく、「お前は髻(もとどり)を取る前、わが寝るときもしっかり警護してくれたな」と褒めているのであって、そこに男色のにおいは全くない。

 このように世間一般に知られる有名な男色関係はほとんどが眉唾ものである。

 武田信玄の「愛の誓詞」といわれる古文書も、信玄と高坂昌信と某弥七郎の三角関係なる構図で語られることが多いが、何度読み返してもそのように読むことはできない。おそらくこれは男色と何も関係ない史料だろう。どちらかというとタイムスクープハンター「眠ってはいけない”戦国”」でやっていた「庚申待ち」を想起させる内容に思える。(というのも国家鮟鱇さんのブログを見て、この件を検討しました。今はブログ主様の主張に近い情景があったことを想像しています)

戦国武将と男色

戦国武将と男色著者:乃至政彦価格:1,015円(税込、送料込)楽天ブックスで詳細を見る


 有名なところでは、ザビエルに男色を批判された大内義隆が激怒したという逸話も疑わしい。現在日本語で読める史料だけでも比較して眺めれば、定説にしていいような事件ではないと理解されるはずである。

 中世・戦国の男色を語らんとする方々にはぜひ拙著をご一読願いたい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 山下清『裸の大将放浪記』 | トップ | 大内義隆に対するザビエルの... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
記事一部訂正 (乃至政彦)
2014-12-08 01:28:26
庚申待ちについては、タイムスクープハンターをオンデマンドで見ながらおやっと思っていたのですが、実はそれより先に鋭い考察があり、あとからそれを見て大いに示唆を得た記憶がありましたので、今回参考のもととなったブログの記事をリンクに追加させてもらいました。
『国家鮟鱇』さんのブログです。
日々戦国時代に限らず多方面に独自の姿勢で切り込まれており、読み応えがあります。
ネットには注目すべき歴史の論者が少なくありませんが、中でも国家鮟鱇さんは特に揺るぎない眼力をお持ちです。
ここで過去に拙著への好意的批評をいただき、少し嬉しくなったことも思い出しました。読者の方々全員にお礼を申し上げることはできませんが、とてもありがたかったです。来年は軍事史で一旗あげて参るつもりですので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

関連するみんなの記事