ブーゲンビリアのきちきち日記

神奈川の米軍基地のある街から毎日更新。猫と花と沖縄が好き。基地と原発はいらない。

来年もよろしく・・・

2006年12月31日 14時49分26秒 | 米軍基地
今年最後のブログの写真は、なんと言っても今年のハイライト、この写真でしょうか。誰かが「プロ市民」とか言ってネット上に流してくれていた写真の中の1枚です。ありがとう。気に入っています。この写真をメールで沖縄の女性に送ったところ、喜んでいただきました。来年もがんばろうね。「米軍基地はいらない」って言い続けようね。基地のある町から、愛をこめて、・・・ ああ、オーマイなんか見ていたら、つぎつぎにいろいろ . . . 本文を読む
コメント (5)

来年の、ひので大学

2006年12月29日 23時13分30秒 | 花と自然
今から、来年のことを考えています。4月の第2日曜日はひので大学です。大学というと誤解を招きますが、「森で遊ぶ、森から学ぶ」がコンセプトです。96年からやってます。2007年も、4月8日、若林さんの「新しい庭」で集まりましょう。いつもの場所で待っています。久しぶりにハガキを出そうと今、考え中です。依田先生に連絡しなくちゃ・・佐久の畑はどうなんだろうなあ・・来年は行かなくちゃ・・今年は行かれなくて・・ . . . 本文を読む

来年はやり方を変えて・・

2006年12月28日 22時06分20秒 | 米軍基地
なつかしい写真が出てきました。2005年11月6日相模原駅にて、ときどきトトロになっていました。このころは気合いが入っていました。あんまり気合いが入っていても、変ですね。今はもう、なれてしまって気合いを入れなくても自然になにげに、何でもありです。変わらないのは「基地はいらない」という気持ち。なんと言われようと言い張っていきます。戦争につながるものは、一切拒否、このままでは地球は滅びるしかないでしょ . . . 本文を読む
コメント (9)

コメント欄、どうしよう

2006年12月28日 19時56分42秒 | その他いろいろ(原発)
コメント欄で楽しませていただくのはいいけれど、時間を取られるのがいちばんイヤなのですね。みな様、ご存じのように勉強不足ですから、お答えできないことも多く、だいたい軍隊について知りたいなんて思いません。考えるのもイヤです。米軍基地のことばかり考えて、暮らしているわけではありません。生活優先です。来年は市民団体の代表も辞めようと思っています。 やっと、チューリップを植えました。咲くかなあ。植えないよ . . . 本文を読む
コメント (4)

今年最後のキャンプ座間バス停

2006年12月27日 16時26分16秒 | キャンプ座間
久しぶりにキャンプ座間に行きました。台風一過のような、暖かい日になりました。寒いかと覚悟していったんですけど、ぽかぽかしていました。車で通る人が見ています。どう思っているのかまではわからないけれど、Yナンバーやらいろいろな車が目につき、コンクリートミキサー車も行ったり来たり・・基地の中では工事がどんどん進んでいるようです。どうすることもできないのが歯がゆい・・政治を変えなきゃだめってことですねえ・ . . . 本文を読む

ファルージャにバラを

2006年12月27日 08時30分41秒 | 花と自然
明け方の雷はすごかった。こんな季節に雷なんて異常気象だと思う。温暖化はもはや当たり前の現象なのか。なにがあっても驚かないことにしよう。ただ、爆撃のように感じたのは、イラクを少しは体感できたかと思った。直撃だったら生きてはいられない。すぐ近くで5回は落ちていた。 生きて難民になるとしたらなにを持ち出そう。ネコのエルはどこかへ行ってしまうだろう。ご近所では有名なピースネコだから、誰かが助けてくれるだ . . . 本文を読む
コメント (9)

防災ズキソ

2006年12月26日 22時42分17秒 | キャンプ座間
いつも通る道に「防災ズキソ」という看板がある。頭巾ではない。ズキソ。最近は赤頭巾ちゃんも話題にならないから、頭巾ではわからないとは思う。ズキソではなくズキンならいちおうわかったかも知れない。でも、ズキソだからいつまでも記憶に残る。といって、防災ズキソをかぶってどこへ逃げるのか。もう、そういう戦争ではないのだ。わかってほしい。アメリカの世界戦略の拠点はここ、相模原の米軍基地、キャンプ座間なんです!陸 . . . 本文を読む
コメント (16)

米軍基地普天間飛行場は無条件返還を!

2006年12月26日 10時16分23秒 | 沖縄
沖縄いじめがつづいている。国家をあげてのいじめをやっていて、国民にいじめをなくそう、自殺を減らそうなんて、あり得ない。普天間を3年以内に閉鎖するためには辺野古の工事を早くやれということなのだ。前から辺野古にあるキャンプシュワブには普天間から3000人のヘリ部隊などを移駐させるという。つまり、辺野古にV字型滑走路をつくらなければ、普天間は返還されない。2014年までに普天間は全面返還と言うけれど、だ . . . 本文を読む
コメント (16)

冬のバラ

2006年12月26日 08時14分42秒 | 花と自然
きのう、温泉に行く前に北公園に寄った。12月25日だというのに暖かいので、きっとまだ名残のバラが咲いているだろうと思ったのだ。やっぱり、たくさんのつぼみがまだこれから咲こうとしていたけれど、つぼみのままになりそうなバラも多い。いつもボランティアで手入れをしている人がいる。気温が上がらないと咲かないという。枝の剪定も終え、病気の葉を落とし、来年のために忙しそうだった。 今朝は、雨の音で目が覚めた。 . . . 本文を読む
コメント (2)

飛行機雲の見える温泉

2006年12月25日 23時11分14秒 | 温泉
行ってきました。写真のような飛行機雲を見ながら、露天風呂に入っている客は3人。クリスマスの日はそれなりにみなさん、それなりの居場所にいるようで・・飛行機雲は山の彼方へのびて、旅の人を乗せていく・・やがて空は暮れなずみ、山の上の温泉だけが明かりを灯す。三日月がでて星は見えない。 病気のエルが心配なので早めにかえってきた。マタタビをなめさせて、少し食欲が出たようだ。飼い主は黒ビールで顔が真っ赤になっ . . . 本文を読む

松井やよりさん

2006年12月25日 10時46分44秒 | 花と自然
そろそろ出かけようと思いながら、写真を選んでいると、次々に書きたいことが湧いてきてしまい、時計を見ながらやってる。写真と内容があっていないような気がするけれど・・・それはそれで意味ありげですねえ・・・この写真は日の出町の山里をおりてきたら目についた南天。子供のころは、トイレのある場所にあったような気がします。なにかおまじないのような、魔よけとか、不浄のものをなんとかとか・・縁起がいい物なのでしょう . . . 本文を読む

クリスマスの思い出

2006年12月25日 09時47分06秒 | 星が丘ビンボー物語
子供のころ、カソリックの教会に行っていた。小学校4年の時だったと思う。友だちに誘われて、興味本位というか好奇心というか、そんなことだから1年とつづかなかった。クリスマスのケーキが最終目的だったから、以後、あっさりと行かなかったと思う。それでも、賛美歌は好きだった。「諸人こぞりて」はとくに好きだった。すでに、黒人霊歌が好きだった。クリスマスカードは今でも思い出せるくらいにうれしい、少女趣味といわれれ . . . 本文を読む

中村敦夫の北インド紀行

2006年12月24日 22時02分13秒 | お知らせ
第18回市民環境問題講演会  環境ミステリー「ゴミを食う男」出版記念 中村敦夫の北インド紀行 環境主義の原点を探るために、仏蹟を尋ねる旅をしてきました。 その報告会をします。 2007年1月28日(日)午後1時15分開演 資料代300円 青梅福祉センター(東青梅下車徒歩5分) 中村敦夫さんは、参議院議員時代に、全国各地の自然破壊や環境汚染に対し、ひとり立ち向かってきた希有な存在でした。現 . . . 本文を読む

山の道しるべ

2006年12月24日 09時38分06秒 | 花と自然
10年以上も通い慣れてしまうと、新しい発見はないけれど、ひとりでも歩ける。森の手入れがされていて明るくなっていた。いつ行っても森の表情はちがう。思い出せば、日の出ゴミ事件の時は、夜中でも森へ行っていた。怖い物知らずは今も変わらない。動物も夜中にばったり出会い、おたがいに驚いて立ち去ることもあった。野ウサギなどは、今もいるだろうか。鳥もいろいろいた。キセキレイにはよくあったが、昨日は見られなかった。 . . . 本文を読む

エコセメント工場

2006年12月24日 09時28分35秒 | 花と自然
エコセメント工場です。まんまとやられたと言うのがわたしの感想です。92年からこの森に関わってきました。こんな物ができるという話しはなかった。東京都には開いた口がふさがらない。権力の尊大さは、石原都知事を見ればよくわかる。水源の森をゴミで埋めて、地下水を飲めなくして、さらには大気汚染、どれも都内へ流れていくのに、気がついたときには遅いでしょうね。奇病が発生して都政を揺るがすか、福祉切り捨てでただ死ん . . . 本文を読む