ブーゲンビリアのきちきち日記

神奈川の米軍基地のある街から毎日更新。猫と花と沖縄が好き。基地と原発はいらない。

キャンプ座間に自衛隊官舎がつくられる?

2010年05月12日 22時35分03秒 | キャンプ座間
水曜日はキャンプ座間座り込みの日です。
1時半から3時半までですが、私はいつも3時ごろ行きます。

本日は写真を撮ると、お巡りさんに撮るな、と言われます。
ひと通りの説明をさせて頂きます。
それで、写真を撮る時間がなくなりました。

帰り道、キャンプ座間正門と体育館の中間あたり、
なにやら測量をしています。



ここが返還されると言われている土地のようです。
測量している人に聞いてみました。
どうやら口止めされているようで、何も話してくれません。
こちらから、自衛隊宿舎ですか?ときくと、
「知ってるんですか?」
だって・・・
座間市は、このまま国に測量されて
米軍基地内に自衛隊官舎ができてしまうなら、
米軍基地が座間市民に返還されたことにはならないと思いますが、
黙認するしかないのでしょうか。







米軍住宅は緑豊かでいいですね。
公園に隣接していて、子どもたちや犬の散歩の人が遊んでいました。
ここが米陸軍司令部の住宅だと言うことは
みなさま知っています。
偶然出会った人と話してみると、座間市民は快くは思っていないようです。
日本の市民は、もっと狭くて高いマンションに住んでいます。

でも、米兵の家族には何も言えません。
リサイクルショップで値切ったりするそうです。
文化の違いでしょうか。









米兵の家族はどんな生活をしているのでしょうね。
檻の中に閉じこめられているようにも見えました。


人気ブログランキングへ


この記事についてブログを書く
« ガジュマルの樹の下で・・ ... | トップ | ときどき犬の、きのうのぴょん吉 »
最新の画像もっと見る

キャンプ座間」カテゴリの最新記事