ハードボイルドで行こう!

本人はハードボイルドじゃないんですけどね。憧れってところですかね。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

J1:第7節 浦和 VS. 川崎 『あぁ正念場』の巻

2007-04-21 | 浦和レッズ

川崎Fに1-2で敗れ、ホーム不敗神話も崩れました。
序盤の正念場でしたが、痛い痛い敗戦となりました。

昨年までは、運命のめぐり合わせか協会の差し金か、
開幕から前年のチャンピオンチームやら、その時に首位にいるチームやら、
調子の良いチームやらとの対戦で、そこに不可解なジャッジのスパイスを加え、
毎節が注目ゲームというか御祭り状態でしたが、そこを乗り越え乗り越え、
やっと恵まれた流れを手に入れたというのに。

そんで、今年はコンディション不良やら、新監督の戦術未浸透やらで、
未成熟なチームであったにも関わらず、なんとか辛抱してきましたが、
ここに来て、闘莉王が足の怪我に加え、心まで怪我してしまう始末。
代役の堀之内も気持ちで得点しましたが、あと一歩足りませんでした。
いやはや、簡単にはいかないものですね。

今日のゲームは、2点目の失点のきっかけになった伸二のパスミスが痛かった。
シンプルにやろうとする意図はわかるけど、周りがあってのことですからね。

それとワシントンのキープ力の低下が気になります。
今シーズンの不調は、コンディションのせいだと思ってましたが、
どうも他にも問題がありそうです。なんとかならないものかな。

川崎は、リードを守るべく、大袈裟に転び、転んでは起き上がらず、
そんな露骨な時間稼ぎを重ね、見事に逃げ切りに成功しました。
アジアで戦っているだけあって、汚さが身についているようです。
これは褒めてますよ。レッズも見習わないと。

ACLでも勝ちあがって来なさい。そこで決着つけましょう。
開催国枠が出来たってモティベーションを下げないで、
これまで出場したチームのように、スケジュールや選手層を言い訳にして、
主力温存で敗退してしまうような無残な姿を晒さないよう期待してます。
一緒にアジアを闘う仲間として密かに応援してますよ。

でも、終了直後の川崎ベンチの喜び様にはイラっときましたけど。


コメント (4)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 北京五輪2次予選 シリア VS.... | トップ | あんこ食べたい »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (スポーツ瓦版)
2007-04-21 22:02:13
前半は上手く行ってましたが後半でダメでしたね。
Unknown (なぐれっず)
2007-04-21 23:31:01
後半も何度か期待できるシーンはあったんですけどね~。残念です。
Unknown (ECHO)
2007-04-22 12:01:59
いい展開だったのに、決まられないとこうなっちゃうって感じでした。試合中は負けるとは思って無かったです…。悔しいです!
Unknown (なぐれっず)
2007-04-22 12:58:22
負けたことは残念ですが、昨年に比べて、個人の打開ではない組織的な打開が多い、いい展開になってきてますので、今後に期待しましょう。

コメントを投稿

浦和レッズ」カテゴリの最新記事