名古屋北部青年ユニオン  2012/8/13~

職場のお困りごと、相談しませんか?
私たちは、共に学び行動する労働組合です。
ひとりじゃない、一緒に生きよう!

あの港区にこども食堂!? 「セレブの住む街」のもう一つの顔

2017-03-15 | 労働ニュース
港区のもう一つの顔
一方、もっとも裕福な「一人勝ち」東京都は、格差の大きな自治体でもあるという「もう一つの顔」があり、港区も例外ではない。
低所得の公立小中学生に支給される就学援助の受給率は、全国平均15.4%に比べて、港区は小学校15.23%、中学校31.06%にのぼる(「港区の教育」2016年度版より)*注。
お金持ちの代表格のように言われる街でも、どこから見るかで景色がまったく変わってしまうことは、港区に限らない。その「港区のもう一つの顔」を垣間見させてくれるのが「みなと子ども食堂」だ。
みなと子ども食堂
広尾駅。渋谷と六本木の間にあるこの駅を降りて10分弱歩いた高台、有栖川記念公園の隣にある公共スペース。今月、そこで「みなと子ども食堂」が開催された。
メニューは、ピラフに鳥のからあげ、サラダに野あの港区にこども食堂!? 「セレブの住む街」のもう一つの顔
ジャンル:
職場
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【日本ニュース】春闘 集中回... | トップ | 就活、「求人票」で賃金だけ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

労働ニュース」カテゴリの最新記事