名古屋北部青年ユニオン  2012/8/13~

職場のお困りごと、相談しませんか?
私たちは、共に学び行動する労働組合です。
ひとりじゃない、一緒に生きよう!

公務員の給与が5年連続で増え続けるワケ

2019-01-12 | 労働ニュース
庶民感覚では納得がいかない給与増

消費増税が迫る中、巨額の借金を抱えて財政難に陥っているハズの「国」の公務員の給与とボーナス(期末、勤勉手当)がまたしても引き上げられた。引き上げは5年連続である。11月28日に給与法改正案が与野党の賛成多数で可決され、成立。8月の人事院勧告にそって、2018年度の月給が平均で655円、率にして0.16%引き上げられるほか、ボーナスも0.05カ月増の年4.45カ月分になることが決まった。

増額分は4月にさかのぼって年明けから支給され、平均年収は3万1000円増の678万3000円になるという。人事院勧告は民間の動向を踏まえて毎年の賃金の増額率を決めている。「民間並み」と言うわけだが、どう考えても庶民感覚では納得がいかない。⇒続きはコチラ・・・・
ジャンル:
職場ニュース
コメント   この記事についてブログを書く
« 派遣切り、声上げても…「なぜ... | トップ | アンダークラスとは何か? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

労働ニュース」カテゴリの最新記事