名古屋北部青年ユニオン  2012/8/13~

職場のお困りごと、相談しませんか?
私たちは、共に学び行動する労働組合です。
ひとりじゃない、一緒に生きよう!

厚労省のインチキ統計は高プロ制度導入のためか?

2019-01-14 | 労働ニュース
15年も前から適当な調査をやっていたので、労働者の賃金が実際よりも低めに集計されてしまい、約2000万人に雇用保険などが適切に支払われなかった、というスキャンダルです。

「毎月勤労統計」は労災保険の保険給付の算定や経済分析、景気動向指数の作成などに使用しますので、いい加減なデータが及ぼす影響は思った以上なのです。

ところでこのデータ、昨年騒がれた高度プロフェッショナル制度(高プロ)の導入にも大いに関係があります。

忘れている方も多いと思うのですが、この制度は、裁量労働制の枠を広げて残業代や労働時間の規制が適用される人の枠を広げましょうという制度で、衆議院本会議で2018年5月⇒続きはコチラ・・・・
ジャンル:
職場ニュース
コメント   この記事についてブログを書く
« アンダークラスとは何か? | トップ | 葬祭大手ベルコの「異様」な... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

労働ニュース」カテゴリの最新記事