生存助け合いのネットワーク(生存組合)

貧困は自己責任じゃない。貧乏人は悪くないぞ!
助け合いのための寄り合い、ここにあります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

生存と助け合いの寄り合い

2009年10月13日 | 主催・共催イベント情報
生存と助け合いの寄り合い

日 時:10月19日(月)18:00~
会 場:則武コミュニティセンター
所在地:愛知県名古屋市中村区則武2丁目8-17

パネラー:酒井徹(ふれあいユニオン)
     Esaman(インターネット新聞JANJAN)
     小島鐵也(氷河期世代ユニオン)ほか。

参加費:300円(会場代)
主 催:生存助け合いの会準備会
問合せ:070-5640-0219
後 援:笹島文化交流会

さいきん「たすけあい」って、少なくなった気がしませんか?そこで『生存と助け合いのための集まり』を、開催したいと思います。

ここしばらく、景気は悪化して、失業率は高くなったままです。企業は雇用形態を、派遣や非常勤の人たちが多いものにして、より不安定になっています。仕事が無い人、無くなってしまった人はもちろんのこと、いま仕事がある人も、将来のことをを考えると、何が起こるのか不安だということもたくさんあると思います。

路頭に迷ったときに、労働組合に頼ることも意味があります。ですが、私達の「困っていること」には、労働組合の守備範囲以外も、たくさんあります。手元の生活費が無い、今日住む場所が無い、悩みを相談する相手がいない…etc。私達が日々の生活で悩んでいるものには、労働組合の得意な分野、福祉でカバーする分野、人同士のつながりの中で何とかしてゆくもの、今の制度では無理なものノなどなど、色々なものがあります。

私達は、そのような悩みを話し合い、何かがあったときに「助け合い」をするための集まりを、開こうと考えました。生活支援、労働問題、悩み相談、人生相談、文化活動ノ色々な分野の人たちと話し合い、いずれは、それぞれの分野の人たちが、手を取り合って『助け合い』のできる活動を作っていけたら、と考えています。

何かの活動をすでに始めている人、始めたいと思っている人、悩み事のある人、なにかをしたい人ノなどなど、お気軽にご参加ください。まずは、お互いの活動を知るところからはじめましょう。


コメント   この記事についてブログを書く
« 笹島・LOVE&ビンボー企... | トップ | 「反貧困から築く格差のない... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

主催・共催イベント情報」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事