名古屋市立大学の研究不正疑惑

当ブログ記事の情報発信は、公共性があり、公益目的であり、かつその内容が真実であることを主張していきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

読売新聞:データ捏造の准教授を懲戒解雇…名古屋市立大

2012年03月27日 | 報道リスト

名古屋市立大学(名古屋市瑞穂区)は19日、複数の論文についてデータの捏造ねつぞうや改ざんをしたなどとして、同大大学院医学研究科の原田直明准教授(44)(展開医科学)を懲戒解雇、岡嶋研二教授(58)(同)を停職6か月の懲戒処分にしたと発表した。

 原田准教授は「過失により仮に作成した物を発表してしまった」、岡嶋教授は「不正は知らなかった」と話しているという。

 同大によると、捏造や改ざんが判明したのは、認知症や老化防止の研究などに関する論文19本。論文の趣旨に沿った実験データが得られたように見せかけるため、この実験とは異なる条件で過去に撮影されたマウスの脊髄の細胞画像を流用したほか、マウスの腎臓の切片の画像を回転、拡大、縮小するなどの手を加えた。

(2012年3月20日14時26分  読売新聞)
 
 
コメント   この記事についてブログを書く
« 毎日新聞: 論文捏造:名市大... | トップ | 中日新聞:名市大論文捏造、... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

報道リスト」カテゴリの最新記事