なごみ

お気に入りなごみスポットの紹介、旅行、ペット(猫)、ベランダガーデニング

蓼科・軽井沢2

2017-07-31 00:27:33 | 旅行

翌日は軽井沢へ。3連休の最終日とあって、プリンスショッピングプラザ付近は大混雑。
ひと昔前 大学のセミナーハウスでの夏合宿の時は、浅間口から旧軽方向がメインで、
ブラブラと歩いたりレンタサイクルを借りたりでしたが、ずいぶん様変わりしました。

混雑を避けて中軽井沢方向の塩沢湖畔にある軽井沢タリアセンへ。
ここは雄大な浅間山を望む塩沢湖の自然と、レイモン・ペイネや深沢紅子の美術館
有島武郎、室生犀星など軽井沢にゆかりのある作家・詩人の作品を収めた軽井沢高原文庫等
文化施設も整った総合リゾート施設です。



信州産黒毛和牛を使った軽井沢バーガーを湖畔のベンチで食べ、とにかく暑かったので
日陰で涼み水分をとり休憩。それほど混んでなくてゆっくりできました。ここは何故か犬連れの家族が多く、
犬もハアハア言って暑そうだったなぁ。

ボート乗り場を横目にペイネ美術館へ立ち寄りました。
ファンタジックで可愛いらしいペイネの恋人たちのイラストを見ているととても幸せな気分になります。
ペイネの原画やリトグラフ、ポスター作品陶磁器・人形のほか写真や愛用品などを展示され、
世界初・日本で唯一の個人美術館とのこと。
ペイネは1908年パリ生まれのイラストレータですが、戦争にも従事し荒廃した町並みを悲観し、
自分の愛らしい恋人達の絵によって、少しでも世の人たちが戦争に加担するのを阻止出来ることを
願っていた平和主義者です。

川を渡ってイングリッシュローズガーデンへ。7月はバラの季節ではないけれど、手入れされた庭は
季節折々の花が咲き綺麗でした。様々な種類のバラがあり、夏咲きのバラも奥の方にありました。

 

コメント

蓼科・軽井沢1

2017-07-24 15:46:06 | 旅行

海の日の連休、1泊2日で蓼科と軽井沢に行ってきました。

2017の夏は猛暑と局地的な豪雨と極端。介護で月2回新潟へ行っており、あまり遠く長期間の旅行は無理だけれど、近場のリゾートでリフレッシュしてきました。

夏場は爽やで涼しく四季折々の自然が美しい、また地元産の素材を使ったお料理が美味しいコロシアム・イン蓼科に宿泊しました。ここは、夏・秋はもちろんスキー場も近いので冬場も何度か来ています。

夕食まで近くの御泉水自然園を1時間ほど散策。ゴンドラで山頂駅に着くと、眼下に女神湖や八ケ岳の山々が見えます。
マイナスイオンの空気を吸いながらシャクナゲの小道を歩き、蓼科山湧水水汲み場で喉を潤すと冷たくて美味しくリフレッシュ。湿原に渡されたボードウォークの先に雲を頂いた蓼科山が見えます。

少し歩いた後ホテルに戻り、温泉があるので汗を流してすっきり。今回は離れ家「杣人(そまびと)の家」で地元産食材を使った和みの和食メニューです。主人は日本酒飲み比べ3種を味わっていました。

翌朝は徒歩10分の女神湖を散策。2000年と2012年にも来ましたが、今年で30周年にもなるとのこと。ホスピタリティーの素晴らしいホテルは、やはり長く続くのですね。

コメント

2017 春の京都

2017-05-14 11:05:54 | 旅行

GWも過ぎ新緑の頃ですが、忙しい合間に今年も京都に行けたので、備忘録としてアップしておきます。今年関西は寒い日が続き桜の開花が例年より遅れ、東京の開花宣言が一番早いという特異な年でした。

3/31金曜は冷たい雨で、どこも桜がさいてなく、二条城 二の丸庭園辺りと車折神社だけでした。

4/1土曜は大阪の友人ご紹介の、期間限定公開の百万遍知恩寺 文化財と北白川の昭和初期の洋館駒井家(京大の免疫学の教授)を回り、午後は京都駅近く東本願寺別邸 渉成園を友人と散策し、琵琶湖ホテル宿泊でゆっくりしました。

 4/2日曜は良く晴れて暖かく、以前トライしてダメだった叡山電鉄 二ノ瀬駅近く 白龍園に行くことができました。桜がまだなので空いていて、私を含め3.4組みでした。やはり手入れされた素晴らしいお庭で、ゆっくり見てきました。開園当時からの庭師のお爺さんが、白龍園の歴史を教えてくれました。たまたま3代目社長の青野氏が来ていて、市内にある子供服の宣伝も兼ねて挨拶してくれました。帰り際に出町柳近くの本満寺に立ち寄ったら、枝垂れ桜が八分咲きで綺麗でした。

 

コメント

2016秋の京都

2016-12-30 22:49:21 | 旅行

11月後半出かけた京都。12月バタバタと忙しくUpできなかったので備忘録として入れておきます。

関東が54年ぶりの11月の降雪で交通機関が混乱する中、9時台の新幹線はほぼ定刻通り京都着。(東海道新幹線 素晴らしい!) 今回は紅葉と生誕300年の伊藤若冲 所縁の寺や展示会を巡る旅です。

大阪の友人にお付き合い頂き、相国寺承天閣美術館で若冲展を堪能。釈迦三尊像とそれを取り巻く30福の動植彩絵(レプリカながら様々な動植物の極彩色、超絶技法は素晴らしかった) 

   

 御所の紅葉を見て、甘味どころ「花子」で休憩。その後南禅寺前の「順正」で湯豆腐を食べました。予約もせずに入れたのは雪による交通障害でこの日だけ空いていたかららしい。ラッキーが重なりました。「私達日頃の行いが良いから・・」とか話してました。(笑)日本百名庭園に選ばれている広大な日本庭園、ライトアップされ素敵でした。

  

  

翌日、伏見区深草にある若冲が晩年を過ごした石峰寺へ行き、五百羅漢を見ました。「晩秋の五百羅漢や何思う」

  

隣駅の伏見稲荷を散策。ここは外国人が8割で混み混みで非常に疲れました。岡崎に戻り、京都市美術館ではカラフルな動物が描かれた屏風絵と百犬図など、東京に来ていなかった作品も見られました。

 

 

白川沿いのカフェ オータンベルジュで一休み。(ここは自家製のケーキと紅茶が美味しいお店。観光客は少なく、近隣の常連客がくつろいでおしゃべりしてます。)その後ホテルへ戻り。

コメント

屋久島宿泊、グルメ編

2016-08-01 00:10:56 | 旅行

屋久島の宿泊は島の南側、尾之間地区の「屋久島いわさきホテル」
ホチルのロビーに巨大なヤクスギオブジェがあり、太平洋を臨むGoodなロケーションで、
お食事は地域の特産品キビナゴの酢味噌かけ、黒豚の生ハム、トビウオのさつま揚げなど
とても美味しく、天然温泉もあってリラックスできるホテルでした。
空港停電のトラブルもあってホテル到着が15:30頃となり、食事まで裏庭の散策はいかがですかと
勧められ出かけたら、広大な裏庭(ひと山)で特産のたんかん、ぽんかん畑あり山の上の見晴らし台や
ゴーゴーと流れる大滝ありで、往復4,50分のトレッキングのようでした。 

  

 散策後、温泉に入ってお食事タイムです。
ダンナさんが焼酎3種の飲み比べメニューを楽しんでいました。
   
    

2日目、ネーチャーガイトのエコーツアーを申し込み、周辺にレストラン等ないため
ホテルにおにぎり弁当を作ってもらいましたが、歩きの途中で食べ、3種のおにぎりにシャケや卵焼き
佃煮におつけもの、バナナとみかんお茶もつきこれで700円程。美味しくて充足されました。

 

2日も歩きの疲れを温泉で癒し、こんどは6Fレストランでお食事
洋食系で目にも美しい前菜盛り合せ 、ポアロースープに枕崎産カツオのタタキ、海老具足煮
近海白身魚のポアレも美味しかったです。

     

 

コメント