一小応援団 和(なごみ)

和(なごみ)は、学校・PTA・地域が協力し合い、子どもたちの安全確保や健全育成に取り組む団体です

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

放課後学習会(ゆめ本部)でipad導入・・・学習効果あがる

2017-04-19 19:38:48 | 学校行事

筆者は、現在、なごみの役員ですが、あわせて「ゆめ本部の」の役員でもありますので、近隣の第一小学校で平成12年からずっと放課後学習会にボランティアとして参加しています。それで、特に、今年の1月下旬から3月にかけては、この事業への臨時の補助金を申請して受理されたので、ipadを4台購入して12回ぐらいのシリーズで、算数・国語・英語の無料版アプリを使って、放課後学習時に宿題のおわった子どもから順次ドリル学習というか繰り返し練習の指導を行いました。現状では、指導対象は2,3,4年生の児童のなかから特に宿題や学習習慣を身に付けさせてほしいと願っている保護者の子弟を中心に各学年10名程度集めております。学習内容は、主として基礎基本のいわゆる読み書きそろばんの力を身につけさせることです。ですから、指導課題は、もちろん、その日に出された宿題を完全にやりきらせるために支援・面倒を見ることなのですが、それとは別に、時間を区切って、今回はアプリで四則計算や漢字の筆順を中心に楽しみながら一生懸命に学習に取り組めるように工夫いたしました。下記の動画は、算数ホームランというアプリです。楽しみながら、四則計算を行い、答えが速く入力できるほどホームランがたくさん出るしくみになっています。 その下の動画は、常用漢字筆順辞典です。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 放課後子ども教室開催【教育... | トップ | 平成29年度総会開催 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

学校行事」カテゴリの最新記事