薙空間

悪魔城とかメタルマックスとかロマサガやってる薙さんが綴る日記。ゲームばっかやってます。時々運動もします。きつねかわいい。

導き、そして繁栄を目の当たりにせよ

2015-05-06 19:46:09 | ゲームいろいろ


こう書くとまたCiv5みたいなタイトルですけど、
今日の話はそれではなく、「Banished」というゲームの話です。
Banishedは意訳すると「追放者」と言った意味合いなのですが、
理由はなんであれ、故郷を追われた放浪者たちに資源を集めさせ、
家や仕事場、市場を建てさせてそこに住まわせて働かせ、
そして大きな街を作り上げる、というのがおおまかな目的のゲームになります。
戦闘のないリアルタイムストラテジー」と評されてますが、
強いて言うならシムシティやザ・タワーが近いかもしれません。

ゲーム内容はというと、難易度が結構高いです。
住民を養うには家の他に食料、寒さを凌ぐための薪、衣服などが必要なのですが、
最初はそれらを生産するための施設などが一切無いため、
冬や食糧難に入る前にそれらを確保できる体制を作らないといけません。
なので、住民にそれら施設を作るための資源回収を急がせ、
集まり次第住民の何人かを大工として任命して施設を建てさせ、
建てた施設で働く人を割り振り、食料や衣服、薪を生産させ…
と言う、今いる住民を効率よく施設に割り振って働かせないといけないという点。
これがなかなかに大変なんです。最初から働ける住民は数名しかいないので、
薪割りや裁縫師、釣り人を一杯まで雇っていたら、
資源を回収できる労働者や大工に割り振れる人員がいなくなり、
かといってそちらを優先させると薪や食料が無くなってにっちもさっちもいかず。
なんとか住民を増やしていっても今度は養うための食料が足りない…と、
ゲームを通じて何かしら問題点が発生します。
資源も基本的に限りがあるので、無駄遣いしていたらあっという間に枯渇して
家や施設も建てられなくなったり。街の運営が軌道に乗るまでは本当に辛い思いをします。
それが軌道に乗り始めると、ちまちまと街を発展させる楽しみが出てくるのが面白いところ。
ある程度余裕が出始めたら、食料や資材などを効率的に住民に配るために市場を作ったり、
生まれてくる子供が大人になった時により上手に働けるように、
学校を建ててそこで教育を受けさせたりと、どんどん上手にやっていけるようになります。
そうやってどんどん住民を増やして、老衰や事故などで住民が死んだりしながら
世代交代を繰り返して街を発展させていきます。
ゲームクリアの概念などはなく、慣れてきたら思いのままに街を作れるので、
シムシティのフリーマップが好きな人には向いているかもしれませんね。
あと、住民は飢饉や寒さで割と簡単に死ぬので、
下手を打つとあっという間に廃村になったりします。
ゲーム開始時のデモで雪に覆われた村の廃墟が出るのは不吉だろうに。
…結構、というかかなりシビアなゲームなのですが、
独特のおっとりした楽しみ方があるゲームだというのは伝わったでしょうか。
最近はひたすらに戦い続ける事もできるゲームなどに勤しんでいましたが、
たまにはこういうのもいいもんですね。分野は別だけどどうぶつの森を思い出します。
久々に血なまぐさい戦いから開放された気分ですが、
ちょっと調べてみたら、市場で働かせていた住民が刺殺されるってイベントも有るらしくて、
他にも殺人事件で住民死亡なんてイベントも目白押しのようなので、
やっぱり生殺があるゲームからは今の僕は逃れられないのかなあなんて思ってみたり。
求む、平穏。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 5月5日(火)のつぶやき | トップ | 5月6日(水)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
追放者達の楽園 (にんねこおる)
2015-05-07 01:31:16
マインクラフト実況で有名な吉田平八郎さんもバニッシュドをプレイしてまふた。
順調に開拓が進んでいたものの、ついに恐るべき事態、疫病の蔓延に…。
しかも最悪の伝染病、SmallPox、日本語で言うところの天然痘…。
最終回でこの悪夢の展開がどうなるやら。

そんなわけで、病院の設置も忘れずに…。

コメントを投稿

ゲームいろいろ」カテゴリの最新記事