きんりん(永山南公園)便り

永山南公園の風景や活動・イベントのお知らせ

樹林地作業(0322)

2018-03-26 16:48:54 | 活動





樹林地内のサクラ(3/22)


前日の3/21(水)は春のお彼岸の日でしたが、まさかの雪!
3月の第1回目の作業日(3/8)は雨で中止。第2回目は雪の降った翌日の3/22(木)で、この日も小雨が降ったりやんだりの天気でしたが、熱心なメンバー3名が集まり午後は1時半過ぎに終了しました。

上記の写真は3/22当日の樹林地の桜の様子。
週明けから気温が上がり、3/27(火)には下のように開花が進んでいます。今週は公園でのお花見が楽しめそうです。


【午前中(+午後少し)】
○植物観察(樹名板取付け樹木をチェックなど)
○樹名板作成
○ごみ拾い

◆植物観察
樹名板はたくさん用意できているのですが、なかなか設置が進んでいなかったので、この日は樹木の手入れ作業、園路清掃は難しい天気のため、樹名板設置を重点的に行いました。
まずは、樹名板を取り付ける樹木などをチェックしながらの植物観察。


クヌギ、コナラ
いずれもブナ目ブナ科コナラ属の落葉広葉樹。永山南公園の樹林地内にはクヌギよりコナラが多く植えられていて、特にテニスコート寄りのエリアには秋にたくさんのドングリが落ちています。今は茶色の落ち葉がいっぱい。
写真左:クヌギの葉(左)は葉脈の先端が針のように飛び出ているのが特徴です。右はコナラ。
写真右:常緑樹のマテバシイ(左)、コナラ(中)、クヌギ(右)を並べたものです。それぞれの実も葉の下に並べましたが、ぽってりと丸いクヌギの実は昨秋からなかなか見つからないので残念ながら…。
 


クヌギ(左)とコナラ(右)と幹の樹皮。
クヌギ:ゴツゴツして縦に深い溝が刻まれてて、幹肌が黒っぽく見える。
コナラ:クヌギに比べると幹の凹凸が少なく、クヌギよりは全体的に灰色っぽい印象。
 


今、地面に落ちたどんぐりが割れて根が生え始めているものを多く見かけます。この後、葉が出る様子も観察できますよ!


レストコーナーのサクラ
レストコーナーのサクラは、改修工事の際にもともと商店街沿いにあったサクラの若い木を移植したものです。
毎年、ソメイヨシノより早く、鮮やかなピンク色の花を咲かせますが、品種の同定は難しいようです。
この日、植物に詳しいメンバーが図鑑なども見ながら観察。たぶん「陽光」という品種ではないか…、とのこと。ソメイヨシノ由来の品種とそのほかの品種の交雑種のようです。
 


コブシ(北側の道路沿い)
花の最盛期は少し過ぎたようですが、今年はたくさんの花がついています。




紫モクレン
もうすぐたくさんの花が開きそうです。
 


タチツボスミレ
前日の雪の重みのためか、花も葉もこの日は少し元気がありませんでした。これから!


つくし
近所にお住いの男性が、バス通りに近い方の園路沿いに群生しているつくし取りに来ていました。毎年取りに来ている、とのこと。天ぷらにするそうです。



◆樹名板作成~設置
10数枚の樹名板を設置しました。









◆ゴミ拾い
雨に濡れながらも、定例作業のゴミ拾いは実施!





◆その後
作業日から5日後の樹林地の3/27の風景です。↓
どんどん春が進んでいます!!
 
バス通り沿いの法面のサクラ(左)、樹林地内中央部のサクラ(右)





紫モクレン



タチツボスミレ


春休みに入って子どもたちの姿も



ご一緒に汗を流したり、植物を観察したり、木でおもちゃを作って楽しんだりしてみませんか。
関心のある方は是非ご連絡ください。仲間大募集中です!!
(作業は原則、第2、第4木曜日)

==== 2018年4月の樹林地作業予定 ===========
 
◆ 4月12日(木)10:30~15:00 (12:00~13:00は昼休み) 
◆ 4月26日(木) 〃
 
*いずれも鉄塔北側の平地に集合
*長袖長ズボン、軍手、帽子、汗ふきタオル、水分補給品をお忘れなく!
===================================================

       

**********************
■きりんの会事務局
 TEL:042-373-6822 FAX:042-338-2020
 (連絡担当:松原)















コメント