さえずりの森(永山駅前雑木林保全育成の会)

1年という短い期間で雑木林を守ることに成功!2006/11/26保全団体として生まれ変わりました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2008年2月27日の作業報告

2008年02月27日 | 保全作業
日 時:2008年2月27日(水) 9:30 ~ 11:00
場 所:さえずりの森
参加者:10名
作 業:


人気BlogRanking ←1日1回クリックして投票を願いします。


まず、ウワミヅサクラの移植の様子を確認。
吹き荒れた春の嵐の影響を心配していましたが、元気でした。

強風でゴミの散乱が目立ったので、こぶし沢~たぬき山、きつね沢、くぬぎ山~ホオノキ沢まで拾い集める。ビニール袋3個分になった。

ホオノキ沢でツルニンジンの囲いを確認。
苗床の笹刈り作業。

小鳥もにぎやかに鳴いて、中でもコゲラの声がギィーと目立つ(双眼鏡は、必需品)。

春一番のウグイスカグラの花が咲いていた。
シュンラン、キツネノカミソリも元気に芽吹いている。
貴重な一種、マルバアオダモ、3本のうち1本が折れていた。残念。



★次回の作業日:3月15日(土) 9時30分 ~ 11時30分(どなたでも参加歓迎!
「なな山緑地」からクヌギの苗木を10本、いただけることになったので、その苗木を移植する予定です。

<追加事項>
作業ノート(用具一覧)を倉庫の中に置きました。
次回の作業の参考になるよう、今回から記入しています。
コメント

さえずりの森通信 臨時号

2008年02月24日 | 雑木林通信
2008/2/24(日)発行


こんにちは、豊ヶ丘の滝口といいます。

個人が突然登場でびっくりされたかもしれませんね。
今後“さえずりの森”のメールマガジン臨時号は、17名いる世話人が交代で担当していきます。

読まれている方々との距離をぐぐっと引き寄せたい、少し違った角度から“さえずりの森”にまつわるお話を提供してみたい、そんな想いで時々送信させていただきます。

で、先ず私がトップバッター。

さえずりの森”のブログをご覧になったことはありますか?
メールマガジンでは伝えきれない活動の様子を、そちらでカバーしようと、写真を多用しています。

そして現在、そのブログの記事毎に小さな緑色のバナー(人気blogRanking)があります。
そこをクリックしてみてください。なんと日本国内の「環境問題・保護ブログランキング」でBEST8!

どこまでランクがあがるか、世話人の間では話題沸騰しています。
あなたもゲーム感覚でぜひご参加ください!

(緑色〔それ以外にも、青、灰色、緑と赤があります〕の小さいバナーをクリックして10ポイント、ブログランキングにある“さえずりの森”をクリックして10ポイント、となるそうです。)

ではまた、いつかお会いしましょう!


永山駅前雑木林保全育成の会 世話人一同


人気BlogRanking ←1日1回クリックして投票を願いします。




世話人会連絡先
メールの停止、登録情報の変更はこちらまで

コメント

本の紹介

2008年02月24日 | 雑談
世話人から、本を2冊紹介します。

人気BlogRanking ←1日1回クリックして投票をお願いします。


「東京・自然農園物語」山田 健著
[あらすじ]
都心4,000坪の土地相続のチャンス!ただし、とんでもない条件が…。安アパートに住まうワケありの4人が挑む、初めての有機農業(下肥つき)!?自然の恵みに感謝したくなる、さわやか農業ファンタジー。
「大江戸リサイクル事情」石川英輔著
[あらすじ]
人口百万を数え、近世では世界最大の都市といえる江戸。膨大な日常消費は草の根レベルの活発なリサイクルで支えられていた。藁、竹、灰、みな太陽エネルギーの有効利用でよみがえる。現代では忘れられ、失われてしまった江戸庶民の合理的でムダのない暮らしの知恵を描いた「大江戸事情」シリーズ第四作。


この2冊の本を読んだ世話人の感想です。
「東京・自然農園物語」
 下肥と今では目にするのも難しいものから無農薬。
 無化学肥料の畑、果樹園、雑木林の手入れなどにはじめてかかわる都会人のいかにもありそうな反応、体験の面白さにつられて読み進みながらへえーっと教えられることなどもありです。

「大江戸リサイクル事情」
 「東京・自然農園物語」とたまたま内容が重なってこちらはフィクションでなく現実に江戸庶民が実践していた今で云うリサイクルを具体的に生活全般にわたって検証していると考えてよい内容です。
 雑木林の保全、育成に試行錯誤しているさえずりの森の会員に大いに参考になると思うのですが手にとって見ませんか?
 北斎漫画などからの参考図版も多く楽しめます。

興味のあるかは是非、手にとって見て下さい。

★次回の作業日:2月27日(水) 9時30分 ~ 11時30分(どなたでも参加歓迎!
コメント

2008年2月16日の作業報告

2008年02月16日 | 保全作業
日 時:2008年2月16日(土) 9:30 ~ 11:00
場 所:さえずりの森
参加者:8名
作 業:ホオノキ沢ツルニンジン育成地域に囲いを作る
    ウワミズザクラ移植
    たぬき山笹刈り、さえずりの森広場北側道路沿いの植え込みの笹刈り


人気BlogRanking ←1日1回クリックして投票を願いします。


快晴の青空の下、準備体操から初め手分けして上記作業をする。

男性陣三名が大変な力仕事を見事こなし、ウワミズザクラ(上溝桜)の若木2本の移植を完了!
ウワミズザクラの移植作業

根付いて花が見られるのを楽しみにしましょう。

<たぬき山>
南斜面の笹刈りは、上着も脱ぎたくなるような暑さ。体の新陳代謝には最適でした。

<ホオノキ沢>
雪害で倒れた松の丸太を利用して通路をつけました。
他の地域の通路も同様に分かりやすい区分をした上で笹刈りの作業ができると仕事がはかどると思われます。
また初めての人も歩く時に間違って植物の芽を踏んだりする心配が無くなるでしょう。
陽だまりの落ち葉の下では、シュンランの葉がたくさん春を待っています。。
フキノトウ二つが何とベンチ近くの入り口を入った砂利を敷き詰め硬くなっている地面に出ていました!! 

雑草の種も混じった土を詰めた土嚢を積み重ねて作られた入り口、フキノトウの根(?)、種(?)も入っていたということになるのでしょうか? 

寒い寒い毎日ですが春は近づいているようです。

倉庫はすっかり”さえずりの森”入り口広場になじんでいます。

ずっと前からあるような感じ。もうスコップや熊手など入れました。

★次回の作業日:2月27日(水) 9時30分 ~ 11時30分(どなたでも参加歓迎!
コメント

さえずりの森 通信 第20号

2008年02月15日 | 雑木林通信
2008/2/15(金)発行


2月になって週末ごとの積雪となりました。

美しい銀世界に見とれていたら、さえずりの森では、なんと、雪の重みに耐えかねて、松の木が2本折れました!
それも、バス通りからよく見える松の木の、3本立ちの真ん中の大きな幹が裂けるように折れていたのにはびっくり。
ちょうど看板の「さ」と「え」の後ろの木で、もう少しで看板も倒れてしまうところでした。



7日には、”さえずりの森”入口広場(永山ハイツ3号棟東)に、念願の倉庫が設置されました。
この倉庫は公園緑地課の中古品ですが、これで、物置がなくて不便だった作業活動が、だいぶ改善されると思います。
倉庫がきたからには、作業の機材や用具をばっちり揃えたい!ということで、某基金に助成金の申請をしました。
さて、結果やいかに?(4月末にわかります)

今週末の16日は春に向けての保全育成作業です。
雪が降らないことを祈りつつ、多くの方の参加をお待ちしていま~す

<<これからの予定>>
 ★2月16日(土) 9時30分 ~ 11時30分 保全育成作業
  ツルニンジンの囲いつくりと、作業・観察路整備
  春の花々のためのコブシ沢、タヌキ山の笹刈り
  力持ちの方には、ウワミズザクラの若木の移植

  ・・・などなど、やりがいのある作業が選りどりみどり。
  自分にあった作業で、いい汗をかきましょう。


 ★2月27日(水) 9時30分 ~ 11時30分 保全育成作業
   2月16日の作業の続き


<<再度、メッセージ募集!>>
昨年、愛称の投票を行い決定した[EARTH VISION 多摩」(映画会)と「多摩エコ・フェスタ」(展示&発表会)が今年は連動して開催されます(EARTH VISION 多摩は3/23(日)パルテノン小ホール、多摩エコ・フェスタは3/22(土)~23(日)パルテノン市民ギャラリー)。
本会は、毎年EARTH VISION 多摩に参加して来た経緯もあり、今年の多摩エコ・フェスタのテーマ『未来の子どもに残せる環境』にもぴったりということで、展示参加したいと思います。

つきましては、テーマにちなんで「未来の子どもたちへこの雑木林を残そうと思った人たちのメッセージ」ということで、なぜさえずりの森を残したかったのかなど、会員の皆さんから子どもたちへのメッセージを寄せていただけませんか?

たくさんの方からのメッセージをお待ちしております。

送信先は
メールアドレス nagayama_uguisu@yahoo.co.jp



永山駅前雑木林保全育成の会 世話人一同


人気BlogRanking ←1日1回クリックして投票をお願いします。




世話人会連絡先
メールの停止、登録情報の変更はこちらまで

コメント

倉庫の設置

2008年02月07日 | お知らせ
さえずりの森”入口広場(永山ハイツ3号棟東)に、念願の倉庫が設置されました。

この倉庫は公園緑地課の中古品ですがこれで、物置がなくて不便だった作業活動が、だいぶ改善されると思います

人気BlogRanking ←1日1回クリックして投票を願いします。




世話人会連絡先
メールの停止、登録情報の変更はこちらまで

コメント

さえずりの森 通信 第19号

2008年02月04日 | 雑木林通信
2008/2/4(月)発行



立春を前にしての積雪で、あたり一面銀世界となりました。
さえずりの森も、久々に雪化粧です。

2月の予定をお知らせします。

雑木林の作業は、冬の間が最盛期。
ぜひ、多くの方の参加をお待ちしていま~す。

さえずりの森では、もう、ホタルブクロの芽がたくさん出ています。
春の準備をしている植物たちの様子を眺めながら、雑木林の整備に、いい汗をかいてみませんか?


<<これからの予定>>
 ○2月13日(水) 19時 ~ 21時 
  世話人会

 ★2月16日(土) 9時30分 ~ 11時30分 保全育成作業
  ツルニンジンの囲いつくりと、作業・観察路整備
  急坂に段づけ など

 ★2月27日(水) 9時30分 ~ 11時30分 保全育成作業
  若木の移植、作業・観察路整備 など

<<メッセージ募集!>>
昨年、愛称の投票を行い決定した[EARTH VISION 多摩」(映画会)と「多摩エコ・フェスタ」(展示&発表会)が今年は連動して開催されます(EARTH VISION 多摩は3/23(日)パルテノン小ホール、多摩エコ・フェスタは3/22(土)~23(日)パルテノン市民ギャラリー)。
本会は、毎年EARTH VISION 多摩に参加して来た経緯もあり、今年の多摩エコ・フェスタのテーマ『未来の子どもに残せる環境』にもぴったりということで、展示参加したいと思います。

つきましては、テーマにちなんで「未来の子どもたちへこの雑木林を残そうと思った人たちのメッセージ」ということで、なぜさえずりの森を残したかったのかなど、会員の皆さんから子どもたちへのメッセージを寄せていただけませんか?

たくさんの方からのメッセージをお待ちしております。

送信先は
メールアドレス nagayama_uguisu@yahoo.co.jp

「2008 EARTH VISION 多摩 映画会-自然との共生-」について詳しくはこちら

永山駅前雑木林保全育成の会 世話人一同


人気BlogRanking ←1日1回クリックして投票をお願いします。




世話人会連絡先
メールの停止、登録情報の変更はこちらまで

コメント (3)

2008年2月の予定

2008年02月01日 | 今月の予定
永山駅前雑木林保全育成の会”の2008年2月の予定です。

 ○2月13日(水) 19時 ~ 21時 
  世話人会

 ★2月16日(土) 9時30分 ~ 11時30分 保全育成作業
  ツルニンジンの囲いつくりと、作業・観察路整備
  急坂に段づけ など

 ★2月27日(水) 9時30分 ~ 11時30分 保全育成作業
  若木の移植、作業・観察路整備 など


保全作業と観察会の集合場所は、
 ”さえずりの森”西側の駐車場
 グリナード永山から永山ハイツに向かう歩道橋を渡りトンネル脇の階段を上って、
 すぐ右の駐車場。
です。

人気BlogRanking ←1日1回クリックして投票をお願いします。




世話人会連絡先
メールの停止、登録情報の変更もこちらまで

コメント