Saoの猫日和

猫とジュリーが好き、野球は阪神タイガース。
ガーデニングとレトロ建築巡りが趣味です。

渚のラブレターバンド

2020年08月07日 | JULIE メモリーズ

8月2日の『中原秀一郎のミュージック写真館「TOKIOから40年、1980年代の沢田研二」』の中で語られていて、以下は おかしいと思った箇所

『沢田研二はTOKIOのリリースのタイミングで、これまで、バックバンドとして楽曲の製作から、ライブでレコーディングで共演していた井上バンドを解散。
80年からエキゾティクスを率いて活動していました。メンバーはベースでバンドリーダーの吉田建、ギターの柴山和彦と、安田尚哉、キーボードの西平彰、ドラムスの上原裕の5人です。』


正確には、井上バンドから80年にバンドは「オールウェイズ」に変わり、さらに翌1981年に「渚のラブレター」の時に「エキゾティクス」に変わりました。

J友さんから⇒『大人の事情があったそうですが、一時「渚のラブレターバンド」と称していたのは、TVで「渚のラブレター」を披露する時に、命名が間に合わなかったからだとジュリーがTVで話していたそうです。「バイバイジェラシーバンド」はスポンサーの事情ですが、「夜ヒット」のDVDに収録されているのはラッキーです。』

ついでに「吉田建さんは健さんではありません。お名前の由来はお父さまが、でぇく(大工)だったから」とお知らせを頂きました。訂正しておきますm(__)m

コメ欄には⇒『バイバイジェラシーバンドは、夜ヒットのスポンサーがライバル会社の化粧品会社の為に「渚のラブレター」が歌え無くてB面の「バイバイジェラシー」を、歌った為やったと思います😅夜ヒットのDVDの「バイバイジェラシー」歌詞がズタボロですわ😶』だそうです。

夜ヒットのDVD、わたしは もう長い事見てないです。

ジュリーは長い事、CMソングを歌う事に抵抗があったようですが、まさか「夜ヒット」で歌えないとは考えていなかったでしょうね。1981年5月頃

 

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« アニソン・アカデミー ▽第335... | トップ | 第48回、その① 松浪先生は去... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (だいちゃん)
2020-08-07 20:00:21
渚のラブレター💌

沢田研二さん。。

懐かしい、昔の人ではありません。

現役毎年コンサートしてます。あの人は今にしないで
Unknown (sao)
2020-08-07 22:22:34
>だいちゃんさん、今晩は。
もちろん、昔からずっと欠かさずに
コンサートに行っています。
今年は中止で残念です。

コメントを投稿

JULIE メモリーズ」カテゴリの最新記事