NAGAO Junior High School

長尾中学校の日々の様子を紹介します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

7/25 笑顔で全力!!悔しいけど…悔いなし!県総体卓球・ソフトテニス(7・24)

2015-07-25 10:59:25 | 全体

 24日、本校からも県総体各競技に選手が出場しました。学校の、そして地区の代表として勝ち負けを超えたすばらしい姿やプレーを見せてくれるものと思い、できるだけ応援に回りました。

 卓球競技は個人戦女子ダブルス、女子シングルスに計4名が出場しました。女子シングルスの試合から始まったそうですが、会場に着くと2年生1名は今終わったということで残念ながら敗れてしまったところでした。ただ、受け身にならず攻める姿勢を貫いたことは将来につながるはずだと、顧問からアドバイスがあり、充実した試合だったのだとわかりました。ダブルスは3年生のペアが出場です。二人が息を合わせ作戦を練って相手に挑みます。県大会に来ると、気持ちがぶれることで相手にそこをつかれるということもあり、劣勢になっても気力を振り絞ることが大切だと感じました。全力善戦及ばず、初戦敗退となりました。

     

個人シングルス、もう一人の2年生です。セットを取り合って2対1とリード、粘りと攻めがリズム良く、いい感じで試合が進みました。監督のアドバイスを聞く表情も、充実感がみなぎります。しかしながら、少しの心の動揺が動きやラケットさばきに伝わり、一進一退の中に自分の迷いが生じたのでしょうか。追い詰めたのですが、逆転負けで悔しさは残りました。最後は来年に向けての再挑戦を誓い、悔しさを振り払って、さわやかに相手の勝利をたたえました。

      

 ソフトテニスは猛暑の県営テニス場、個人の部、男子2ペア、女子1ペアの出場でした。会場に着くと、男子の3年生1ペアは敗退したとのことで、試合を見ることができず残念でした。もうひとつの3年生ペアが1回戦を勝ち抜き、試合に臨んでいました。ポイントを取って取られてのゲームで、最後はタイブレークの末、惜敗となりました。 応援に来ていた男子女子の部員と記念のショットを1枚!奥にいる選手は何とも悔しそう…。

     

 女子は3年生の1ペアが出場しました。試合前から気持ちの充実とともに、笑顔も見られ、この大会を全力で楽しむぞという気持ちが伝わってきました。その気持ちが功を奏したのでしょう。ペアの息があって後衛、前衛の役割をきっちりと果たしていきます。顧問の川田先生・安倍先生、応援の佐藤先生も「うまい」「よし」「すごい」の連発で、はつらつのプレーに応援も力が入りました。見事なロブにパッシングショット、そしてコースを読み切ったボレーなど、これまで見た試合でも最高と言える戦いをしました。すばらしいプレーに心から拍手を送ります。初戦は2回戦目からでしたが実に見事な勝利で、2回戦突破です。県で1回勝つのが難しいのです。そして、順調に3回戦目も突破!誠に残念ながら、四国大会をかけた4回戦目では足の故障も出て敗れたと聞きましたが、いい試合をありがとうございました。県大会ベスト16入り。悔いなし!

         

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 7/25 もう一歩!県総合... | トップ | 7/25すごいぞ!みんな!... »
最近の画像もっと見る

全体」カテゴリの最新記事