ある日、ある時

ダイリン社長の独り言

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

初冬の虹

2012-12-28 18:00:11 | インポート





11月のある日、冬の日本海が見たくなり、ちょっとのつもりが山形県まで。

寒風の中、数人のサーファーが楽しんでいました。

偶然にも虹がかかり綺麗な写真が撮れドライブとともに大満足。

それにしても高速道路が延伸されずいぶん近くなりました。

宇宙

2012-12-28 17:43:07 | インポート




晩秋のある日、初めて宇宙電波観測所に行ってみました。
県内でいつでもすぐ行けると思いながらやっと念願が叶いました。
巨大なパラボラアンテナの下にいると不思議な気分になります。

24年5月13日

2012-05-16 17:53:35 | インポート


久しぶりの好天と薫風に誘われて奥信濃の里山に来てみました。



遥か遠くに青い山脈そして雪割り桜ではなくタンポポの花。
                     どこからか藤山一郎の歌声が・・・・・。



三国連邦、越後山脈です。そして八海山・・・吟醸酒。
 とりたてのアスパラガスで一杯と思いましたが、寒くて発芽前でした。
       














画像だけ見れば早春、でも5月13日、初夏です?




百花繚乱

2012-04-30 15:28:31 | インポート



4月も終りに近い日、北信濃にようやく待ちかねて、待ち侘びた春が来ました。
桜、梅、桃、クロッカス、水仙、野草・・・・その他、みんな一斉に咲いちゃった!!
                           芳しく心地よい風、いい季節になりやがったぜ。

千曲川のスケッチ

2011-12-10 18:17:45 | インポート




初冬のある日、ふらっと千曲川を散歩してきました。
23年3月12日、長野県北部を襲った大地震にもかかわらず、35匹の鮭がもどってきました。





3月12日の地震直後に六体のお地蔵さまがそろって震源地を向いていたそうです。科学で解き明かしてほしくないロマンですね。





JR飯山線の西大滝という無人駅。かつてはたくさんの乗降客で駅舎ももっと大きく駅員も常駐していたそうです。
ホームに佇んでいるといまにもC56が走ってきそうな錯覚におちいりました。







その昔、この船着場から対岸まで人々の重要な交通手段渡。現在の船は観光用とのことです。



時間をつくって千曲川沿いを散策してみてみませんか。県境からちょっと下れば川のほとりに良い温泉や好い雰囲気の宿がありますよ。

静謐

2011-09-11 14:28:12 | インポート

ここは俳人小林一茶の生誕の地、越後と国境を接する北信濃。
高原の霧の中で栽培される薫り高い蕎麦、霧下蕎麦の花が満開でした。
もうすぐ新蕎麦の季節です。
静謐な夕暮れの中、家々からは暖かな灯りがもれてきました。
                                    
                                    23年9月6日

・・・

2011-05-13 16:38:17 | インポート






ここは誰もが知る山菜の宝庫。
先んずれば人を征す。
エンジンを止めたつもり。ブレーキを掛けたつもり・・・・・・・が

たいへん高価であろう山菜(山独活)をいただきました。 苦味がきいていて美味しかった。

幸い車両保険に加入しておりました。(ご本人の了解のうえ掲載しています)

陽はまた昇る

2011-04-14 16:31:44 | インポート


よどんだ初秋のある日、撮影をかねて海岸を流していた時、とても素敵なご家族にお会い
できました。
そこだけ高気圧、弾ける夏空。

・・・・こんな眩い笑顔の日々は、きっと戻ってくるはずです。

長野県北部地震

2011-03-15 17:23:04 | インポート
                                                         3月12日、午前4時、突然襲った大地震。極めて局地的な直下型地震の恐ろしさ。せめてもの救いは犠牲者がゼロ!

冬、雪の中の楽しみ。

2011-02-28 13:09:42 | インポート
                                                     昨日も雪、今日も雪、そして明日も雪! 嘆いてもしょうがない、おもいっきり楽しもう。  ここは標高2000m超の深山、神々の領域。  普段はまず入れないところ、でも雪があれば行ける。[環境保護には十分注意しております]