長野ふれあい村から

北九州市小倉南区長野から北九州市任意団体 長野ふれあい村実行委員会が発信します。

ナス、トマトとピーマンの支柱立て

2022年05月16日 | 野菜作り教室
5月15日の日曜日です。今日はいい天気になりましたが、前日来の雨で畑の所々はぬかるんでいました。
今日はナス、トマトとピーマンの支柱立て作業が主になります。
支柱は、果菜類にとってたいへん重要な資材です。支柱で安定させることにより、たくさん収穫できるように育ちます。支柱は、大きく分けて、野菜の株元にまっすぐ1本立てる直立式と、2列に並べた支柱を上部で交差させる合掌式の2つがあり、野菜の特性によって適用します。
強風などで、根が切れたり、重要な枝が折れてしまうこともあるのでどれもしっかり立てて、しっかり結びつけて固定します。
また、この時期は成長過程なのでわき芽かきと摘芯作業も行いました。また、新たな参加者も増えて作業はスムーズに終わる事が出来ました。ご参加ありがとうございました。
コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ポット植えと支柱立て | トップ | 落下生のマルチ張りと苗植え »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

野菜作り教室」カテゴリの最新記事