~ 日常 ~

春はバラ、夏は花火、秋もバラ、冬はイルミ。
年間を通じて艦船・列車に航空機などなど

懐かしの “フェリー長崎”

2012年02月28日 | 客船
平成24年2月26日(日曜日)

朝8時の長崎・水辺の森公園
護衛艦を撮影に来ていたら ちょうど
九州商船のフェリー長崎が出港。
 もう20年以上前になりますが、
長崎⇔奈良尾間をよく利用しました。
お盆やお正月には乗船客が多く、
カーペットが敷かれた船室に体育座り
して3時間弱過ごしていたことを思い
出しました。
 既に同型船のフェリー福江は引退済、
11月にはこの船の後継船も就航予定とか。

※ 写真をクリックすると拡大します。







コメント

平戸瀬戸市場 オープン!

2012年02月27日 | Weblog
~ 新鮮な農水産物ずらり ~

平戸産の農水産品や地元の食材を生かした
料理などを提供する飲食・直売施設「平戸
瀬戸市場」が25日朝、オープン。 市内外
から多くの客が訪れにぎわった。
田平港埋め立て地に市が設置し、市内の
生産者や加工品業者らでつくる「活性化
施設利用組合」が運営。2階建てで、1階
が直売所と観光案内所、平戸大橋を臨む
2階にレストランがあり、地魚や和牛を
生かした料理を楽しめる。
※ 平成24年2月26日(日)付長崎新聞より


平成24年2月26日(日曜日)
この日は長崎を14時に出発したものの、
途中寄り道。ここ平戸大橋近くの田平
港に到着したのは閉店間際の17:50。
 昨日25日(土)オープンしたばかり、
閉店アナウンスに急かされながら店内
見物。

※ 写真をクリックすると拡大します。




 平戸瀬戸市場から平戸大橋を撮影


 開店記念に さざえ5個 650円を購入
コメント

長崎港のイージス艦 “こんごう” と“ あしがら”

2012年02月26日 | 海軍 艦艇
平成24年2月26日(日曜日)
 昨夜の天気予報の時に長崎港が映し
出されており、護衛艦が水辺の森公園
の対岸付近に係留されているのを確認。
 朝から撮影に出かけました。

※ 写真をクリックすると拡大します。


 DDG173 イージス艦“こんごう”




 DDG178 同じくイージス艦の“あしがら”

コメント

鮮やかなピンク色の梅 ~長崎・松森神社~

2012年02月25日 | 植物 旅行
平成24年2月25日(土曜日)

本日は長崎市役所近くの会場で所用あり。
会場までは徒歩、で途中の松森神社に立寄り。
今年は梅の開花が遅れているとの報道ありましたが、
予想以上の咲き具合にビックリ。
 携帯していたコンデジで撮影。

※ 写真をクリックすると拡大します。








学問の神様だそうです。
 撮影中、3組ほどが参拝に
 
コメント

長崎自動車道・大村湾PAの夕日

2012年02月19日 | 旅行
平成24年2月12日(日曜日)
 
赴任先に戻る途中、武雄の飛龍窯に行くために17時に
長崎を出発。
日曜のたそがれ時、FMの“あ、安部礼司”を聴きな
がら長崎道・大村湾PAに到着、トイレ休憩。
 PAに入ると 夕日、ハート型ゲートの向こう側に
カップルとカメラマンが泣いて喜びそうなシチュエー
ションが目の前に。
 それにしても夕日の素晴らしかったこと。

※ 写真をクリックすると拡大します。






 
コメント   トラックバック (1)

長崎・雪の朝

2012年02月18日 | Weblog
平成24年2月18日(土曜日)
 目を覚ますと雪。
降る雪を眺めながら休日の朝をまったりと・・・
「今すぐ送って」 家族のリクエストにあわてて
パジャマを脱ぎ捨てて車へ。
 それにしても寒い。寒い朝となりました。

※ 写真をクリックすると拡大します。





コメント

TAKEO・世界一飛龍窯灯ろう祭り

2012年02月18日 | イルミネーション
 ~ 幻想的な光の世界 武雄市飛龍窯
           に灯ろう4000個 ~

武雄市武内町にある世界最大級の登り窯「飛龍窯」
で11日、「灯ろう祭り」が始まった。
4千個の陶器の灯ろうと5万球のイルミネーション
の光が、幻想的な世界を演出している。12日まで。
 ※ 平成24年2月12日 佐賀新聞HPより

平成24年2月12日(日曜日)
 まさに感動。
予想以上の人出、係員の指示に従い車を停めてシャトルバス
で会場へ。
 バスを降りると目の前にたくさんの灯ろうが・・・
赴任先へ戻る途中に立寄りましたが、来年は二人で見たい
そう思わせる光景でした。

※ 写真をクリックすると拡大します。









 
コメント

冬の雲仙 白雲の池

2012年02月17日 | 旅行
2月11日(土曜日)
 宿のチェックインまで若干の時間があり、
 ここ白雲の池に立寄り。
  他に人はおらず、静寂さの中に小鳥の
 さえずりが。
  キャンプ場も併設されており、夏には
 賑わいそう。

※ 写真をクリックすると拡大します。







コメント

電飾された並木道 ~雲仙観光ホテル~

2012年02月16日 | イルミネーション
東日本大震災の被災地復興を願い、雲仙の雲仙観光ホテル
は18日、創業77年目で初めてイルミネーションの点灯
を始めた。
同日の点灯式には地元の子どもたちを招待。ホテルに続く
並木道の街路樹約40本に飾り付けた約3万9千個の発光
ダイオード(LED)に明かりがともると、辺りは幻想的
な雰囲気に包まれ、歓声が上がった。
※ 平成23年11月21日更新の長崎新聞HPより抜粋

見事なイルミネーション、
X’mas時期に来たならもっと感動しそう。
静寂さの中、このイルミを一人で。
平成24年2月11日(土) “雲仙灯りの花ぼうろ”見物時に
撮影。
 

※ 写真をクリックすると拡大します。







コメント

雲仙 仁田峠

2012年02月15日 | 旅行
平成24年2月11日(土曜日)
 この日は寒いながらも日が差す1日。
 雲仙仁田峠に通じる道も雪は融け、通行に
 は全く支障なし。
  ロープウェイには乗りませんでしたが、
 山頂では霧氷が見れたようです。

※ 写真をクリックすると拡大します。







コメント

雲仙の国民宿舎 青雲荘

2012年02月14日 | 旅行
平成24年2月11日(土曜日)

この日は雲仙に“灯りの花ぼうろ”見物
に。 朝からネットで国民宿舎“青雲荘”
を見ると空き室あり・・・・で予約。
 くつろいだ1日を過ごせました。
 
※ 写真をクリックすると拡大します。


2月はチェックアウト13時まで延長可能。


 7,980円のプランを利用。

 
 現在新たに露天風呂を建設中。
 4月にオープン予定です。

コメント

雲仙灯りの花ぼうろ

2012年02月13日 | イルミネーション
~冬の温泉街 暖かく照らす電飾3万5000個~

雲仙市小浜町の雲仙温泉街一帯で、霧氷をイメージした
イルミネーションイベント「雲仙灯りの花ぼうろ」が
開かれている。2月18日まで
 雲仙の冬の風物詩、霧氷を地元では「花ぼうろ」と呼
ぶ。午後5時~10時、氷の結晶などをデザインした電飾
3万5000個を点灯・毎週土曜午後9時30分からは花火を打
ち上げている。
 ※平成24年1月31日(火)付 長崎新聞より

2月11日(土)訪れました。
 澄み切った空気の中で花火(約10分間)も打ち上げ
 られました。 
 電飾に花火 込み合うこともなく、ゆったりと観賞
 できます。

※ 写真をクリックすると拡大します。








 21時30分から 約1000発


コメント

佐賀有田・ツヴィンガー宮殿のライトアップ

2012年02月12日 | イルミネーション
~ 有田ポーセリンパーク・のんのこの郷(有田町) ~

17世紀以降、ヨーロッパの王侯貴族を魅了し、世界の陶磁器
に影響を与えた有田焼の里、有田ならではのパークです。
 まず目に飛び込んでくるのが、ポーセリンパークのシンボ
ルのツヴィンガー宮殿で18世紀初頭のドイツ・バロック建築
の華といわれた宮殿を見事に再現したものです。
    ※ 佐賀県観光連盟 “あそぼーさが”より


平成24年1月29日(日曜日)
ライトアップされたツヴィンガー宮殿。
ここ有田ポーセリンパークでは、バイキング料理店が夜間
まで営業しています。
 暗闇にライトアップされた宮殿が幻想的な雰囲気を醸し
出します。

※ 写真をクリックすると拡大します。
















コメント

勝鷹お守り  ホークス必勝祈願

2012年02月11日 | ホークス
なんでも福岡ソフトバンクホークスのマスコット
キャラクター“ホークファミリー”のご先祖様
だそうです。
 1個 1200円の期間限定で長崎県松浦市のお店で販売。
商品の袋には ホークス球団承認のシールが貼ら
れています。 我が家の鷹娘へのプレゼント。
  しかしながら反応はイマイチ。

※ 写真をクリックすると拡大します。


 材料は石






 長崎県松浦市鷹島にあるモンゴル村で


 もう少しハリーに似てれば・・・・





コメント

長崎・稲佐山のロープウェイ

2012年02月08日 | 旅行
日本三大夜景の一つとされる長崎市の稲佐山(333メートル)
のロープウエーに前後左右すべてがガラス張りのゴンドラが登
場した。
デザインしたのはイタリアの高級スポーツカー・フェラーリを
手がけた工業デザイナー奥山清行氏。シャープな外観のゴンド
ラ内部は、夜になると足元に長崎の夜景が広がる。
※ 平成23年10月31日(月)付 朝日新聞デジタルより

平成24年2月4日(土曜日)
稲佐山展望台、ここに来たのは何年ぶりでしょうか。
以前の展望台付近は車で混雑していたのですが、ゲートが設け
られ入場台数が管理されていました。
 空気が澄みきり 寒いながらも夜景観賞には最適な日でした。

※ 写真をクリックすると拡大します。







コメント