長町教会ダイアリー

長町教会の近況をお知らせします。長町教会のホームページをご覧になりたい方は、左側Bookmarkよりどうぞ。

神様の愛の深さと恵みを心一杯に受け止めたイヴ礼拝、キャロル

2006年12月24日 | 活動報告

“今こそきませ もろ人救う”の讃美歌が、ろうそくを手にした聖歌隊によって静かに讃美されイヴ礼拝は始まりました。礼拝堂の明かりは消され、しんとした空気の中にろうそくの灯りがゆれていました。聖書の朗読と会衆と聖歌隊の讃美が流れ、クリスマスのメッセージが心にしみわたりました。大人も子供もろうそくを手に、クリスマスの本当の意味を知り、神様の愛の深さと恵みを心一杯に受け止めました。イヴ礼拝の後皆で街に出て心から神様を讃美して歌いました。街行く人達も足を止め、カメラを向けてくださいました。“クリスマスおめでとう”と心から叫び、人々の救いを祈りつつ、素晴らしいクリスマスの一日を終えました。“神はその独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。“ヨハネ316”

この記事についてブログを書く
« 長町教会らしいクリスマス祝... | トップ | 東急前でのキャロル »
最新の画像もっと見る

活動報告」カテゴリの最新記事