「木下黄太のブログ」 ジャーナリストで著述家、木下黄太のブログ。

日本と世界のリアル状況確認と僕の思索を書き留めるブログ。
重要なことはメルマガで展開していますので、ご購読下さい。

放射能ガレキ問題、各自治体へ問い合わせを続けて下さい。

2011-10-20 02:53:50 | 福島第一原発と放射能

 「放射能防御プロジェクト九州」では、放射能ガレキ問題で、本日朝、9:30に福岡県庁のロビーで待ち合わせだそうです。福岡県庁にガレキを県内で受け入れて焼却や埋め立てをしないでほしい、被災地支援は、人の受け入れで積極的に支援してほしいという内容の要望書を、皆様の署名も携えて提出しに行くそうです。本日朝、9:30にこられる方は是非お集まり下さい!との事。県民の意思表明を一緒にしましょう!ということです。こうした具体的な動きがいろいろとおこってくることは望ましいです。

神奈川県と横浜市の放射能焼却灰についても、地元の対策協議会が、県知事と市長へ要望書を提出するようです。これも本日木曜日、12:45に横浜市役所ピアノ前集合するようです。提出後に県庁へ。

 この話は、自治体側が、あくまで、受け入れないといえば、受け入れなくてすむ話です。受け入れれば、放射性物質は拡散します。放射性物質が大量にある地域と、ほとんどない地域では、天と地ほど違いがあります。西日本は調べても調べても放射性物質は土壌にはほとんどない地域が大半です。こうしたエリアでは、今後も問題ない食糧生産が維持できます。それを維持することが、関東、東北の安全、内部被爆から人々を救う命綱になる可能性が高いです。だから絶対に必要です。

九州、四国、中国地方。近畿や中部、北陸、北海道などのエリアは徹底して拒絶しなければなりません。関東甲信越でも比較的汚染度の低いエリア、長野、新潟、山梨、静岡、神奈川、埼玉などの自治体も拒絶したほうがよい。まだなんとかなる場所も、こういうことを繰り返せば維持できなくなります。とにかく、受け入れはだめです。あなたの住むエリアや近隣の市町村に「ノー」をいい続けてください。県庁にも同じ意志を表明してください。

この話でいろんな方から、メールやツイッターが届いています。その中に気になる話しがありました。

=============================================

「環境省に電話したのですが、『福島のガレキじゃないからそんなに汚染とか
ないしー、宮城や岩手のガレキは東京よりましですよ、東京ほんとヤバイですよ・・・
私はもうあきらめてます』 (中略)
その電話に出た女性が陸前高田市の出身だとかでガレキが積み上がっていて
ゴミ処分場を作ろうにも土地が余っていないのだと説明をされました。
『市町村で断ろうと思えば断れるんですよ、だからご自分の住んでるところに
電話した方がいいですよ、たぶん関東で処分することになるんじゃないですかね~』
と最後にはそんな適当な言い方をされました。」

=============================================

環境省側の適当な本音がわかる気がします。そして電話することは、かなり意味があります。意志を示すことは、とても大切です。

自治体に、電話し、直接話をしに行ってください。署名を集め、陳情すべきことはやってください。

ぜひ皆さんの意志を示してください。
そうすれば、答えはおのずからでます。手を緩めないで下さい。

「人を受け入れる、ガレキは受け入れない」

 環境省が放射能ガレキの意見募集しているようです。このブログの読者は今は、二万人以上は、確実にいます。すべての読者が、反対の声を集中させてください。この情報は拡散させ、何万人もの人々が、放射能ガレキ拡散に反対の声を上げてください。日本が滅びるかどうかが、あなたが声を上げるかどうかにかかっています。

http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=14327

houshasen-tokusohou@env.go.jp

平成23年10月17日(月)~平成23年10月26日(水)
 
 
 
 
さらに、もっと大切なことは、あなたが、今住んでいる市町村、都道府県に放射能ガレキを受け入れるなと、これこそ、直ちに、強く声を伝えてください。電話、メールだけでなく、直接押しかけて話してください。できれば、首長、できなければ担当責任者に伝えてください。放射能ガレキを拡散させ、あなたの街にガレキがくれば、あなたたちの子どもの未来も失いかねません。食べ物もまもれません。西日本が汚染されれば、東日本もさらに追い込まれます。ここの戦いはシビアです。

==========================================

 

 

 

週末の横浜関内ホール、群馬は全て満員です。専門家や医師などの参加・取材などの依頼は直接メールを。

====================================================================

あすです。放射能防御プロジェクト in 伊東
木下黄太講演会
10月21日(金)木下黄太氏を伊東に迎えます。
福島第一原発の真実。
そして伊豆、伊東が現在、放射能にどの程度汚染されているのか。
測定結果をもとに講演していただきます。
私達は自費で土壌検査、
空間放射線量を調べた結果、伊豆にも放射能汚染がある事を知りました。
ぜひ福島第一原発事故の真実を知って、真剣に考えましょう。
■日時:10月21日(金)
開場13:15  13:30開始~17:00終了予定(開場、開始時刻変更注意) 
参加ご希望の方は合わせてお申し込み下さい。
■定員:200名
■会費は基本無料ですが、メンバーが私費で運営しています、
ご理解が得られた方は是非500円程度の寄付金をお願いします。
■場所:生涯学習センターひぐらし会館3Fホール
伊東市桜木町1-1-17
参加申し込みは自由ですが、
メールでの申し込みも大歓迎です。
放射能からこどもを守る市民の会  
save.izu@gmail.com(メールアドレス訂正しました)
子供を放射線から守る事が趣旨ですので
お子様やお孫さんを守る為に是非参加お願いします

 ===========================

木下黄太講演会IN 南足柄

 

[日時]10月24日(月)14:00~17:00

[場所]岩原公民館(神奈川県南足柄市岩原348-1)

[人数]100名

[参加費]500円※子供無料

[託児あり]子供1人100円(託児係代・保険なし)

[持ち物]座布団(床に座って頂きます。各自、座布団などをお持ち下さい。多少、イス席はご用意します。)

[アクセス]最寄り駅:大雄山線~岩原駅から徒歩5分(改札出て左側を行き、信号を渡ってまた左側に行くとピンク色の建物が見えます。)
※駐車場が少ない為、電車などをご利用下さい。

[申し込み先]電話・FAX:0465-43-5257(電話受付は17時~21時のみ)
Eメール:apricot-baby.12240615@piano.email.ne.jp
(※Eメール申し込みで返信ない場合、お手数ですが、電話・FAXにてその旨を伝えて再度申し込み下さい。)

※申し込み時に、代表者名・参加人数・託児の有無・連絡先をお知らせ下さい。

=======================================

木下黄太講演会 IN  浜松

定員オーバーで会議室が変更です。

■日時:10/25(火) 開場:18:00~、開始:18:30~20:30
■会場:アクトシティ コングレスセンター53~54会議室 (最大198名)

■参加費:600円 (会場費・小学生まで無料)  ■アクトシティアクセス:http://www.actcity.jp/about/access.php

■主催:子どもの給食を守る会 浜松

http://blog.livedoor.jp/kodomohamamatsu/
■申し込み先:kodomohamamatsu@gmail.com

 

 上記メールアドレスへ、お名前・連絡先メールアドレス・参加人数をご連絡ください。
尚、小さなお子様をお連れになる予定の方は、その人数もお書きください。

会場設営のため、出来るだけ前もってのご予約をお願いします。
 
===================================================================

木下黄太講演会 IN  京都

 日時:2011年10月28日(金) 午後1時~午後3時半
 場所:京都市下京区 ひとまち交流館・大会議室
http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html
 定員:300名 (可能な方は事前に予約を。当日でもたぶん大丈夫ですが)
 料金:500円

 *小さなお子さま連れの方も、どなた様も是非お越し下さい。親子室もございます。

 主催:京都ママパパの会 
http://kodomo-kyoto.sakura.ne.jp/
 申し込み先:: kodomokyoto@gmail.com

==================================================

「沖縄県から放射能問題を考えよう」主催:子どもを放射能から守る会おきなわ
                       後援:琉球新報社
 
10月29日(土)
 
■時間■15:00開場 15:30開演~18:30終演
 
■場所■琉球新報ホール
 所在地:沖縄県那覇市泉崎1丁目10-3
■出演講師■
 放射能防御プロジェクト:木下黄太氏
 県内産業医:森冬子氏
 子どもを放射能から守る会:龍野愛
  ほか、数名現在調整中※決定次第追って発表させていただきます。
 
■費用■1000円
※会場設営費、資料代など
 
■保育■あり(有料一人につき500円)会場フロア別室にて未就学児の保育を行います。
※保育希望の方は、お申し込みの際、必ず希望の旨をメールにて記載下さい。
 
 ※席数に限りがございますので、事前に申し込みをお願いいたします。
定員になり次第、締め切りとさせていただきますので、お早めにお申し込み下さい。
  
申し込みアドレス:ailyn100@yahoo.co.jp
メールタイトルは「木下氏講演会申し込み」とし、
代表者氏名、参加人数、連絡先、保育の有無(保育必要人数・お子さんの年齢)をご記入下さい。
  
折り返し、整理番号をメールさせて頂きますので当日会場予約受付にて
番号を係りにお伝え下さい。
  
申し込み締め切り
定員になり次第申し込みを締め切らせていただきますのでご了承ください。
 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (162)   この記事についてブログを書く
« 10/29(土)沖縄に伺います。琉... | トップ | 本日は伊豆半島の伊東で講演... »
最近の画像もっと見る

162 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
団塊世代の協力 (Unknown)
2011-10-20 05:19:17
たいへんな活動いつもありがとうございます!私も微力ながら避難中ですので、スマホを片手に、授乳しながら(この母乳大丈夫?と不安をかかえながらメールや電話でいろいろといあわせています。

その反面、私の両親達は避難を理解してくれず、孫が遠くに引っ越して苛立っています。私からしたら、あんたの孫の命と自分の欲と
どっちが大事?といいたいですが。というか言っていてケンカになっていますが…。

そんな両親が、毎朝観ている朝の連ドラ「カーネーション」のあと
に流れる「朝イチ」をたまたまみて、さすがに放送内容に「なにかおかしい」と気付いたようです。
日本を支えてきた典型的な技術者ですので、サンプル数の少なさなど、そういった適当さが、NHK盲信世代のハートに疑念のをもたせてしまったようで。おかげで、きゅうに私に協力的になりました。

毎日、テレビみたりゴルフしたり時間たっぷりある
ので、瓦礫についても市にきいてくれたりしてます。
親の世代は、人数がおおいので、こちらがわについてくれると助かります。朝イチは、そういう意味で、皮肉にも、よいきっかけになったようです。
Unknown (Unknown)
2011-10-20 06:42:10
環境省に数回電話、地元の自治体にも連絡し拡散やめてくださいと訴えました。
記事にあるような態度の方はいませんでしたよ。
ただ、とにかく瓦礫処理に協力してほしい、拡散するようなことにはならないのだから安心して受け入れての一点張りではありました。
ならばその安全だという処理方法をただちに国民に提示してみてくださいといいました。拡散を防ぐことができるならいま国民が放射能のことで 悩まないでしょう!と訴えました。
今日も電話します。
それしかできないから…
ふるさと納税と観光で役所に電話します! (Pace)
2011-10-20 07:16:11
木下さん

いつもありがとうございます。
東京在住ですが、講演会と記事でお世話になっております。

昨日のがれき受入れについての記事を読み、私も動こうと思いました。
今の悲しい世の中、お金の話をするのが一番動かされるような気がするので、ふるさと納税と観光でせまりながら役所に電話しようと思います。
そして私自身も動かなければいけません(転居)・・・

ありがとうございます。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

Pace

Unknown (k)
2011-10-20 07:17:01
四国と大阪は受け入れ不明ですね。兵庫は市町村まかせ。岡山、広島、京都はどうなんでしょうか?

受け入れそうなところはここにかいてくださったらそれを見た人がまた違う地区でもどんどん電話をかけるというのでどうでしょうか?

わたしの電話の掛け方は、相手の方は8000ベクレルの恐ろしさをわかってないはず。ということで木下様の講演の言葉をおかりしまして700ベクレルでウクライナのキエフなみ。キエフはその当時の幼児にあたる世代が今の人口分布でわずかしかない。そう言う状態よりも酷い数字ということ。

線量計でずっと測り続けてるのでがれき受け入れによって線量上がるようならわかりますのでこの土地買い上げてもらわないとこまります。という内容です。
線量計持ってる方、お手数ですが今の線量の表示されてるところを写真をとるなり証拠としておいといてください。
現在の土壌調査の数値も証拠になりますね

ほかにいい言葉あればおしえてください。感情的になるより、情報不足の人に情報を知らせて説得する感じでの電話が必要だとおもいます

まえにコメントでよみました兵庫、姫路の線量あがってるのはなにか原因あるのでしょうか?
この運動を拡散しましょう (meglalala)
2011-10-20 07:42:36
先日から知り合いや友人にメールでこの情報を拡散して運動を呼びかけています。国民一丸となって頑張りましょう。
問題あり (Unknown)
2011-10-20 08:31:03
土壌の放射性物質が少なくても、降下してくる放射性物質で、葉物野菜など、どんどん線量が上がってしまいます。問題無いというのは、明白すぎる間違いです。西日本の野菜でも、風が届きやすい地域では、線量が出ます。降下が続けば、土壌の放射性物質も増えます。

瓦礫の移動をさせない、放射性物質を含んだ灰を移動させない、セメントに放射性物質を入れさせないは、当然ですが、福島第一の放出が止まるまで、葉物野菜は食べられません。西日本の野菜で、小児と高齢者の腸管の炎症が激増しているという医師もいます。チェルノブイリの時の英仏の値から、このくらいの土壌汚染なら安全とは、言えません。木下さん、間違えないように。
電話をしました (福岡)
2011-10-20 08:52:02
福岡県庁 廃棄担当

・取りまとめの期間なので受入れの有無は
市町村にまかせている。
・廃棄のお金は福島県におりて それを他県で処理するとしたらその運搬費は福島県が払わなければいけない。現実にそのような費用をまかなえるだろうか。
・環境庁からは一般ごみの処理をとの検討書がきている。
・福岡県が各市町村に強引にごり押しできるようなシステムにはなっていない。

以上です。
宝塚(電話番号)訂正 (apple)
2011-10-20 09:22:57
何度かこちらに宝塚の受入に関して、
書き込みさせていただきました。

クリーンセンターの電話番号が間違っておりました。すみません。間違って(市役所)を記載
しておりましたので、再度お知らせいたします。
宝塚クリーンセンター(管理課)0797-87-4844
m-takarazuka0042@city.takarazuka.lg.jp

今電話して聞いたところ、今回の回答は白紙でで出すとのことでした。
兵庫県の関西広域連合も、白紙の回答で、との
ことですので、
とりあえずは、ホッとしましたが、話によると
宝塚は一昨年の災害のがれきは受入れた実績が
あるとのことで、
災害がれき受入には熱意を燃やしているようです。
(知りませんでした)

今後またこのような要請がきた場合どう対処するか聞いたところ、
「内容によっては受入れます」と言っていました。
なにしろ、今回の件はさておき、受入れる体制は
変わってないんですね。

ですのでもし国(環境省)が「このがれきは大丈夫」
って持ってこられたら、密かに(?)受け入れられる可能性大です。
他の地域も同じく・・警戒しておかないと。

今まで散々、あの手この手嘘の上塗りで国の手口があまりに卑怯なので、
今後の手口を監視しておかないといけませんね。

これから大阪や兵庫の他の地域などにも電話してみます。
特に兵庫県は他の市のクリーンセンターにも聞かなければ``。

兵庫と大阪は全然違う様子ですが、大阪は受入れ表明してるんですよね。

ふと、思ったのですが例えば奈良県や滋賀県等は
どうなってるのでしょう・・・?
こちらにはあまり書き込みがないので。。
試練 (Driyos)
2011-10-20 09:23:48
放射性物質汚染対処特措法に基づく基本方針【骨子案】について

なぜ環境省が放射能拡散を行うのか?

根本的な問題は、福島の復興を目的として、そこから一連の施策が連鎖しているということ。

「できるだけ速やかに」事故由来放射性物質を低減することを目指しているといえば、環境行政のように見える。

そのために「各省庁、関係地方公共団体、関係機関、事業者、国民等が総力を結集し、一体となって行うものとする。」

放射能基準等も「できるだけ速やかに」処理することを前提に設定される。

「地方公共団体は、国や原子力事業者等と連携のもとで、監視・測定と情報活用・発信すること。」と規定されている。

「できる限り早く低減していくために」、「現行の廃棄物処理体制、施設等を積極的に活用」することが重要となるのだ。

「量が膨大」であるので、一般分別・焼却等により「減容化を図る」のと「廃棄物の再利用を図る」。

上記「処理等に伴い周辺住民が追加的に受ける線量」と言う記述があることを見ても明らかなように住民の被曝は想定済みなこと。

この場合の年間1ミリシーベルトは、外部被曝のみの考慮であり、β線・α線核種の内部被曝は埒外であること。これは、国の目標値が全てICRPと日本の原子力安全委員会を基にしていることからも明らかだ。

また、「速やか」と「減容化」が強調されていることからも、効率性と経済性が最優先されていることが判る。

----------------

我々が直面している最大の問題と困難は、国が原発事故以前の状態に復帰できるのだという幻想に立っているということで、当然に「福島の復興」は可能な前提とされていることだ。

そのためには、挙国体制で行うものとされ、その前提に適合するように全ての「基準」は設定され、やはり「国や原子力事業者等と連携」のもとでの監視と広報というマッチポンプも従来のままとなる。

これには、経済界を筆頭とする「できるだけ速やか」な経済回復への突き上げがあるのは言うまでもない。

以上は、壊死した身体の一部を温存することで全身の死を招来するに似て愚かなことに思えるが、放射能物質の全国拡散政策は、不可能を認められない事なかれ主義と、革新性の無いルーチン思考の国民性が根にあるとも言える事態だ。

それなら翻って我々自身に問うてみよう。

福島の事故以前の回復は無理なのだから、それを放棄して全面移住を含めて、西日本の温存を優先しなければ、いずれ全てを失うことになる!と、主張できるだろうか?

子供を連れて福島を脱出しようとする母親に向けられる「一番大切なのは福島の土地だ。」という親族の叫びと、「食べて応援」に協賛する流通・サービス企業群、「一刻も早い復興をお祈りします。」という定型文言、福島復興支援・ビジネス、国民一体の同情(一番安易な偽善とは言わない。)、
そして何よりも、考えない・知らない・同調は楽、との三重苦を抱えた国民、これら全部を敵に回して、「福島の復興は不可能なのだ。大地は決して人を健康にしてくれる食物を生産できないし、もう二度と子供を生み育てることはできない!」と主張できるだろうか。

そうしたら、誰がどうやって失われた財産権の保証をするのだ。国にも不可能だから他に手段はないのだ。第一、国を挙げて国民一体での復興に水を差すのは、非国民じゃないか。という反応が返ってくるだろう。

痛みは皆で分かつもの。少しくらいの被曝を気にするのは異常。現に厚生労働省は、医療と行政機関に当該人物の神経科への処置をマニュアル化して指導している。

前提が狂っているのだ。

経済的に好ましい効率的な復興を目的にした国家省庁案に対して、目的自体を否定した「福島復興は不可能だから・・・」という主張は、端からオミットされるのは火を見るよりも明らかだ。

上記目的から導き出される手段が、環境省による放射能物質全国拡散だから、現場の住民被曝を理由とする停止主張も、安全基準内との文言一つで押し切られるだろう。

どうすればいい?

それでも不安な住民に対しては、「住民理解の促進等」で述べられている。「地方公共団体による適確な知識の普及啓発を行うこと。」とされ、「市民とのリスクコミュニケーションを実施すること。」と、万全の構えだ。

どうやら、我々こそがその対象となるらしい。
沖縄にも食べるものがない。。。 (沖縄避難民)
2011-10-20 09:24:29
木下さん、いつもありがとうございます。
放射能ガレキ問題は何としても阻止するように頑張ります。

今沖縄に短期的に避難していますが、スーパーマーケットでは福島、千葉、茨木、群馬などの野菜、果物が平然と売られています。
産地偽装で有名な○オンは特に酷いです。
たとえば茨城県産ピーマン。「産地は箱に記載」とありますが、目に付くように並べられているのは「沖縄産きゅうり」の空箱。パッと見たら沖縄県産のピーマンに見えます。
ホ○クトのキノコは携帯のバーコードリーダーで産地を確認したところ佐久第二きのこセンターで栽培と出ましたが、センター所長名、所在地は『準備中』と表示されました。怪しすぎです。
その他どんなによく見ても産地が分からないもの多数。
沖縄までの輸送費を考えたら「廃棄するしかない汚染野菜」と思われても仕方がないでしょう。
汚染商品が山のように並べられているせいか、ガイガーカウンターのガンマ線の数値は店内で0.1超でした。もうイ○ンの商品は一生買いません。

沖縄は現在マンションの建設ラッシュですが、震災以降のマンションには放射性廃棄物が混ぜられたセメントが使用されている可能性があるので、中古マンションを物色中。
セメント業界が廃棄物の受け入れを拒否したと報道されていますが、これまで散々嘘をつかれた側としては放射性廃棄物の中に住むなんてリスクは取れません。

今週のアエラで諸葛東大特任教授が「放射性廃棄物」でなく「環境修復廃棄物」であり、「普通の産業廃棄物と変わらない」と発言されていますが、まずこの特任教授にはその「環境修復廃棄物」の上に住んでいただき、安全性を自ら証明していただきたいものです。
ホント、東大はダメダメ、全員屑ですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事