「木下黄太のブログ」 ジャーナリストで著述家、木下黄太のブログです。

「放射能」「被曝」「原発」、日本のリアル状況確認と僕の思索を書き留めるブログ。
重要なことはメルマガで展開します。

再爆発の懸念を抱えているのは政府最高首脳 

2011-08-19 11:09:18 | 福島第一原発と放射能

作家の山川健一先生の本日未明からのツイッターには、作家の直感のすさまじさを感じている。

その連続ツイッターを部分的に紹介する。@Yamakawakenichi

可能な人は、フォローして全体を確認して欲しい。

僕がこの山川さんの作家としてのすさまじい直感を受けて、僕が言えることの限界を、一言、書いておく。

「再爆発の懸念を抱えているのは政府最高首脳」

懸念が現実にならないことを祈る。以下は、山川氏のツイッターより引用

 

=================================================

最近のぼくのTwitterやブログの記事を読んで、反原発のことばかり書くなという人が少なからずいることは承知しているつもりだ。暗い気持ちになりたくないと。しかし、事態はぼくらが考えているレベルを遥かに超えている気配である。

東電も大手マスコミも政府も「福島原発事故処理は工程表の通り順調に進んでいる」「来年1月までに低温安定化できる」と楽観的な「全くのウソ情報」を意図的に流している。

多くの日本人はこれを信じていて、福島原発事故がいかに深刻な状態であるかということに気がついていない。

ぼくの今の正直な気持ちを書くが、脱原発だとか反原発だとか、本当はもはやそんな暢気なことを言ってる場合ではない。

建屋が台風などで倒壊し6400本の使用済み燃料棒が地上に転がり落ち、大気と触れれば中性子と反応して核分裂が起き、決して大げさではなく日本どころか北半球全体に生物が住めなくなる可能性がある。

福島第一では、合計合計10421本もの使用済み燃料棒が 原発内各所プールに保管されていると言われている。

日本各地の原発が同じような状況で、本当のことを言えば原発を止めたって止めなくたって状況はほとんど変わらない。ぼくらは幸運なことにも、首の皮一枚でつながっているにすぎないのだ。


8月14日に、福島第一原発敷地内で「地割れ、水蒸気が噴出している」という情報が流れた。メルトアウトした燃料がどこまで行っているのか誰にもわからず、これが水脈に触れれば再爆発の懸念がある。

チェルノブイリではぎりぎりのところでそれを阻止したわけだが、犠牲となった多くの軍人が命を落とした。

菅首相は14日夜、民主党若手議員らと会食し「東京、神奈川から3千万人が移住するような事態も想定して決断しないといけない。だから『脱原発』なんだ」と述べたそうだ。おそらく「地割れ、水蒸気が噴出」という状況を前提にしての発言だろう。

そうなった場合、首都圏の3千万人の他に、東北1000万人。北関東700万人。北新潟100万人、合計4800万人もが移住しなければならなくなる──という人もいる。年内にそういう事態を迎えたとしても、決して不思議ではない。

都内の大気汚染、土壌汚染も急速に進んでおり、本当は目黒区や世田谷区だって子供が暮らしていていい場所ではない。計画的避難地域に指定されていない福島市、本宮市、郡山市はじつは壊滅的な状況で人々は即刻脱出しなければならないレベルだ。

三陸沖から静岡の辺りまで、太平洋側では海水浴は絶対にNGです。日本海側の魚からも複数の核種が検出され、汚染された瓦礫や腐葉土や牛肉が意図的に全国に流通している。がれき処理法案が可決した。

東日本の汚染は深刻で、命綱は西の食料しかないというのに、これは放射能と発癌の因果関係を意図的に隠蔽する立法だとしか思えない。

反原発? 脱原発? もう手遅れかもしれない。日本列島の汚染状況は既にチェルノブイリを超えている。東北を復興しなければならない。しかし三陸沖で獲れた魚を誰が買うというのか。漁業も農業もアウト。それで復興なんて何十年かかるのだろう。

しかし、暗い顔ばかりしていても周囲の人達に申し訳ないので「原発を止めよう!」とぼくはむしろ空元気を出しているのだ。

福島原発の原子炉4基からは今でも放射性物質が放出されている。テレビや新聞が報道しなくなった今も、放射性物質の飛散は終わっていないのだ。

東電や経産省や日本政府は「炉心を取り出すまでに10年はかかる」と言っているが、嘘をつくな。炉心を取り出す技術などないではないか。


ようするに、重要な事実は、東京電力福島第一原発は今の技術では廃炉にできないのだ。それが世界が正視しなければならない現実なのではないか。


福一は、撤去の前提となる原子炉の安定すらできずにいる。にもかかわらず、東電や政府関係者は根拠のない発言を続けているのだ。


ぼくらは今後何世代にもわたり、福島第一が出しつづける放射能に冒されつづけ。福一には、普通の意味における「廃炉」という概念は当てはめられない。ドロドロに溶けた燃料が流れ出し、それをどうやって「取り出す」のか、誰にも分からないのだ。


この絶望的な状況をどう生きていけばいいのか──。絶望的な列島の中で自らの生命と引き換えに出来る価値はあるのだろうか。

反原発の話は暗いだろうか? まさか。むしろこういう状況下で「原発を止めよう」なんて言うのは、あまりにもノーテンキなのだろうと思う。止めようが止めまいが、深刻な危機は音もなく進行しているのだから。


ストーンズの「ミス・ユー」という曲に、こんな歌詞がある。「俺は時々自分に言ってみることがある。『どうしたんだよ、ボーイ』ってさ」

 

今のぼくも同じ気分だ。必死の思いで元気を出して、時々自分自身に言ってみるのだ。「原発を止めようぜ!」ってね。

 原発を止めよう。日本列島からすべての原発をなくそう。そこにしか、希望はない。

========================================================

きのうお伝えした川崎の土壌調査ですが、http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/21c5276e944c940bb58eb42c0526cf5f

市は平間公園内のプール脇で、土壌調査の結果12400Bq/kgのセシウムを検出しプールを利用停止。本当にとんでもない状況が首都圏で起きています。地元メディアしか動かず、東京のテレビ局は取材もしていません。完全に怠慢です。 個人的なつぶやき「僕のブログ読んでいるなら、少しは仕事をしろ。」

 

===============================================

福岡に講演会に伺うように言われました。

主催側より下記の通りという事です。参加希望の方は受付HPよりお申し込み下さいとのことです。

木下黄太氏講演会in福岡(春日グローバープラザ)

◆日時:9月3日(土)15時~17時、懇親会17:30~19:30

◆受付HP→http://t.co/Liy6i22

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (46)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まず行動する事が如何に大切... | トップ | アルジャジーラが伝える「首... »
最近の画像もっと見る

46 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
空元気、 (柏市在住主婦)
2011-08-19 12:24:13
同感です。
平和ボケのつけがきただけですね。

早く国民が真実を受け入れてリスクを避ける行動に移さなくてはですよね。
Unknown (ぐら)
2011-08-19 12:44:49
行動にこそ、希望があるってことですね。
Unknown (ネクタリン)
2011-08-19 13:13:32
いつも貴重な情報ありがとうございます。
首相動静を確認しましが、首相は8/14は来客もなく終日官邸で過ごしています。新聞で確認しましたが、首相が若手議員と会食し移住云々の話をしたのは7月14日ではないかと思います。よって水蒸気云々によってその発言をされた訳ではなさそうです。
なんだかもう・・・ (Unknown)
2011-08-19 13:45:17
内部被曝とか除染とかそんなことでやり過ごすことは出来ないのかもしれないな・・と漠然と感じていた矢先です。子ども達に申し訳なくて・・落ち込む・・・。自然災害の脅威も、ましてや原発事故で放射能汚染が日本国中に広がるだとか、正しい情報が国民に意図的に伝えられないとか・・・今まで生きてきて考えたこともなかった。日本の平和を信じてた。あぐらをかいてたって言われるかもしれないけど、精一杯生きてきたつもり。巨大地震と津波が首都圏を破壊するのか、富士山の噴火が先か、それとも福島原発がドカンといって日本が終わってしまうのか。最早どれでもあり?・・・でもご飯作ってビール飲んで今夜も笑おう。今日はそれしかできないし、そう思ったら何だかスッとした。
静岡は? (まや)
2011-08-19 14:16:04
木下さん

目黒区や世田谷区がもはや子供を育てる場所ではないことは理解致しました。

では、静岡の中部地方(焼津)はどうでしょうか?

食事からの内部被爆は別として、静岡の中部地方の放射線量や土壌汚染(それが
どの程度かまだ発表されてないので不明なのですが)でしたら、子供を育ててよ
いのでしょうか?

今、移住先を検討してます。静岡は夫の実家があります。
私の実家は目黒なので夫の実家を頼れないとなると、どこに移住すべきか迷って
しまいます。

でも、静岡も子育てできる場所ではないのなら、全く見知らぬ土地に移住するこ
とも考える覚悟ではいます。

どうぞよろしくお願い申し上げます。
Unknown (ほっぺ)
2011-08-19 14:26:40
木下さん、いつもありがとうございます。


川崎の「平間公園・プール」の土壌検査の件ですが、今朝東京のNHK連動データのニュースでは大きく取り上げられておりました。

8/19 14:00ヤフーのトップ画面にもそのことがトップニュースに掲載されております。
毎時10兆ベクレル? (祈り)
2011-08-19 15:11:05
クリス・バズビー博士は17日、ロシアの英語国 際放送「ロシアの声」にインタビューに対して、 東電福島第一原発から、いまなお、 10の13乗――10兆ベクレル/時もの巨大放出
が続いている、と述べた。
首相とも話をしている東電関係者筋から得た
情報だという」

http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2011/08/post-c107.html

自分には裏付けなど取れませんが、日本政府が推定で最大2億ベクレル/時間(1-3号機)に減ったと発表したばかりなのに・・・地割れからの大量水蒸気の話と重なります。木下さんから情報が得られるのを頼りにしております。いつもありがとうございます。
Unknown (さらみ)
2011-08-19 16:58:12
来月、海外に引越しをします。今春に赤ちゃんが産れたばかりです。このちいさな命を守ってあげたいです。これからも日本の子供たちの為に何ができるのか考え、訴えていきたいです。
一般人の私に出来ること (tomo)
2011-08-19 17:02:17
福島原発での放射能汚染をきっかけにいろいろ調べていくうちに知らなかったことをたくさん知るようになりました。

アメリカに原爆を投下された時、いやその前から日本は放射能汚染されていたんだなと・・・。
核実験による放射能汚染もそうですが、日本で売られているポテトチップスやコーンなどまたマクドナルドで使用されているポテトなどが実はアメリカの放射能汚染地域で作られたものを使っているということ(今現在もです・だからファーストフードは安価なのですね)、福島原発のように事故があった原発以外でも実は日々放射能が漏れているということ(定期的な排水などで)などなど。

それらを知れば知るうちに私達が知らなかっただけで日本はとっくに汚されていたんだと、もう国民の力ではどうにも出来ない大きなものに動かされているんだという思いでしかなくなりました。

この原発問題に本当に取り組むことになるとおそらく日本はつぶれます。
国民の経済的負担が迫られ、どんどん国民の生活は苦しくなるでしょう。
また経済的にもそうですが、アメリカからの圧力にもつぶされます。(アメリカは日本に脱原発してほしくないからです)
アメリカにそっぽ向かれたら日本は滅びます。

ただこのまま放っておいても日本はどんどん汚されてしまう・・・。

脱原発してもしなくても、形は違えど国民にとって苦しい状況になるのは明らかです。
(一部の海外に逃げられる富裕層以外)

海外に逃げられない、また時間が仕事や家事でなかなか自分時間を作れない私に今出来ること。

内部被ばくを少しでも低くするために生活に気をつける。
後悔のないように好きなことをして生きる。
悔いのないように親や友達や家族を思いやってそれを言葉や行動に出して接する。
大切な人と一緒に過ごす。
毎日笑顔を忘れない。

これだけは実行していきたいと思います。






目が回る、、、、。 (一児の母 千葉より避難しました。)
2011-08-19 17:29:50
おかげさまで、無事避難生活を営んでいます。こちらでも先日は群馬県産のキャベツがタイムセールで叩き売られていました、、、、。怖いですね。(中国地方です、、、。)
もし、、、、、。山川氏のツイッターの内容が事実であるなら、日本人は難民として認めてもらえるのでしょうか?
認められないのであれば、もう、ある程度の覚悟は必要だということですよね、、、、。本当はもう一人子供がほしかったのですが、あきらめるのも、親心なんでしょうね、、、、きっと、、、。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事

トラックバック

背けず事実を把握しよう、全原発を廃止しよう (もうすぐ北風が強くなる)
 テレビ・新聞は、もう原発事故は落ち着いたかのような報道をしているが、実際はまだまだ極めて危険な状態だ。  「ガンダーセン:日本へ重要な警告」  プールから原子炉から、地下まで落ちている膨大な核燃料。 ...