「木下黄太のブログ」 ジャーナリストで著述家、木下黄太のブログ。

日本と世界のリアル状況確認と僕の思索を書き留めるブログ。
重要なことはメルマガで展開していますので、ご購読下さい。

【衝撃】南相馬に降っていた黒い粉。セシウムだけで100万Bq/kgを超えている危険なものです。

2012-02-16 15:44:08 | 福島第一原発と放射能

 南相馬に降った黒い粉はセシウムだけで、合算100万Bq/kgを超えていたそうです。他の核種も含まれるでしょうから、大変な放射性物質を含んだ粒子が、周辺の広範囲に拡散している現実があります。

 セシウム134 :485,252 Bq/kg

 セシウム137:604,360 Bq/kg

セシウム合算1,089,612 Bq/Kg(神戸大山内教授測定)

測定については、南相馬の大山こういちさんのブログにアクセスを。

http://mak55.exblog.jp/15440514/

先ほど、僕は、内部被曝の専門家、矢ケ崎克馬先生とも話しましたが

「驚く数字です。どのような状態で降下しているのか大変に気になります。セシウムのみならず、α線核種、β線核種など、他の核種もあることは間違いありません。危険です。近づかないで下さい。」というお話でした。

 

 

 

福島、南東北、関東首都圏の大半のエリアは居住は無理です。

特に、妊婦、こども、未成年男女、妊娠可能な女性は、これらの被曝エリアから、放射能汚染の程度が圧倒的に低いエリア(例えば愛知県から西の西日本など)まで、退避すべきと思います。極力早く退避してください。事故からまもなく一年。あなたの体は慢性被曝で蝕まれます。間に合いません。一年はリミットです。 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (69)   この記事についてブログを書く
« 三月末日までに、貴女が東京... | トップ | 橋下市長のお膝元、大阪市の... »
最近の画像もっと見る

69 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2012-02-16 16:36:20
これが福島原発起源のものなら分かりやすくていいんですがねえ。どうでしょうか。
Unknown (Unknown)
2012-02-16 16:42:22
福島原発起源でないほうが
よっぽど怖いよ。
お金とキャリアのために、魂を売った大学生 (portirland)
2012-02-16 16:44:46
 国が、食べて応援に大学のミスキャンパスを投入してきました。
 大学と、名前の一覧が記載してあります。自分の友達の健康を売った、心の底から腐りきった奴らです。
 吐き気がします。

食べて応援学生大使の窓口になってる編集社のTVガイドなど雑誌一覧と、国民の健康をキャリアの踏み台にしているメンバーについて | portirland

http://portirland.blogspot.com/2012/02/blog-post_303.html
枝野と岡田がフルアーマー (portirland)
2012-02-16 16:51:16
枝野と岡田がフルアーマーで、一瞬で帰ったことを思い出しました。奴らは、危険性を知っていました。

こすい奴らです。

写真で振り返ろうフルアーマー三兄弟。菅・枝野・岡田。 | portirland

http://portirland.blogspot.com/2012/01/blog-post_18.html
Unknown (Unknown)
2012-02-16 16:52:16
Unknown (Unknown)
2012-02-16 16:36:20さんへ
わざとらしい発言ですが、一目瞭然でしょう。
祈り (sora)
2012-02-16 16:56:15
これだけ忠告されたのだから、最後は彼女自身自分で移住するかどうか自分で決めるしかないんですよ。

人に言われてどうこうより、自分で決定しなければ、移住してもしなくても後悔します。

あとは、彼女の意思ですし、彼女の人生なのです。
それについて、怒りを感じられなくてもいいんです。
木下さんはできる限りのことをしたのですよね。
ならば、後は皆の無事を祈りましょうよ。
絶対に首都圏全ての人が、苦しむと決まったわけじゃない。

人の気持ちは、変えられないかもしれないけど、日本の子供たちや大事な人のの健康な未来を祈りましょうよ。
わたしは、怒りの感情をそちらへ向けました。
大事な人には、幸せになってほしいので。
【緊急全国署名】 (スヌーピー)
2012-02-16 17:05:40
バラまかないで!震災がれき 燃やさないで!放射能ごみ http://houshanou-shomei.seesaa.net/

オンラインからでも署名できます!!
soraさんへ (木下黄太)
2012-02-16 17:33:29
勿論本人の決断が必要ですが、結局決めることのできないタイプの人間がなのです。しかも甘いですから、自分のことだけは。まわりを心配しても、自分に考えが及ばない人間です。一番駄目な思考形態の人間です。

また、申し訳ないですが、あなたも甘いと思います。全部の人が苦しむと決まった訳でなくても、かなりのことが想定されます。祈るしかないですが、祈れば安心するのは、自分の心だけ。現実の厳しさは変わりません。
生理不順 (ガーベラ)
2012-02-16 17:46:16
また今月も生理遅れています。こんなの初めてです。
事故後これで3回目。妊娠検査薬を買ってばかりです、、
友人もその周りも
生理が遅れている人多い様です。


逃げたいです(>_<)
海外移住する為にあと最低2年は頑張って
お金を貯めなければいけません。それまでに間に合うか、、
一人でいいから子供が欲しい、、

海外避難先としてのマレーシア2+マレーシアの日本人学校 (大石幹夫)
2012-02-16 17:48:32
すみません、以下と同じ内容のコメントをけさ早くしたのですが、多くの方にマレーシアの情報提供をしたいので、再度掲載させてください。

*******
私は今はブルネイを拠点にしているのですが、これまでマレーシアには通算して10年以上住み、マイワイフも華人系のマレーシア人で、二人の息子と一緒にクアラルンプールの郊外に住んでいます。

それで、マレーシアは私の「第二の故郷」であり、このブログに集う方々の間で海外避難先としてマレーシアが注目されていることは嬉しいです。

このブログの2月10日のコメント欄でマレーシアに長期滞在する方法を2つお知らせしました。一つは「マレーシア・マイセカンドホーム」(MM2H)プログラムに参加する方法、もう一つは、お子さんがいらっしゃる場合、マレーシアに沢山あるインターナショナルスクールの一つに入学させ、お母さんがその保護者として滞在する方法です。

あと、マレーシアの英語学校に通うという方法もあります。ちょっと古いですが、こんな記事をみつけました。http://www.mas-japan.co.jp/blog/life/archives/2006/03/post_31.html

この記事のころより授業料は値上がりしているでしょうけど、それでも英・米・加・豪・NZなどに比べるとすっと安いはずです(生活費が安いのはもちろん!)。また、マレーシアは多民族国家で、各自がさまざまなアクセントの英語を話していることもあり、上記の欧米・オセアニア系の国で感じがちな英会話コンプレックスも感じずに済みますので、話しやすいです(それで、英語コミュニケーション能力の向上が早いのではと思います)。

あと英語コース以外でも、中国語(マンダリン)のコースもあるので、英語をしばらく習ったあと中国語も習うということもできるのではないでしょうか。このようにして、語学学校に通いながらマレーシアで生活するという方法もありそうです。ただ、このような方法で、法的にどの程度長くマレーシアにいられるかはよくわかりません。調べてわかったらお知らせします。

使える英語が身につけば、マレーシア(あるいはお隣のシンガポール)で職をえるということも可能でしょう。そうすれば、就労許可(ワーク・パーミット)を得て長期的に生活できます。マレーシアには日系のリクルート会社もいくつかありますので、そこを通じてとか、あるいはマレーシアで培ったコネを通じて見つけることもありだと思います。

あと、マレーシアで会社を設立する方法もあります。この国で会社を設立すること自体は簡単で、費用も安いですが、そこで働く外国人の就労許可を得るためには、一人あたりある額以上の資本金が必要です。日本人が自分一人だけの会社を設立したいのなら、その一人分に相当する資本金が必要ということです(その額がいくらだった忘れましたが、そんなに高額ではなかったはずです)。

以上のように、マレーシアに長期滞在する方法はいくつかあります。前のコメントにも書きましたが、マレーシアでは日本人はノービザで一回あたり90日まで旅行者として滞在できるので、とりあえず日本から避難するのにも便利です。私が住むブルネイは、14日までしか滞在できず、この点不便です。

それから、マレーシアでの被ばくの懸念について、マレーシア消費者協会連盟に問い合わせのメールを送ってますが、まだ返事がきません。来たらお知らせします。

*******
先ほどの投稿に関連して、お子さんがいらっしゃる場合、もう一つ、日本人学校に入学させるという可能性もあるかもしれません。

http://www.jskl.edu.my/

ただ、このような学校はもともと日本からの会社駐在員の子弟のための学校ですから、お子さんを入学させることが目的で、その保護者としてマレーシアに法的に滞在するということができるかどうか不明です。

本来なら、日本の政府が、日本の子供たちを守るために、これらのことを積極的に奨励すべきですね。子供たちを海外に退避させるその受け皿はすでにあるわけですから。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事