「木下黄太のブログ」 ジャーナリストで著述家、木下黄太のブログ。

日本と世界のリアル状況確認と僕の思索を書き留めるブログ。
重要なことはメルマガで展開していますので、ご購読下さい。

≪緊急事態≫喉、鼻、眼、皮膚、下痢、だるい等、異常の有無を周りの人と直ちに話して下さい。

2011-06-13 01:15:25 | 福島第一原発と放射能

 病理の専門家と、喉、鼻、皮膚、お腹、下痢、体がだるいなどの症状が自分の、地域的に近い身のまわりでおきていないのか、話して確認しはじめてくださいと呼びかけることをここ数日、話していました。恐らく今後、放射能被害から、顕著な健康被害が発生し始め、過去最悪の「公害問題」として認識されるだろうという推測からこの話は、始まっています。そうしたところ、ある緊急事態を示唆する書き込みが僕のブログにありました。正直、血の気が引いています。まずこれをお読み下さい。

=================================================

 まだ最終的な結果が出るまではと思い書くのをためらっていましたが、やはり今東京で起きている現実のひとつとして書かせて頂きます。4月の半ばに娘の喉が腫れているのに気づき、先月念の為甲状腺機能の検査を受けさせました。正直大げさな親だと思われる事に若干の抵抗もありつつ、放射線の影響が心配なのでとはっきり先生にも伝え、エコー検査もお願いしました。その時の見解では腫れも酷くないし大丈夫じゃないかなぁ…的な先生からの言葉があり、少し安心していました。ところが一昨日私1人で検査結果を聞きに行った所、甲状腺機能に異常が発見されました。更に詳しい検査が必要な事と数値的に恐らくまだ全然初期段階な状態ですが、正直かなりショックで泣きながら家に帰りました。そして、原発の翌日からかなり気をつけていた我が家ですらこの様な状況に陥った事に、尚更恐怖を感じました。今回私に多少なりの知識があった事で早めの対処が出来発見しましたが、甲状腺の異常は自覚症状がほとんどありません。だからこそ怖いのです。検査して何もなければ安心料だと思って、血液検査とエコー検査を(血液検査だけでは発見されない事もあるので)ぜひ受けて頂きたいと思います。私と娘は甲状腺だけではなく腎臓の機能にも異常が出ました。それが何を意味するのかは、これから毎月検査を受ける事で明らかになっていくと思っています。
これは煽りでも何でもなく、検査結果として明らかになった事実なのです。
==================================================

 この専門家にこの投稿内容を伝えたところ、典型的な急性の内部被曝症状ではないかという推測をされています。腎機能に症状が出ている場合に、こうしたことは多いといいます。ご本人と娘さんの二人とも、甲状腺と腎臓の両方に異常が出ていることから考えると、食べ物のように、口から摂取したものから、かなり早い段階で、放射性物質を取り込んだ可能性を指摘しています。目の網膜の検査もされることをすすめますという事です。この書き込みの方が、もしなにかありましたら、僕に直接メールしてください。

 チェルノブイリの時に出ていた核種は主にヨウ素とセシウムのみです。そこでの健康被害想定とことなり、福島第一原発は、今でも何かの反応があり、放射性物質の排出は三ヶ月も続いていますから、短い半減期の核種による影響さえも否定できませんし、他の核種による被害状況が、チェルノブイリと異なる事態になることも容易に想像できます。しかも、メルトスルーが起きている事態のときに、実はどのような恐ろしい事がおきるのか、皆目検討がつかず、スリーマイルの時に様々な被害想定があったことは僕も記憶しています。そうすると、福島状況を考えて、今回のようなことが、三ヶ月くらいでおきてきたとしてもなんらおかしくはないと病理の専門家は言います。

 喉、鼻、皮膚、お腹、下痢、体がだるいなどの症状が自分の、地域的に近い、身のまわりでおきていないのか、話して確認しはじめてください。家族や近くの知人、同じ学校、同じ幼稚園、近所の人、行動パターンが似ている人たちの間で何かおかしなことがおきていないか、相互確認をはじめてください。少しでもはやくはじめてください。

 3月の三連休中に同じ雨にあたった二人の子どもが、二人ともいきなり鼻血を出した話や地下鉄で数駅移動する際に、三つの駅で鼻血を出す人と遭遇した話、屋外清掃してほこりまみれになった後、突然背中に茶色の軽い隆起をともなう点が、複数出来ている話など、憂慮されるようなエピソードが次々ときています。

 僕は断言しますが、首都圏でも、これは大変な健康問題になってきます。活性汚泥の焼却さえとめれば、東京でこどもの健康を守ることができるというレベルではありません。恐らく、事態は相当深刻になります。とにかく、注意を怠らず、対応を急いでください。自分や自分の愛する人、特にお子さんを守るために全力を注いでください。

 「追記」

最も危険な核種、ストロンチウムが地下水でも検出です。これがどこまで広がっていくのか大変です。岩盤まで掘り進んで、ダム工事でせき止めないと、どこまで地下水が終わるか、わかりません。急げよ、政府。いい加減にしろ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (199)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お散歩雑感、そしてこれから... | トップ | 四号機からの大量水蒸気また... »
最近の画像もっと見る

199 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (TU)
2011-06-13 02:21:17
なんということでしょう。
本当だとしたらとんでもないことになりますね。
信じたくありませんが、最悪の事を考えて行動するしかないのです。
濃霧 (ponta)
2011-06-13 03:14:51
50m先が見えない霧の中を進んでいる。
いつか晴れると期待を込めて。
だんだん濃くなってきた。
心配しながら、注意しながら進んでいる。

みんなが一緒だから大丈夫?
学校に行かなければならないから?
塾に行かないと進学できないから?
進まないと生活できないから?

霧の濃度を計測しながら進むのですか?
そのまま30年以上暮らすのですか?

箱船に乗るには試練が入ります。
乗ってからも試練が入ります。
子供達の為に試練を乗り越えるてください。

もう悩んでいる時間はありません。
決断してください。
Unknown (Unknown)
2011-06-13 03:18:34
今日、雨で落ちてきてるのか、都内も上がってる情報ありますし、
全国的に数値上がってます。

昨日あたり熊本の話も出ていました。
チェルノの時の範囲を考えてください。

全国的に調べないとマズイと思います。
Unknown (都内在住)
2011-06-13 03:20:16
木下さまいつもありがとうございます。

私は(大人)お医者さんは放射性物質とは関係がないと言いますが、先月甲状腺に『しこり』があると指摘され、結果は出ていませんが、とても気になります、
うちの子は尿検査に引っかかり、二次検査が来ました(血尿±)気になります…
喉の痛みや変な咳は4月から1ヶ月以上続きました、
子供の学校では鼻血を出す子が多いです、授業参観では顔色の悪い子が多かったです(目の下のクマ、顔色が土色)
これからプール、夏休み明けの秋には運動会もあります
学校給食は汚染地帯の野菜、牛乳などを使っています。
逃げて子供を安全な場所に移したい…
人と違う行動になります、とても目立ってしまいます…でもそんな事気にして居たら、大事な子を守れないですね…
木下さまには本当に頭が下がります、これからどう行動して行こうか…最悪の事態は想定したくありませんが、今から何かできる事を考えていけます。
無責任に書けませんが (sakura東京都)
2011-06-13 03:51:58
私も気になって、園、学校のことを先週来、
聞いてきました。
そういえば、と振り返るように4月から5月は
園では母子ともにおなかを壊す話をよく聞いたそうです。
学校でも、数名鼻血を出したとか、朝礼で気分が
悪くなったとか、地震後の新学期でみんな疲れが
出ているのでしょうという話が生徒にあったそうです。
そういう我が家でも、幼稚園の子は鼻血が5月上旬からほぼ毎日出ていました。

医療相談会に行きました。
耳鼻科にも行きました。鼻血の出ている部位が
子供には最も出やすい場所だから大丈夫と
言われました。
私自身も、幼稚園の行事で上野に行った際、
40分ほどマスクを外して、被曝の問題について
お母さんがたの話を聞いたり、色々な心配を
話してきましたが、その日以来喉の調子が悪く
マスクを外したことを後悔しながら、子供の
鼻血について耳鼻科に行ったついでに、私も
鼻から咽喉を映すカメラで写真を撮りました。
見た目には赤くも腫れてもなく、至って正常との
ことでした。その2,3日後に腹痛で眠れない
夜がありました。
明後日先週受けた内科での血液検査の結果が来ますので、特に甲状腺に特化したわけではありませんが、長いこと健康診断を受けてないので心配と、特に今年は低線量被曝という現状が続いていることが、事故の終息が全く見えないので
健康被害が心配だという理由で採血したので
結果を聞いてきます。

みなさん少人数の話では心配されていますが、
結局、自営業のかた、開業医さん、歯科医さんは移動しづらい生活の現状が透けて見えました。
転勤のある会社にお勤めという方のほうが
違う土地への移動が可能性があがるようでした。

また、公に心配を話題に乗せるのは、幼稚園ではまだ更に下に赤ちゃんのいる人に心配を
させることを避けているようでした。

関西に春休み避難していたかたはたくさんおられますが、みなさん戻っていらして、2カ月
都内にいる方と3カ月ずっといる方に分かれています。

私も都内でかなり気をつけていたので、
上記の方の話は非常に怖いが、それが現実かと
受け止めています。
既に私たちは充分吸いこんでしまったと、昼間も
友人と話しました。こんな状態は、海外なら
革命がおきても不思議でないような出来事なのに、なんとおとなしい国民なのかと、
官僚の子供である友人が言うのでかなりまだ
隠されているデータがあるのねと話しました。
Unknown (Unknown)
2011-06-13 04:06:13
埼玉の者です。原発事故後、娘の唇が物凄く腫れました。高校生の息子は幼少時以来出していなかった鼻血を何度か出しました。近くに住む母はと言えば顔がただれて腫れていて会ってびっくりしました。その時は、今までになかった症状の経験にどうしたんだろうねえ…まさかこんなところまで放射線物質は来ていないだろうしねと不思議でした。最近になって色々な情報を耳にして、まさか…被曝した…?と不安でいっぱいです。私はと言えばやはりその時唇の端に出来物が出来ていました。家族には内緒なのですがたまにたばこを外で吸います。雨の中タバコを吸ったので内部被曝もあったのでは…と不安が大きいです。実は今、母や子供たちのそれらの症状や私の唇の出来物はなくなったのですが、私の体に異変が…。おはずかしいのですが不正出血をしております。生理時期でないのに少量の出血が続き…そしてどうやら尿道からも出血してるようなのです。病院に行かねば…と深刻に悩んでおります。でもきっと病院は放射線とは結びつける診断はしないでしょうし本当に関係ないのかも知れませんが私としてはあの原発事故後の雨の中の喫煙が気になって仕方ありません…内部被曝の可能性もあるのではないかと…誰にも言えずに苦しんでおります。


Unknown (Unknown)
2011-06-13 04:14:25
ごめんなさい、先程の書き込み、やはり公開しないでください。家族の症状から読んだ家族が私だとわかってしまうので喫煙がばれてしまうかと…。このコメントとお返事は大丈夫ですm(__)m

本当にすみません。
低線量放射線被曝 (iruto)
2011-06-13 04:15:01
低線量放射線被曝について、健康への影響は分からないという論調が多いですが、本当に分からないでしょうか。
100mSv/y以下では人体への影響は分からないと言いますが、これは現在100mSv/y以下の放射線を浴びても、10年後、20年後、その放射線の影響がどう出るか分からないというものです。
直接的因果関係が分からないというものです。
しかし疫学的統計調査では、人口放射線による健康への影響は、ほとんどの調査で有意な結果があると出ています。

ニュートンは木からりんごが落ちるのを見て、引力が有ると言いました。重力の構造が分からなければ、引力が有るかどうか分からない、などと言いませんよね。
疫学的統計調査で、低線量放射線による健康への影響は有る。これはICRPまで認めた、世界的なコンセンサスです。
それを政府、御用学者、マスコミまでも、分からないと、とんでもない嘘を言ってます。

ではどの程度の影響が有るのか。
ICRPは1mSv/yを1万人が浴びれば0,5人が癌で死ぬと言ってます。
ゴフマン博士は1万人に4人と言ってます。ほとんどの調査機関の報告はこの間です。

これは50年を生き、同一条件で被曝すれば、100人に0,25人~2人、放射線による癌で亡くなるということです。

東京では空間線量率が現在、1mSv/yくらいと言われています。これに内部被曝を加算しなければなりません。
福島で500mSvを超えた作業員、2人の内部被曝は、外部被曝の四倍と8倍でした。条件が違いますが、この比率を当てはめて計算すると

ICRP基準で50年を生きれば、100人に1人か2人、放射線による影響で癌で死ぬと言うことです。
ゴフマン博士の基準では100人に8人から16人が放射線の影響の癌で死ぬと言うことです。

外部被曝20mSv/yなどという地域では、ICRP基準で100人に20人から40人
ゴフマン博士の基準では100%放射線の影響で癌で死ぬことに成ります。(50年を生きた場合)


注、沃素131は、当初、大量被曝しましたが、現在は半減期8日なのでほとんど無いでしょう。
セシウム137は半減期30年です。これからは半減期の長い核種が主体になるので、放射性物質は簡単には減らないでしょう。地域を循環しているようなものです。
幼児の放射線感受性は4倍と言われています。

首都圏でもホールボディカウンターによるサンプル調査をして、内部被曝がどの程度起きているか発表しなければならないのですが、政府、行政は、放射能に関しては、国民に知らしめるべからずという態度を続けています。
ホールボディカウンターカーは、日本に3台あります。
同じです (西東京市在住)
2011-06-13 04:16:53
やはりそのようなかたがいらっしゃいましたか。
私も3月後半からの喉の痛みと腫れに苦しんでいました。花粉症という事もあり、基本外出時にマスクはしていたのですが、フリマの売子などをした時、屋外で一日マスクを外していました。その後からの症状です。ずっと声を出したせいと思っていましたら、2ヵ月後の今も多少軽減すれど、喉の不快感が続いています。
横浜の友人も同じ症状だそうです。
東京在住ですが、マスクはずっと着用しています。

5月12日、手の甲から手首に掛けて、降雨に濡れた部分だけが、数分後に赤く腫れあがりました。すぐ洗浄しましたら、十数分後には収まりましたが。
まさかとは思っていたのですが、似たような症状の方がいらっしゃるのですね。


デマの元を流してしまうのではと、ずっと怖かったのですが、事実は事実として声を出していきたいと思います。

数年、数十年後の万一の為に、念の為、予防策を講じることは何も恥じる事ではないですよね。何かあってからでは遅い‥‥いえ、今、既に起きているかもしれないことを明確にするためにも、このような呼びかけはとても大切だと思います。
もし、お尋ねできるなら (sakura東京都)
2011-06-13 04:47:07
木下さま、
いつもありがとうございます。

上記のかたに、もしお尋ねできるなら、
お嬢さんの喉の腫れをどのような点で
観察されたのか、
観察すべきポイントをお聞き頂けないでしょうか。
私も他人ごとではなく
そういう瀬戸際に立たされておりますので。

幼稚園の子の鼻血だけでなく、
上の子もアトピーの悪化、体調の悪化、だるい、吐き気、GW前からの大変な喉の痛み、鼻水、

抗生物質を耳鼻科で処方され、効かず、
GWに入り休診のため、家にあったもっと強い抗生物質を飲み、
効かず微熱が続きました。
その時は長野にいました。
都内にもどっても、
普段の風邪と比べ、症状が
治まるまでに2週間以上かかりました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事

トラックバック

とうとう東京でも甲状腺機能に異常が出始めたか。。 (nakao312EXblog ★明日死ぬと思って生きろ! 永遠に生きると思って学べ!!★)
前回エントリーした「東京・調布市の保育園児に起きている症状」のブログで≪緊急事態≫喉、鼻、眼、皮膚、下痢、だるい等、異常の有無を周りの人と直ちに話して下さい。との記事が。一部をコピペ。 ~~  まだ最終的な結果が出るまではと思い書くのをためらっていまし...