「木下黄太のブログ」 ジャーナリストで著述家、木下黄太のブログです。

「放射能」「被曝」「原発」、日本のリアル状況確認と僕の思索を書き留めるブログ。
重要なことはメルマガで展開します。

放射能ガレキをとめろ!貴方の意志を自治体や政府にぶつけて下さい。 そして、死に至る除染。

2011-10-19 02:37:50 | 福島第一原発と放射能

  「人を受け入れる、ガレキは受け入れない」

 環境省が放射能ガレキの意見募集しているようです。このブログの読者は今は、二万人以上は、確実にいます。すべての読者が、反対の声を集中させてください。この情報は拡散させ、何万人もの人々が、放射能ガレキ拡散に反対の声を上げてください。日本が滅びるかどうかが、あなたが声を上げるかどうかにかかっています。

http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=14327

houshasen-tokusohou@env.go.jp

平成23年10月17日(月)~平成23年10月26日(水)
 
 
 
 
さらに、もっと大切なことは、あなたが、今住んでいる市町村、都道府県に放射能ガレキを受け入れるなと、これこそ、直ちに、強く声を伝えてください。電話、メールだけでなく、直接押しかけて話してください。できれば、首長、できなければ担当責任者に伝えてください。放射能ガレキを拡散させ、あなたの街にガレキがくれば、あなたたちの子どもの未来も失いかねません。食べ物もまもれません。西日本が汚染されれば、東日本もさらに追い込まれます。ここの戦いはシビアです。
 
大分からのメール
「今、目の前にある豊かな自然が、もうすぐ奪われるという恐怖に苛まれながら生きています。子供たち(4歳と1歳)を守れるか、重圧がのしかかります。周りが無関心だということが、一番つらいです。」
長崎からのメール
「長崎県では、佐世保市は今の不明瞭な状況では受け入れを検討するに値しないと、長崎市では、受け入れOKと県に提出するそうです。佐世保市の方に聞きました。長崎県にも電話しましたが、市の判断に丸投げの様な姿勢でした。」
 
 僕の故郷の徳島は、担当者が、東日本のために一次産業を守らねばならないから、ガレキは受け入れないと明確に答えています。きわめて正しい。自分の故郷がこのような判断に傾いていることを僕は、誇りに思います。東北・関東の住民の健康を守るためにも、西日本各地ではガレキを受けれいれてはなりません。長崎市、北九州市など以外にも、間違って受け入れようとしている事態があるかもしれません。駄目です。絶対に駄目です。受け入れてはなりません。ここで、放射能ガレキを受け入れては、すべてが終わります。あなたの戦いが、日本を助かるかどうかの瀬戸際です。立ち上がってください。本当に終わりますよ。あなたが声をあげねば、本当に終わります。

  除染作業に期待をかけているひとがいます。愚かです。きょう、野田総理は高い汚染のある地域で、除染に立ち会うシーンがニュースに映し出されていましたが、本人も福島市の担当者も、マスクさえしていませんでした。ありえません。隣で高圧洗浄していて、放射性物質が飛び散る環境に、マスクもせずに話している総理大臣。そういう話を、若い女性記者がマスクもせずにリポートしている。この国の人々は、特に「エリート」は、どこまで、愚かなのか。信じられません。本当に嫌になる。

 高圧洗浄で、放射性物質は飛び散るだけです。土を剥いで持っていくことはできても、壁も屋根も無理です。コンクリートは一定程度は除染できますが、アスファルトはむりです。土と同じで剥ぐしかありません。

 チェルノブイリで、除染という作業に期待をもち、それにかかわっていった人々の末路は哀れです。はっきり言って死に至るだけです。放射性物質を完全に防ぐことはきわめて難しいです。こんなことは、少し調べればわかります。お前たちはどこまで馬鹿なのか、聞きただしたいです。

 できもしないことを、できるかのごとく嘘を言い続けるやつらを僕は軽蔑します。何度も言いますが、除染は、福島のみならず、かなり広範囲なエリアで無理です。首都圏のような、コンクリートの建物で、土のない場所で、かなりの予算をかけて、時間もかけて、当然その間は、住民を退避させて、それでできるのかどうかさえ、はっきりしません。できてこれが限界です。関東のほとんどのエリアも、一定以上汚染されている場所の除染は不可能です。

 僕は本当ばかばかしくて、ばかばかしくて、この国の、政府も行政もメディアも、どこまでうそ話を続けるのか、それに拘ってい続ける人々の感覚もさっぱり僕には理解できません。

 どこまで、馬鹿ですか。なぜ、除染できるという妄想を信じるのか。頭がおかしいのです。そして、その除染は、利権まみれで汚れているのです。これも間違いありません。

 僕は、闘います。あなたは、どうしますか。

 

=============================================================

三月中旬以降、原発事故の放射性物質拡散に関連し、なんらかの健康影響や異変があると思われる方は、その事象をメールで伝えてください。妊娠、出産に関わらず、医療的な中身に関わる事、会社、組織、学校など集団的におきている事を教えてください。極力メールしてください。nagaikenji20070927@yahoo.co.jp   

 

 

ある程度被曝しているエリア(首都圏も入ります)の人、特に子ども、妊婦、妊娠可能な女性は、被曝線量の低い場所に避難すべきだと僕は考えます。優先順位は「避難する」ことです。慢性的に被曝することは避けるべきですから、できる限り早く避難することをすすめます

週末の横浜関内ホール、群馬は全て満員です。専門家や医師などの参加・取材などの依頼は直接メールを。

====================================================================

放射能防御プロジェクト in 伊東
木下黄太講演会
10月21日(金)木下黄太氏を伊東に迎えます。
福島第一原発の真実。
そして伊豆、伊東が現在、放射能にどの程度汚染されているのか。
測定結果をもとに講演していただきます。
私達は自費で土壌検査、
空間放射線量を調べた結果、伊豆にも放射能汚染がある事を知りました。
ぜひ福島第一原発事故の真実を知って、真剣に考えましょう。
■日時:10月21日(金)
開場13:15  13:30開始~17:00終了予定(開場、開始時刻変更注意) 
参加ご希望の方は合わせてお申し込み下さい。
■定員:200名
■会費は基本無料ですが、メンバーが私費で運営しています、
ご理解が得られた方は是非500円程度の寄付金をお願いします。
■場所:生涯学習センターひぐらし会館3Fホール
伊東市桜木町1-1-17
参加申し込みは自由ですが、
メールでの申し込みも大歓迎です。
放射能からこどもを守る市民の会  
save.izu@gmail.com(メールアドレス訂正しました)
子供を放射線から守る事が趣旨ですので
お子様やお孫さんを守る為に是非参加お願いします

 ===========================

木下黄太講演会IN 南足柄

[日時]10月24日(月)14:00~17:00

[場所]岩原公民館(神奈川県南足柄市岩原348-1)

[人数]100名

[参加費]500円

[託児あり]子供1人100円(託児係代・保険なし)

[持ち物]座布団(床に座って頂きます。各自、座布団などをお持ち下さい。多少、イス席はご用意します。)

[アクセス]最寄り駅:大雄山線~岩原駅から徒歩5分(改札出て左側を行き、信号を渡ってまた左側に行くとピンク色の建物が見えます。)
※駐車場が少ない為、電車などをご利用下さい。

[申し込み先]電話・FAX:0465-43-5257(電話受付は17時~21時のみ)
Eメール:apricot-baby.12240615@piano.email.ne.jp

※申し込み時に、代表者名・参加人数・託児の有無・連絡先をお知らせ下さい。
=======================================

木下黄太講演会 IN  浜松

定員オーバーで会議室が変更です。

■日時:10/25(火) 開場:18:00~、開始:18:30~20:30
■会場:アクトシティ コングレスセンター53~54会議室 (最大198名)

■参加費:600円 (会場費・小学生まで無料)  ■アクトシティアクセス:http://www.actcity.jp/about/access.php

■主催:子どもの給食を守る会 浜松

http://blog.livedoor.jp/kodomohamamatsu/
■申し込み先:kodomohamamatsu@gmail.com

 

 上記メールアドレスへ、お名前・連絡先メールアドレス・参加人数をご連絡ください。
尚、小さなお子様をお連れになる予定の方は、その人数もお書きください。
会場設営のため、出来るだけ前もってのご予約をお願いします。
 
===================================================================

木下黄太講演会 IN  京都

 日時:2011年10月28日(金) 午後1時~午後3時半
 場所:京都市下京区 ひとまち交流館・大会議室
http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html
 定員:300名 (可能な方は事前に予約を。当日でもたぶん大丈夫ですが)
 料金:500円

 *小さなお子さま連れの方も、どなた様も是非お越し下さい。親子室もございます。

 主催:京都ママパパの会 
http://kodomo-kyoto.sakura.ne.jp/
 申し込み先:: kodomokyoto@gmail.com

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (166)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 来週月曜日午後、南足柄で講... | トップ | 10/29(土)沖縄に伺います。琉... »
最近の画像もっと見る

166 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
法律違反ですよね (北海道)
2011-10-19 03:11:21
安全衛生情報センター
http://gxc.google.com/gwt/x?q=%E6%94%BE%E5%B0%84%E6%80%A7%E7%89%A9%E8%B3%AA%E3%81%8C%E3%81%93%E3%81%BC%E3%82%8C%E3%81%9F%E6%99%82%E3%81%AE%E6%8E%AA%E7%BD%AE&safe=images&client=ms-kddi_blended-jp&start=1&hl=ja&inlang=ja&ei=he2bTuD6IMn9kAXHKA&ved=0CAQQFjAA&rd=1&u=http://www.jaish.gr.jp/anzen/hor/hombun/hor1-2/hor1-2-32-4-0.htm
Unknown (チーバ)
2011-10-19 03:52:21
今は西日本に避難すればいいだけのことを・・・日本に住めなくしたいのでしょうか。いまさらの除染と未だに福島近辺に人が住んでいること事態がおかしいのに。

今日ニュースを見てまたもや絶望的な気持ちにさせられました。
「10km圏内にはもう帰れないんでしょ?」と悲壮な面持ちで総理に問い詰める方に、適当に言葉を濁す総理。外で遊べるようにと無邪気にお願いする幼稚園児と対面する総理。よく子供に合わせられる顔があるもんだと、呆れました。人間の心を持った人なら、こんな場所に子供を住まわせるなんて申し訳なくて合わせる顔がありません。
そして福島産のおにぎりを食べる総理。

もう、たくさんです。
special thanks to Meglalala and Hiranuma Yuri (sorry if double post) (Michaël)
2011-10-19 06:32:23
I should apologize for the late replying. I thank you a lot for your attention to me, even though it is not that useful... I wish to be more useful for anyone there, if you need any help please tell me. In france university only starts in september so it only makes four weeks i have started japanese language and civilization. I am kinda ashamed not to be able to correspond with all of you in japanese, i wish i could be more useful with a good japanese lol
Even though i am truly sadenned by this situation, I would never imagine such horrible disaster would happen in Japan, never. I am just feeling like heartbroken for every people over there and also when i hear some testimony from old people i am also like destroyedf by sadness... Those poor old people who totally loose faith in a governement they thought would be different from what they knew from the darkest hours of japanese history.. they are betrayed by the governement who is killing their grandchildren... Those very old people who worked hardly for the come back of Japan after world war II, those honest japanese people who gave legitimate beauty back to their own country...
it's just too sad.. we are stealing what they dear the most. You know i already heard a japanese guy from Shizuoka who truly asked for forgiveness because shizuoka tea was found radioactive in France... But as i said Nation is not responsible because Nation is the lovely people of Japan like everyone on this very blog... I think i am really more ashamed by this situation because it is MY country that gave MOX fuel to Fukuichi and other power plants in Japan..
I think i am really more ashamed by this situation because it is MY country that gave MOX fuel to Fukuichi and other power plants in Japan.. This a corporation from my very own country which is playing with millions of life ony for money... We are responsible, us french and also guilty..; and i should pay back respect and honor to everyone of you... French officials should be the ones who should risk their lifes in these reactors, not the poor workers and people of Fukushima (this beautiful area...). For Hiranuma-san, don't worry i don't complain about the one who said i was a fake it makes me laugh more than anything so if this very person wants some french then no problem i can talk in french . Toi qui a tant tenu à ce que je te prouve que je sois réellement français, ma preuve la voici. Es-tu, toi qui m'a lancé un défi, capable de comprendre ce que je suis actuellement entrain d'écrire ? Comprends-tu le Français ?
全国がれき受入?とんでもない! (rienrikiriki)
2011-10-19 07:11:23
くだんの事務連絡を環境省のHPで検索しましたが出ませんでした。民間業者含む関係者には送付されていると思いますが、民間業者は各自治体に関係なく環境省に届け出るだけでいつでもどこでもどんな方法でも汚染がれきを処理できるらしいので、そのような民間業者はさぞや儲けることで。そして、日本全国どこに何があるかわからない(床下のラジウムさながらです)ので全国民が線量計を携帯しなくてはならなくなります。すごいビジネスですよ。外国企業も参入しますね。
ありがとうございます (元・名古屋市民(九州に避難))
2011-10-19 07:15:22
直接、役所などに行き担当者の方に「話す」時は表情などから感情も相手に伝わると思います。
特に体に異変がおきて避難した人なら、うまく話せなくても「怖さ」は伝わるのではないでしょうか。

当方は感受性が高いのか、こんな体の変化初めてで、引っ越し出来るか自信失うくらい怖かったですし、今も怖い。
「この市だけでなく、県まるごと、九州まるごと受け入れ拒否して欲しいです」「この市に居る人達も自分みたいに体に異変が起きたらどうするんですか、せっかく此処に逃げて来たのに追いかけてくるなんて…嫌です」と言葉を詰まらせながら子供みたいなことを言ってしまいました。

期限まで時間は少ししかありませんが、回答済みでも期限過ぎていても諦めずに撤回を求めたり、受け入れしないことが決まっていても、近隣の市町村が受け入れしていないか聞いてもらうようにしたり、反対してもらえるようにお願いしたり。

また直接役所に行けば、大抵まわりには人が居ます。話す内容がまわりの人に聞こえても良いというよりむしろ聞こえたほうが有り難いです。

この瓦礫問題については、誰かがやるだろうと何もしないのは「受け入れ容認」という意思表示になります。
周知も大事ですが、やはり声を出さねば変えようがありません。

当方は住んでる地域の瓦礫受け入れ、影響が及ぶ地域への瓦礫受け入れ、フクイチ周辺に積んで触らない触らせないという当たり前の方法以外の対策、とにかく瓦礫受け入れは怖いです。
もちろん声出しは電話やメールや署名でも。
どうかご協力お願いします。
宜しければこちらにも書かせて下さい (Unknown)
2011-10-19 07:20:51
今ご覧になっている方で、原子力の研究に携わる方がもしいらっしゃるのなら、どうかお願いします。
放射性物質を無害化する、あるいは数値を下げる研究を、早急に行って下さいませんか?良心のある方…どうかお知恵を貸して下さい!
事態は全く収束などしていないのに、研究者の方々は、相変わらず緻密なデータを集めるだけですか?
というより何故、今までそういう研究がなされて来なかったのか、一体何を研究して来られたのか?
児玉龍彦教授、あなたの言葉を借りて逆に言いたい。
これは、明らかに研究者側の怠慢です!!

このままでは世界にも顔向けできません、私達もできる限り頑張りますから、あなた方も頑張って下さい!どうかお願いします。
除染推進は… (あき。)
2011-10-19 08:08:57
除染をと呼び掛けたのは、武田邦彦氏が一番早かったと思います。
それを受けて郡山市長(お嬢さんがブログ読者)がいち早く小学校の除染を試みました。

武田氏のブログは3月下旬には読み始めました。それから間もなく、除染の話しがあったと思います。梅雨が来る前に急いで除染しましょうと、少なくとも台風の時期の前には終わらせないと、台風で拡散されるから…

私は除染で放射性物質が拭えるのなら、各自治体で頑張れば良いのにと思っていました。
講演会でも除染を訴えられたのを動画でも見ていました。
たくさんの被災者がそれを信じ、各自治体へ除染をお願いしたり、PTA自ら除染を頑張っていました。
除染という行為自体、初めて聞く方法だったのですが、本当にそれで国土が守れるなら国をあげてすれば良いなと思っていました。
みんな、すがるような気持ちで除染に期待したのです。
でも除染した土の廃棄場はなく、グラウンドの隅に山積みし、シートを掛ける…
グラウンドや我が家や庭だけを除染しても、周りの山、森、張り巡らされた道路、全てを人力で除染は不可能です。

武田氏の父親的眼差しや思いは今でも好きですが、除染をする人達の体への影響は大きいのでは?と感じていました。

木下さんのおっしゃる通り、除染行為はあまりにも人体への影響も大きく、どこまで綺麗になるのかも疑問です。
剥がしたところの線量は確かに下がりますが、流したのであれば、移動するだけですものね。

やはり福島の方を他の土地へ国が責任持って移動させていただき、大きな廃棄場ダムを作り、一箇所に全ての瓦礫、汚染物を集めて封じ込めるしか、より多くの人や土地を守るには仕方のないことだと思います。
本当に福島の方には申し訳ありませんが、新天地で健康的な生活を始められるよう、そのことに国は誠意を込め、力を注いで欲しいと思います。
学校給食に古米を (練馬悩める母)
2011-10-19 08:18:08
いつも貴重な情報ありがとうございます。がれきのことではありませんが、どこに書くのがいいかわからず失礼します。練馬区では、学校給食に福島産のお米が使われていて、22年度産が近いうちに底をつくので、23年度産の福島産の新米を学校給食で子どもに食べさせようという話がでています。「心配だ」という声を区にいっているのですが、「他に大量なお米を仕入れる見通しがない」とかで「検討中」という返事が続いていて、今週中にも決まってしまいそうです。
国には備蓄米があるとききます。その備蓄米を子どもの給食に使うようにしてもらうことはできないのでしょうか?そして福島産の新米を国がかいあげて、備蓄米に回すことはできないのでしょうか?どこへ声をあげたらいいのか、何かわかりましたら教えてください。
情報、拡散してます。 (tea)
2011-10-19 08:24:43
日本はいかなる方法をとっても関西以西の土地を死守しなくてはなりません。瓦礫が全国にばらまかれた日には日本人全員が被曝するだけでなく頼みの綱の関西以西の農作物の輸出など壊滅的な打撃を受けます。一体、政府の人間は本当に頭が狂っているのか、何者かに洗脳されているのか、全く理解できません。

環境庁へのパブリックコメント、世界規模の署名運動、時間が許す限り家族友人拡散してます。皆さん、頑張りましょう!
箱根 (Unknown)
2011-10-19 08:29:52

私は箱根が大好きで 年に数回 遊びに行ってました。 その箱根町が瓦礫受け入れ自治体のリストに載っていたのでビックリして 箱根町役場に問い合わせました。

「汚染瓦礫を受け入れる予定はない」(ホッ!)
「国 県で汚染なしと確認された瓦礫のみ受け入れ」(ガックリ↓)

「箱根町が瓦礫を受け入れるのかどうか お正月の予約をする前に公表してほしい」と言っておきました。 わざわざ お金を使って被曝しに行く観光客はいません。
事故直後の あの閑散とした状態に戻りたいのか 箱根町!

よく行く観光地に観光客の意見を伝えることも大事です。特に観光しか産業がない町にとっては死活問題のはずですから。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事