「木下黄太のブログ」 ジャーナリストで著述家、木下黄太のブログです。

「放射能」「被曝」「原発」、日本のリアル状況確認と僕の思索を書き留めるブログ。
重要なことはメルマガで展開します。

お米の産地偽装話。土を深く掘り下げ、土壌調査を過小な結果にする話などが続々が出る集会。

2011-08-28 10:53:03 | 福島第一原発と放射能

 来週日曜日に急遽、関西、京都で対話ミーティングを行います。僕は前日夜福岡泊、この時間に間に合うように京都へ向かいます。

「木下黄太:放射能防御の対話ミーティング京都」

 9/4(日)午後六時受付開始。午後六時十五分スタート予定。午後九時すぎ終了予定。参加費五百円。当日直接会場においで下さい。九十人程度は、入ります。申し込み不要。直接おいで下さい。

 「 ひと・まち交流館 京都」 第五会議室
京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1 (河原町五条下る東側)
 

 きのう中部の対話集会で、まず一番に話が出たのは、個別の土壌調査に関して、数値を過小にするため、あるテクニックが横行していると言う話です。農家に多いと聞きました。単純な話です。表層や五センチ程度の深さの土を掘って検体とするのでなく、十五センチ掘って、その土を検査し、セシウムの量を調べるという作業です。セシウムは土の中に深く入り込んでは、なかなか行きませんから、五センチまでの含有量と、十五センチ以下の含有量は明確に違います。十倍以上の開きがでても何にもおかしくない。低い数字を出して、「このくらいなら、よかった。よかった。」という話をしているそうです。幼稚園などを自治体が調査するときも、同じような手口を行うところもあるそうです。これは、自治体がしれっとやっている。

 ぼくらがおこなった土壌調査を、故意に高いところを出したというありえない話をでっち上げる人がほんの少数いましたが(これはさすがに少ない)、そんなことをお金を使ってわざわざする話は普通はありません。人は、一般的には自分に都合の悪い事は、少なくみせかけたいものです。僕らのグループは、極力そのままの数字を出す事を目的としているだけで、採取方法について事実確認もせず、会見の説明内容も確認せず、勝手な誹謗中傷を続けているのは、かなりおかしいと思います。でっち上げる人々が、批判もしない、数多くの土壌の調査が実態として、みかけの数字を少なくするために、こういう方法を採用している事。特に、農家や公的な機関がみせかけの安心材料を作りたいためにおこなっている現実。こういうことに思いも至らないと思います。

 米の偽装というのも、具体的な話が出ました。福島の農家では、昔から、新潟産として米を一定程度出荷するという話は、この原発事故に関係なく、横行していた手口だそうです。米の本当のレベルは高くても、売れるのは、新潟の方なので、恒常的な手口としてあったということです。ところが、今回の事故の影響で加速しているようで「生きてゆくためには仕方ない」として、今までおこなっていた産地偽装をさらにやると話している農家があるそうです。私は例外とは思いません。これは、以前、福島の農家で新潟の新品の米袋が大量におかれていたのを目撃して、衝撃を受けた話とも重なります。

 米の検査で話題となったのは、検出限界がきちんとしているのかと言う話です、さらに機械としての定量下限値との関連を考慮しているのかも話に出ました。機械としての不確かさがどうしても出てくる定量下限値と検出限界を正確に判断して報告があがっているのか、精米したもの、玄米、籾殻など詳しく報告をあげようとしない現実があるのではないのかという懸念も大きいです。

 チェルノブイリの時に北海道でも、牛乳の汚染がかなりあったと聞きましたが、結局ふれなくて嵐が過ぎれば、そのままにしようとしたのが、当時の大半の生産者団体の対応だったと聞きました。今回も、恐らく同様の事が、東日本全域で行われていると僕は思っています。それをすると壊滅するのは食べる日本人全体になります。そうした行為に加担することは、一生、罪を背負う事になります。人として許される話ではありません。こうしたことを、公共団体や生産者におこなわさせないように、監視をするしかないと思います。徹底して排除しようとしたドイツのレベルの高さに学ぶべきです。徹底して排除した西ドイツのセシウム合算は蓄積で平均90Bq/kgです。関東や南東北の平均が、このレベルのいったいどのくらい上回るのかわかりません。東京でさえ、460Bq/kgです。東日本は追い込まれています。

個別土壌調査情報

神奈川県相模原市の施設の庭  セシウム合算694.6Bq/kg  セシウム134  329.7bq/kg
                                                     セシウム137  364.9bq/kg

相模原市内の数軒の住宅の雨水が溜まっている場所 セシウム合算7834.1Bq/kg  

                                 セシウム134  3676.8bq/kg
                                                             セシウム137  4157.3bq/kg



ジャンル:
ウェブログ
コメント (50)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 埼玉・三郷近辺で、会社で大... | トップ | 今、つくばの幼稚園でふつう... »
最近の画像もっと見る

50 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
測定値操作 (Unknown)
2011-08-28 12:47:43
かなり前にテレビでも見た記憶があります。

農家の方が「土壌を検査しに来る役人は、敷地内で何ヶ所も測定して、一番低い値を選んで記録しては安全だ と言っている」と不信感を露わにしていました。

発表される環境放射能測定値 (いわき市)
2011-08-28 12:53:10
県・市町村で発表されている環境放射能測定値に疑問を持つようになりました。

いわき市在住ですが、同地点で県と市町村がそれぞれ測定値を発表しています。
県は連日0・18~0・20マイクロシーベルトで市町村は0・14~0・18マイクロシーベルト程でしょうか。

最近、私どももガイガーカウンターを購入し(1~2ヶ月前から気持ちが悪くなったり、のぼせ感が頻繁になったので、ホットスポットが気になりまして)測定始めました。
機種はSOEKS-01M 確かに自宅周辺では0・05前後高いようです。場所を変えると下がりますので。
しかし、同地点でもその日の天気や時間帯でかなり変動あるようです。しかも、変動が割と大きいのです。高い時には0・5マイクロシーベルト程で経過します。発表の値の倍以上です。まだまだ放射能の値は安定していないようです。
なのに発表の値は常に低い値。変動があまり無い。日に数度の測定値が変動無さすぎのように感じるようになりました。
やはり、高い値を発表すると意識する市民が増え、困るからでしょうか。
今まで見てきた市町村の測定値が信用出来なくなり、浴びてきた放射線量を変えると怖くなります。
貴重な情報いつもありがとうございます。 (ここ)
2011-08-28 13:13:53
木下さん。お忙しい所申し訳ありません。新首相が原発推進派に決まろうとしています。馬渕議院は、菅さんが脱を公言する前から考えていらっしゃいました。民主党本部にメールしていますが、電話は繋がりません…。木下さんと共に心一つにされる方々のお力お借りすることはできないでしょうか…m(__)m。

共産党以外の議院は原発に汚染されています。今の政権のかつて耐震偽造追究した馬渕議院さんを支持する声を民主党に伝えたく、メールさせて頂きました。よろしくお願いいたします。
Unknown (yaeko)
2011-08-28 13:46:27
先日5ヶ月ぶりに那須塩原に帰りました。詳しい知人に(事故前から土壌調査の仕事をしていた人です)庭の線量を測ってもらったところ1,3~1,7マイクロシーベルとのことでした。何人かの友人は専門機関に手作りの野菜を調べてもらったところほとんど不検出で喜んでいました。地面の線量がこんなに高いのでどうして?、疑問に思って知人に聞いたところ、今の時点では堅い土のところでは3センチ、軟らかいところで5センチぐらい(土も5センチ、10センチと掘って調べているそうです)
来年は15センチ位もぐるので問題が深刻になるのは来年からと言っていました。
京都に避難していますので4日にはぜひ参加したいと思っています
トルコの村でチェルノブイリ事故翌年生れた17人全員白血病死 (れい)
2011-08-28 15:15:08
「チェルノブイリ原発事故による欧州放射能汚染図にトルコの記載はないが、隠れたホットスポットが存在していた。
原発から1300km離れたトルコ北東部にあるラズ語を使う地域リゼ県メカーレスキリット村では、事故翌年の1987年に生まれた17人の子供全員が90年代後半に白血病でなくなったそうで、その中には小島氏の膝の上で遊んでいた子供もいた。
また同村を含め黒海沿岸で2000年以降、癌患者の発生率が以前の10倍以上に増えたとの記事もあった。」

http://sakuradorf.dtiblog.com/blog-entry-148.html

まだ見てない人のために (Unknown)
2011-08-28 15:46:21
これを見ると、まだ隠している事実多そうです。
元東電社員が語る福島原発の真実その1
http://www.youtube.com/watch?v=1AZL_geylCc&feature=related
試練でしょうか (Unknown)
2011-08-28 16:24:11
追い込まれていますね。東日本だけでなく日本全体が、これからも更に追い込まれていくのでしょう。
どんどん歪んでいくのでしょう。歪みは反発を招きます。歪みが大きいほど反発もまた大きい。
そして、歪みが限界に達した時、八方塞になった時、何かが起こるのでしょう。
まるで、地震のように。
米の偽装の話 (緑太)
2011-08-28 16:40:05
あり得ることかもしれないけど、一部じゃないのか?デマばかり拡散して、何がしたいんだ?何様だ?
新潟は今後、米の収穫高は落ちます。
セシウム合算は蓄積 (KAT)
2011-08-28 17:31:14
セシウム合算は蓄積

これ現在の人間に溜まってる蓄積値の事ですよね?
プライド (たまゆら)
2011-08-28 17:51:49
最近、行きつけお店のオーナーさんから聞いた話。
このオーナーさんのご実家が、南の島の農家で、ゴマやらサトウキビなんかを栽培している。
その方のご実家からの情報ですが、島内の一部の農家が、中国産のゴマをわざわざ仕入れて、畑で採れたゴマに混ぜて国産ゴマとして流通させているという。
国産ゴマは高いから、利益でまくりですね。

放射能とは直接関係のない小さい話ですが、日本人のモラルなんてそんなもんなんやなとショックを受けた話です。

お金のためには、モラルも良心もプライドもあったもんじゃない。
生活のためだったら、放射能米を流通させてもオッケーな輩が、一部にいても不思議はないです。

うちは信頼できる友達からお米を直送してもらっているので、安心していますが、お米は姿かたちを変えて出回るので、気をつけないといけません。

お米も野菜も農家から直で買えるので、今後はそういう流通方法をもっと取り入れていくべきだと思います。
お互いの顔が見えてたら、農家の方もプライドを持って農業できるのではないか、そう思います。
生産者と消費者がもっとつながっていれば、困ったときはお互い様で助け合うこともできるのです。
今は、放射能から身を守ることが一番ですが、今後の流通のあり方も考えていかないと、根本は何も変わらないのではと思っています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事