「木下黄太のブログ」 ジャーナリストで著述家、木下黄太のブログ。

日本と世界のリアル状況確認と僕の思索を書き留めるブログ。
重要なことはメルマガで展開していますので、ご購読下さい。

なぜ、あなたは東京にいるのですか?

2011-06-16 08:56:41 | 福島第一原発と放射能

 僕の中ではっきりと思っているのは、関東圏でもある程度健康被害が出はじめているのではないかというおそれが強まっているという事です。この懸念を書くことが、嫌というなら、正直、僕の危機感とあなたの危機感は違うという事です。僕は、一人でも多くの人が、健康被害を極力少なくなるように希望しています。だから、書いているだけです。このことについて、名前を明かして、この危機を伝える専門家はほぼいません。個別には情報提供する人もいますが、全体像が読めない中で、あいまいな言説に終始するしかありません。だから、僕は踏み込んで話しています。チェルノブイリの時に、数百キロ離れたベラルーシでおきた事柄を確認し、当時、ポーランドやドイツでどのくらい内部被曝を恐れて、対策がなされたのかを確認すると、この程度の懸念は自然な話です。なんで、何もおきないという想定をつづけようとするのか理解できません。

 健康被害を極力少なくするためには、より被曝する可能性が少ない地域に移動するしかありません。避難するしかありません。避難しても、食べ物、飲み物に気をつけるしかない。そのエリアの外部線量も事前に確認するしかありません。自分の進むべき場所の安全性を確認する作業は必要です。ガレキを燃やす事に西日本で反対の声がおきていることもポイントです。「人はうけいれるけどガレキは受け入れない」というスタンスだと思います。

 最近、僕に直接連絡を取る人たちの大半は、実は避難する事は決めている人が多くて、その人たちの一番の質問は「どこに逃げれば安全か」という問いかけに変わってきました。どこまで逃げれば安全なのかの確認、そして「本当に安全な場所は海外しかない」という最終見解を持ちながらも、落ち着き場所を探している様子です。少しでも安心して暮らしたいという強い願望はよくわかりますし、女性がその思いを強くもっているのは、とても理解できる話です

 僕は、本音で、東京にとどまっている人が、どうして、そのままとどまることを選択するのか、僕にはわからなくなっています。いろんなことがありますが、「なぜ、あなたは東京にいるのです。」と尋ねたい衝動に駆られています。

コメント (208)   この記事についてブログを書く
« 自分の身体の健康を確かめる... | トップ | ホールボディカウンターでス... »
最近の画像もっと見る

208 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2011-06-16 09:42:13
最近やたら放射能恐怖病を煽って、日本の国力を削ごうとする勢力(工作員)がいるらしい。

海外に逃げるのは構わんが周りを巻き込まないで欲しいわ。

木下さん、なんか最近信仰宗教みたいになってますよ。ジャーナリストなんだからちゃんと裏とって下さい。体調不良の人達を集めて医者立ち会いのもと内部被曝量測るとかね。
Unknown (千葉田舎(18歳))
2011-06-16 09:43:30
木下さん。わからないはいくらなんでも暴論だとは思いませんか?私は移住した方がいいとは、もちろん思っています。受け入れ先があるという情報も聞いています。しかし、移住には踏み切れないのです。なぜなら、そこには金、職、(うちは九人家族なのですが)住居、そして心の問題などがあるのです。移住の決断はわかってはいると思いますが、とても重いものです。特に低放射線量の地域なら尚更です。正に未知の世界ですから。

もちろん言った通り移住の意見には賛成です。ですが、ここ最近の記事の、他者の意見を取り入れない(と見えます)態度には遺憾です。情報の発信者は、他者の生き方、情報も受け入れ、その中でまた新たな可能性も見出だしていくべきではないでしょうか。18歳の若造が失礼でしたが、人間はわかりあうことができます。そして人間の意思は不可侵であり、最終的には自分で決めるしかないのです。それがどんな判断であれ、"わからない"などは言語道断です。ではこれからも有益な情報をお願いします。あなたの活動を心より応援しております。社会とは誰かが変わらなければ動かないのだから。
人の気持ちがわからない人ですね (都民幼児の母)
2011-06-16 09:46:37
なぜ福島に住むのかと同じです。原発事故がなければ穏やかに過ごしていました。子供を産み育て日々を生きていました。
正確な汚染状況と被爆の影響を知りたい。気をつければ生活出来るのであればしたい。そう思う人がいても自然だと思います。
東京在住ですが (さらさ)
2011-06-16 09:51:46
いまの東京の線量ですぐに仕事をほうりだして待避できるのは西につてがあるかお金に余裕がある方だけだと思います。
そうした条件なしで逃げられた方の決断はほんとにすごいことです。
アパートかりて家族で移住するにしてもその先の生活の糧を得るすべなんてほんとにあるのかわからない。
逃げるにしろ、とどまるにしろとんでもないリスクをおうことになる…
3月11日前に戻りたいです。逃げられるなら逃げたい。東京こわくてたまらない。
まだ小さな子供の笑顔みながら毎日不安で泣いてます。
だけどすぐに行く先がないから情報を集めてなんとかまだいられるだろうと考えてふみとどまってるだけです。いまのところ体に異変はないですが、精神的に限界ちかいです。
ほんとに危険と判断したらなにがなんでも逃げますけどね。
っていうか、
もっと前向きにこの 問題に取り組むための記事をいつかよみたいです。
最初の頃のあの鋭い記事。とってもすごいなと思ってました。
ちゃんと伝わっています。 (心に太陽を持て)
2011-06-16 09:54:15

木下さんの熱意はちゃんと伝わっていますから大丈夫です。

あとは今までの貴重な情報、警鐘を生かすも殺すも、各自がしっかり判断するだけの事です。
15日の午前、枝野官房長官が、“4号基、火災により水素爆発しました”と記者会見があっただけで、その後結局今朝まで新聞もテレビもその事は触れていません。

今は、自らアンテナを張り巡らさない限り、こんな大切な情報も入ってこない世の中なんです。

今も変わらずに日々の生活を送っている方達は、過去の安穏とした生活を忘れられないのでしょう。

私は後々、後悔をしないように今行動するだけです。


Unknown (Unknown)
2011-06-16 09:55:40
大きくわけると3つの層があると思います。
1.既に避難、移住した人。これからしようとしている人
2.避難したいが、金銭的に無理、仕事があって無理、家族の理解を得られない、持ち家を買ってしまった。。。など、の理由がある人
3、まったく危険性、避難の必要性を感じない人

やっかいなのは、「2」の人達であり、大多数を占めるのではないのでしょうか。(わたしも「2」です。)

仕事をやめる、持ち家を諦める、などは、ある程度マインドで解決できるところもあると思いますが、

お金がない、家族の理解を得られない(=自分ひとりでは解決しない)というのはなかなか難しい問題だと思いますし、このあたりのことを解決するために、情報交換をしたいと思っています。
初めまして (埼玉の二児の母)
2011-06-16 10:00:57
いつもとても参考にさせてもらってます。
私は現在埼玉ですが、
埼玉からも移住した方がいいのでしょうか。
爆発後は関西や四国、沖縄と避難して来ましたが…やはり金銭面で限界があり、現在は埼玉にとどまっています。
上の子が来年幼稚園の予定でしたが、汚染野菜や土壌汚染から避けるため、入園を止めました。
どんなに対策をしても、埼玉も東京並みに危険地域なのでしょうか。。日々悩んでおります。
東京にいる理由 (51歳東京在住)
2011-06-16 10:14:44
理由の第一は妻が逃げないからです。
うちは外国に友人も多いし夫婦ともに1年以上の外国生活経験があるので、海外避難は難しくないです。子供もいないし、若くないから、今さら冒険はしないということです。

海外に出ても仕事が見付からなければ周囲に迷惑かかるし。

あと、兄弟や高齢の両親が避難しようとしないのも、我々がまだ逃げない理由です。

木下さんが先日の講演会でおっしゃっていたように4号機がヤバくなり、東京を捨てなければならなくなった時にまた考えます。自分も持病があり、大きな環境の変化に着いて行かれない可能性もあるので、今は東京にいます。
日本人気質 (ジジ)
2011-06-16 10:16:41
埼玉県所沢市在住者

まずはじめに、いつも、ありがとう御座います。
体調に気をつけて下さいね、少し心配です。


東京では無いのですが、現状は避難はしないでいきます。

内心は非常に心配なのですが、日本には何処にも安心出来る場所が見当たらないと言うのと、生まれ育った関東からは離れがたいと言う思いも有ります。
幸いに私の場合、決して若いとは言えない年齢なので影響は少ないと感じています。

しかし、まだ1歳の孫の事は大変気になり色々と調べもするし気も配っていますが、相手が見えないと言うのが厄介で、知識を得ても対処法が逃げるしか思いつきません。


日本を捨て海外にが正しい選択なのですが、例えそれが滅びの道でも日本にいて日本人で居続けたいと思ってしまいます。

ただ、どうか可愛い孫が悪い方の数%にならない事を祈っています。
祈って救われるとは思えないのでジジは頑張る訳です。
最悪の時にもっと最悪の事を考える (TU)
2011-06-16 10:37:06
木下さんのおっしゃる事はとても過激に聞こえ、とても信じられないと思われる方も多いと思います。

私は早々に福岡に移住をした者ですが、木下さんは常に最悪の考えをブログで語ってくださる貴重な存在です。

このチェルノプイリに匹敵する、あるいはもっと酷いことにもなり得る最悪の事故の中、さらに最悪の事を考えて行動するのは至極当然なことです。

私も本当の最悪を考えて福岡まで来ましたが、さらに最悪のことも考えています。そうすると九州も安泰ではないということになりますが。

悩んでいるくらいなら面倒なので行動を起こした方が良い、と思う性格なのでそうしましたが、なかなか仕事がある方は動けないというのが現状のようです。

そういう方はどうか、今だけでも妻・子供だけでも逃がしてあげてください。
全預金を使ってでも、今はそうするべきです。

何も起こらなければ後で笑えるのですから。
事が起こって病気にでもなったら決して笑えませんよ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事