「木下黄太のブログ」 ジャーナリストで著述家、木下黄太のブログ。

日本と世界のリアル状況確認と僕の思索を書き留めるブログ。
重要なことはメルマガで展開していますので、ご購読下さい。

茨城から沖縄に避難した十五歳の高校一年女子生徒が恩師にあてた手紙。

2011-12-17 19:37:29 | 福島第一原発と放射能

================================================== 

  お元気ですか?私たちは沖縄に移住し、 父、 妹は茨城に残っています。

 私は確実に被爆をしています。症状がかなりでています。主に甲状腺が腫れたり、鼻血  じんましん 免疫力低下などです。          

 自分でもびっくりするくらい体に異常が起きていて、あのまま茨城にいたら、近い将来 死んでいたかもと  沖縄の医師に言われました。 

  先生方は  公務員ですから、動けないことも、放射能について生徒に教えることができないのもよく分かっています。 様々な情報から真実を知った時、すごく苦しみました。もうすでに何人の人が死んでいるのか、ご存知ですか?私たちの世代が、あと10年後、それよりも早くごっそりいなくなると言われています。     

 茨城にいる友達が心配で仕方ありません。ネットを通して、みんなに情報を流していますが、 今がよければいい  どうせ子供産めないから、うちの親は公務員だから動けないなど将来に対して後ろ向きな考えばかりです。仕方ありません。高校生が事実を知っても、親に言えず、不安な毎日を過ごすばかりです。だから  その親に一番  放射能の怖さを伝えられるのは教師だと思いませんか? そのためにリスクはかなりあるかもしれません。それでも子供たちは 大人の宝物ではありませんか?今の子供たちを守れるのは大人しかいません。 残念ながら、国は子供の命より経済をとってしまいました。もし、将来  がんが増えて、国に  あの時の放射能が原因だと  訴えても  因果関係なしといわれるでしょう。 原発が爆発したときの「 ただちに影響はない」、 ただちにですよ!将来はどうなのかです。                                                                            

  もし、今までどおり普通に暮らしていれば、将来苦しむことは、はっきりわかっています。 私は今がよければいいなんて絶対に思いません。今  なんてどこでもできます。今いる場所によって将来が大きく変わるのです。私はこちらにきてよかったと本当に思います。 ですが、一番気掛かりは  茨城  関東  東北にいる子供たちの未来。本当に怖いです。誰も悪くありません。誰も責められません。 しいていうなら、国と東電。私たちは皆  被害者です。だからこそ、自分の命は自分で、子供の命は親で  守らなければいけないと思います。                                                                        

   先生  どうか放射能について真実を調べてください。どうかそれを  たくさんの人に教えてあげてください。大事な生徒を守ってください。 そこからは、それぞれが決めることです。                                                                       茨城での食生活  空気感染に十分お気をつけてください。ありがとうございました。    

=============================================

  茨城県より9月に沖縄に移住した 高校一年の女子生徒さんの手紙です。 4月より自転車通学で水戸へ登校。往復で五キロ以上、 雨が降っても、傘ささないで半年近く通いました。体調不良が多くなり、大量鼻水  や鼻血、鼻血は1日に、二回から三回ふつうに出始め、首が腫れてのどが痛み、顔にむくみ、胸の上と腕に赤い大きな発疹も出ているそうです。

 ネットを通して、茨城の同世代のみんなに呼びかけているそうですが、そちらから返ってくる答えが「のどが痛い」「鼻血が突然出る」「体が前より疲れやすくなっていてだるい」という体調不良を訴える友達が多くなっているそうです。漠然とした不安を抱えている女の子たちが多いそうで、あきらめにも似た気持ちを彼女へ吐露してくることも多いといいます。

 若い世代の女の子たちの中で、リアルにこうしたやり取りがされていることを知ると、この社会のあり方はどうすべきなのかと思います。

 闘っていくしかないと、僕は思っています。

==============================================

 
   緊急講演会決定『木下黄太 in  静岡・島田』   
      ~放射能とガレキ問題を考えます~
12月20日(火)  午後6時開始 (5時45分開場)
                  静岡県島田市地域交流センター ぽぽろ 託児室あり
                  参加費五百円
                  座席確保のため、予約を! rpshimada@gmail.com
 
当初週明けの月曜開催予定が、火曜に変更になりました。ご注意ください。
島田市のガレキ受け入れ表明について、静岡県民の方たちから緊急要請されて、急遽開催いたします。

================================================

 

クリスマスも話を致します。江東区は都内でも汚染の厳しいエリアです。

「12/25  木下黄太講演会in江東区豊洲-福島第一原発事故後の今」

日時 12月25日(日)
開場  9時30分 
開演 10時~12時(質疑応答含む)
場所 江東区 豊洲文化センター B1レクホール 定員150名
地下鉄有楽町線豊洲駅
東京臨海新交通ゆりかもめ豊洲駅 
徒歩一分

豊洲文化センター専用の駐車場はありません。
近くにある「スーパービバホー厶豊洲店」、「ららぽーと豊洲」の駐車場がご利用できますが、なるべく電車でお越しになることをお勧めします。

参加費:500円
※託児はご用意できませんが、お子様連れでの参加もお待ちしております。
お子様連れで予約をする場合は、何席必要かを書いて下さい。
一席ごとに参加費は必要になります。
よろしくお願いします。


主催:江東区辰巳「放射能と生活を考える会」
寒河江(さがえ)

ご予約(お名前、住所、電話番号、参加人数を記入)、お問い合わせはメールにてお願いします
hskk2011@yahoo.co.jp

当日、スタッフが不足しておりますので、9時からの椅子出しをお手伝いしてくださる方がいらっしゃれば、ぜひご協力お願いします。

===============================================

 志木市の講演会は明日。定員まで残り数席だそうです。

 

吉川

 

「木下黄太講演会 in 埼玉県志木市 福島第一原発事故後の今」
 
日時 12月18日(日)
時間 18時15分~20時15分(質疑応答含む)
場所 しきふれあいプラザ(丸井ファミリーフォーシーズン志木8F)
 

埼玉・志木市の講演会で、保育料金に訂正があり、下記の連絡がきました。
 
私たちは営利目的は一切なくボランティアで動いております。
負担の少ないようにお一人100円とお伝えしました。計算しましたら足りませんでした。

 大変申し訳ありませんが保育お願いする場合お子様お一人につき500円になります。

 

内訳

あいおい日生同和損害保険 東京南支店保育保険一人100円 
保育士にお支払う費用 お部屋代 お子様飲み物と軽いお菓子・紙コップ・シール等の雑費。

 こちらの内容にご理解頂いた上で保育申し込みお願い致します。

尚保育希望される方は17時30分から受付できます。
開始時間が遅れないように遅くても18時前にはお越し下さい。
 
==================================================
 

 

コメント (51)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 新しい国を造る覚悟をもって... | トップ | ガレキ処理を止めたい!!鹿... »
最新の画像もっと見る

51 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
内部被爆 (すぐに国会で)
2011-12-17 19:50:38
この高校生からの手紙を、すぐに国会、市議会、県議会すべてで読み上げるべきだと思います!

原発事故以前にテレビ報道ですが、長崎大学が六十年後も体内で内部被爆がされているのを画像でとらえました!
原爆による被爆と、原発による被爆はまったく同じ種類のものだと思いました。

このビデオをYouTubeでチェックしてください。これがしょうこになると思いました。

http://www.youtube.com/watch?v=pUU0I74UNp0&feature=youtube_gdata_player

政府よ、東電よ、これからの世代の絶望を知れ! (M)
2011-12-17 20:07:09
あの日インド人の同僚は「雨には絶対に濡れないように、できるだけ室内にいて」と言って国に帰っていきました。
韓国人からは「お願いだから早く東京から逃げて」というメールを貰いました。他の国の人は知っていたのです。福島第一の危機的状況を。

日本人だけが知らされなかったのです。

私達は永遠に忘れてはいけません、あの日私達がどのように被爆させられたのかを。
私達は日本の子供全てに責任があります。 (PUNCH(横浜市))
2011-12-17 20:12:53
木下さん、こんばんは。

こちらには初めて投稿させて頂きます。
15歳の少女の心の叫びをご紹介頂き
誠に有難うございます。

少女が被爆者として自分が出来る限りの事で
被爆の恐ろしさを訴えかけている真摯な姿を
私達は傍観していてはいけない。

全ての日本人の成人男女は
日本の全ての子供達へ責任が有る。

原発事故で露呈した社会の歪み、
未成熟な大人社会、平和ボケ、多勢に無勢等、

我々が社会を担っているにも関わらず、
他人事のように傍観してきた事は
大きな大罪です。

この少女の心の叫びは首都圏も含め、
全ての日本の子供達の心の叫びです。

私達大人は、全く新しい互助共存社会を
早急に作らなければなりません。

それが私達の責任です。

責任を果たす『覚悟』が必要です。

自分自身の行動・言動に責任を伴わない
人達は何を言っても机上の空論に過ぎない。

自分の頭で考え『今すべきこと』にフォーカス
して行けば、自ずと自分が選択すべき道が
分かってきます。

子供達が嘆き苦しんでいる事実を受け止め、
我々が大罪をこれ以上重ねぬよう、
自分を戒め日々『覚悟』を持って
生きて参りましょう。

依頼心を人に託してはならない。
傍観者になっていはいけません。
Unknown (rie)
2011-12-17 20:16:46
ガレキではなく人を受け入れたい。
皆で手紙を拡散しましょう (ファニー)
2011-12-17 20:53:20
15歳の少女といえば、本来は箸が転がっても笑っているはずの年頃です。。。何故彼女達が日本国から「被曝」させられ、将来の健康や夢を奪われなければいけないのか。。。強い怒りを感じます。

最初のコメントの方がおっしゃっているように、この手紙を広く知らしめるべきだと思います。私もとりあえず知り合いに読んでもらいます。皆さん、10人の友人・知人に読んでもらいましょう。その中には気づいてくれる人もきっといるはず。とりあえず「私達にすぐ出来ること」です。
子供の叫びを見逃してはいけない (marimo)
2011-12-17 20:54:01
彼女の叫びを聞き逃してはいけない。見てみぬふりや聞いてないふりをしてはいけない。今、生きている命の火を消してはいけない。今、子供たちの為に、未来のために、大人が立ち上がらなければいけない。何もしなければ、何も変わらない。大人には、子供たちの未来を消す権利はない。それよりも、子供たちの未来を守る義務がある。
大阪市民 (瓦礫受入れの兵庫県三田市の笠谷圭司 住民の反対意見関係ないっす)
2011-12-17 21:07:12
兵庫県三田市で放射能瓦礫を受け入れようとしてる自民党の笠谷圭司という市会議員が、
ツイッターで信じられない発言をして、
猛抗議を受けています!!

市民:何で市民の意思は関係ないんですか?

笠谷圭司: 受け入れ反対の方々の主張の根拠もわかります。わかりますけど同じ日本人として今やるべきことのひとつが瓦礫の受け入れだと私は思っています。三田市民の半分以上を敵に回すことになるかもしれませんけどそんなの関係ないっす

笠谷圭司: 三田市議 自由民主党 笠谷圭司
瓦礫処理で猛バッシングなう。基準値以下の瓦礫は焼却して、環境省の指示通りの適正な処理を施せば問題ありません。私は感情論で言っていません。データに基づいて言っています。全国が協力してやるべきです。被災地のためにも、これからも主張し続けますよ。


または「笠谷圭司」「ツイッター」で検索すれば出てくるでしょう。

瓦礫利権の金が欲しいくせに「被災地のため」とか、佐賀の武雄市長もだったけどウソつきで反吐が出そうです!!

もう東北の被災地はもの凄い放射能汚染で人間が住んではいけない所です。

復興なんてありえない!早く避難させないとバタバタ倒れるのを待つだけ。

瓦礫も動かしては行けないのは、旧ソビエトが全てを放棄してチェルノブイリを離れた事で人類は経験済み!

瓦礫の金にたかるハイエナが、次々に現れて本当に腹が立つ!!
本当に酷すぎる! (るる)
2011-12-17 21:22:54
木下様、この高校生の手記を読み胸が苦しくなりました。
悔しい、悲しい、こんな無垢な命を危険にさらし平気な顔をしている政府を許せません。

私なりの闘い方、、、などと偉そうな事を申し上げましたが、やはりいくさには戦略が必要だと思います。

私は急速に明日にでも改善しなくてはいけない問題の一つは、瓦礫焼却による放射線汚染拡大を阻止する事だと思っています。
もちろん、木下様のおっしゃる新しい国を造る為の戦いには私も多いに賛同したいのですが、物理的に戦地にいけない私からの戦略報告と致しまして、先ずは体内被爆の拡大を防ぐ事が第一だと考えています。
そうでなければ、闘う気力体力ともに消耗しきってしまいます。(どなたかが食事療法によって、体内汚染を最小限にとどめる事ができるとおっしゃっていましたが、その意見に私も賛成です。)

今私がフォーカスしている事は、真実の情報拡散を海外マスメディア、その他団体にすることです。

礫焼却から放出される放射線汚染被害が如何に自国にも被害を被り不利益を生じるかという事が分かれば、この様な日本の横暴政治を黙認しておくはずが無いと思います。

前回、国際法のコメントを載せましたが、その詳細を後にお伝えしようと思います。参考にしていただければ幸いです。




初めて書きます (まるやん)
2011-12-17 21:23:17
はじめまして。
犬の毛をカットしてるトリマーです。
トリマー歴約20年。
イヌ猫たちも健康被害出てます。
私の大事な愛犬も副腎が消滅する難病、あじそん
になり、お客様の犬たちもがんが多発。
そして犬の原因不明の死。
私は被爆だといっています。
この影響が出てるのは北陸東海のほうです。
こちらの地域でさえこれだけの動物たちの
被害が出ています。
私は動物は人より早く出ると思っています。
小さい子たちももうすぐ出てくると思います。
ペットとはいえかなりかわいそうです。
ドッグフードやおやつは汚染材料まみれです。

私は、日本に絶望を感じています。


闘い方 (大阪府豊中市 T)
2011-12-17 21:27:38
この女子生徒の手紙を読んで,本当に悲しくなりました。
将来子供はもう産めないとか,親が公務員で避難出来ないとか…。全て大人の都合です。
現実に給食問題や学校にまつわる話を聞くと,本来子供の立場にたって守るべき存在の教師が,この放射能問題に関して意識が低すぎます。
なぜもっと声を上げられないのでしょうか。

あれからずっと闘い方を考えています。
市民運動なのか政党なのか,または?
個人的には政党立ち上げは一時注目されても一過性に終わりそうで危うい気がします。
どのような方法にしろ,多くの無関心な人達に参加してもらわないと大きなうねりを起こせません。
強大な利権の複合体に立ち向かうことであり,相当の覚悟が必要です。
拡散のための既存メディアはその複合体の一部です。
手段と拡散の方法を考え続けています。

他の方のコメント欄にありましたように,瓦礫受け入れ阻止について,請願権は有効ですよね。
少し調べてみました。

大阪府の例ですが
http://www.pref.osaka.jp/annai/menkyo/detail.php?recid=659

大阪府議会の会派構成(平成21年10月30日現在)
▽自民府議団38人
▽自民ローカル5人
▽自民維新6人
▽民主系24人
▽公明23人
▽共産10人
▽その他6人
選挙後,維新の会へすり寄る動きもあるので,現在の会派の協力関係の情勢がちょっと分からないのですが。
いずれにしろ,否決されてしまえばお終いなので議員への働きかけが重要なのは言うまでもありません。

ちなみに大阪市議会の会派構成
▽維新33人
▽公明19人
▽自民17人
▽民主系9人
▽共産8人

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。