「木下黄太のブログ」 ジャーナリストで著述家、木下黄太のブログ。

日本と世界のリアル状況確認と僕の思索を書き留めるブログ。
重要なことはメルマガで展開していますので、ご購読下さい。

「木下は公安だ」という嘘の情報を発信した輩は愛知県内私立大学講師との情報、当該人物への警告。

2017-08-22 09:38:15 | 事務連絡

 僕を「公安」であると、嘘を拡散させたツイッターアカウント、 が何者であるのかという事について、確度の高い情報が寄せられました。

愛知県内(また愛知!やはり酷い)に存在する私立大学講師で、既に名前も判明しています。マーケティングが専門らしいとも聞いています。非御用学者を自称されていますが、学問領域そのものが御用的な範疇なのか?とも思います。こういうジャンルの大学講師なら、公安についてまともな知識や情報は皆無なのもわかりました。一般人の読書家よりも遥かに低レベルなのも頷けます。

のアカウントは、僕から指摘された直後に既にアカウントごと消滅していますが、画像も残存している為、虚偽の情報を拡散させた事実からは逃れる方法はありません。この輩は過去に@ Fibrodysplasia というアカウントを運用して何かの理由で突然に消えて、新たにというアカウントを同じように運用している輩ですから、また新たにおかしなことをやる可能性があります。

こちらが情報開示請求をすれば、実は特定は容易です。

特定した段階で(というか今直ぐにも電話できますが。。。)、当該大学当局に通報します。

また、名誉棄損で少なくとも民事訴訟は起こします。刑事的に追及可能なら、警察に被害届を提出することになります。

これはにとって社会的にかなり厳しい結果を招くことになります。

それでも宜しいのでしょうか?

僕に対して、8/31までに謝罪がない場合、上記対応を取ります。

こういう状態になりたくないなら、8/31迄に謝罪の意思があることをこちらにメールしなさい。その上でその後に、こちらが謝罪したと認めるレベルの対応が為されるなら、法的対応は執り行いませんし、大学当局には通報しません

人間として、最低限の常識があり、社会的地位を維持したいなら、当たり前の対応をすることはお勧めします。本人がこれを見ていない可能性が高いとまわりのネット住民は思うなら、教えてあげた方がよいでしょう。


しかし、何でこんな馬鹿げた対応ばかりし続けないとならないのだろうかと思います。。被曝回避側ネット住民で発信する連中の大半は相当に病んでいるとしか思えません。虚しすぎる話です。


=============================================

僕の情報発信は、主にメルマガになっています。

購読をしてみて下さい。

最新175号【 福島で開催「ハイスクール世界サミット」、高校生が風評被害防止のブランディング発表、主催者挨拶は森友疑惑で注目の安倍昭恵総理夫人 】

申込&問合せ⇒http://www.hoshanobogyo.com




 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 本日午後に札幌講演。予約な... | トップ | 旧「真実を探すブログ」が201... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。