「木下黄太のブログ」 ジャーナリストで著述家、木下黄太のブログ。

日本と世界のリアル状況確認と僕の思索を書き留めるブログ。
重要なことはメルマガで展開していますので、ご購読下さい。

日本海側の魚からセシウムが検出情報。ところで皆さん、そろそろ気が緩んでいませんか? ご注意。

2011-07-31 10:06:16 | 福島第一原発と放射能

 きょう午前四時ごろに福島浜通りで震度5強の地震がありました。福島第2原発では多少の不具合が出ています。

 僕は西日本にいて、骨折の影響もあって寝ていて気がつきませんでしたが、関東は少しもゆれなかったのでしょうか。いろんなネット上の反応があんまり出ていない気がして、さして、皆さん気にされていない気がしました。自戒を込めて言うのですが、夏休み、夏の暑いさなかの感覚でしょうし、午前四時ですし、よくないニュースを確認する精神状態の中で、なんとなく気が緩んでいないでしょうか。福島第一原発は残念ながら収まっていません。四号建屋のプールの補強工事は終わりましたので、耐震補強は二割増し程度にはなりました。プールの底が簡単な余震で抜けることはこれで多分なくなったと思います。ただし、建屋全体の強度は弱いままで、傾いていますから、完全に安心なレベルではありません。震度5だとたぶん他の建屋も含めておそらく大丈夫ですが、震度6からはわかりません。警戒は続けるしかありません。

 1号機の格納容器内にほとんど燃料がなかったことを考えると、ほとんどが環境の外に放出されたという事です。メルトスルーしていますから当然なのですが、大気中も、水中にも、現在東京電力や保安院が放出されていると推定している量よりも、おそらくかなり多い放射性物質が環境下に出てしまっているということです。最も危険なのは、メルトスルーして核燃料がどんどん下にのめりこんでいないのかということです。ここで、なにがおきてくるのかおきてこないのかが分からない。

 ある政治関係者と話したのですが、そもそもF1は岩盤を削ってベースを下げて建てられている構造の建築物で、実際に通常の地下水脈は建物より上の高さにあるため、地下水が陸側からきて、核燃料と触れて、汚染水が海側に流れる事があるが、地下水脈には戻りにくいという判断があるそうです。ただし、海には流れますし、地下水には岩盤より下に深度の水脈がある場合もあります。こうした危険は続きます。これは地下水の汚染だけでなく、核燃料が深い水のたまりがあった場合、突っ込むと爆発する可能性は排除できません。警戒は怠る訳にはいかないということです。ちなみに流れ込む地下水側をとめる簡単な工事はしているようですが。本格的なダム設置を政府が急がない背景は、この建屋が岩盤より低い事が一因のようです。

 そもそも岩盤を削って原子炉をそこに設置した時点で、耐震的に弱くなりますし、低くなったために津波にやられますから、建築の通常の概念では、そもそもありえないことが、この福島第一原発ではおこなわれたことになります。もともと、危険ということを微塵も意識していないのが日本の原発であったことが、よくわかる話です。おそらく、同様の事が他の原発の立地でもある可能性がありますので、是非地元の原発を確認される事をすすめます。

きのうツイッターしてみたらあまりにも反応が大きくて、ブログでも書いておきます。知らなかった方が多いようです。

新潟市沖 マダイの内臓、セシウム 21Bq/kg 検出(新潟県の発表)

 これまで、日本海側は、当初、佐渡でサザエが1ベクレル未満しか検出されておらず、海流の点からも大丈夫と思われていましたが、今回の検出は、相当いろんな想定を変える必要が出てくるかもしれません。一番、可能性が高いのは、福島県内の複数河川が、合流して新潟県内に流れ込んでいて、新潟沖に放射性物質が出ているということです。この場合、新潟の河川の淡水魚はかなりの状況でしょうし、これまでほぼ警戒していなかった新潟沖の魚も警戒をはじめるべきです。ここで、当然今回の大雨により、これらの河川が増水、決壊している事。大量に土砂も含めて、新潟沖まで流れていった事は間違いないことです。この被害の後に確認しなければならないのは、新潟沖の海洋調査、魚類の放射性物質の調査、隣接の日本海側の県も同様の調査を行う事です。さらに、心配が大きくなるのは、この河川の増水の影響が、米どころ新潟の、水田などに影響が出ないのかということです。比較的、大気を経由しての放射性物質の汚染が距離の割には低かった新潟県が、放射能汚染が、今回の自然災害を起点に広がっていないのかという確認作業は、せねばならないということです。日本海側の魚、新潟の米。日本の今後の放射能フリーの食生活を支えるために、最も大切なものを守るために、確認しなければならないということです。放射能の落とし穴はそこかしこにあります。放射性物質が蔓延をしている状況は、とめることはかなり難しいのですが、それでもとめる努力をしないと、国土全体が荒廃することになります。

 ある程度被曝しているエリア(首都圏も入ります)の人、特に子ども、妊婦、妊娠可能な女性は、被曝線量の低い場所に退避すべきだと僕は思います。優先順位は「避難する」ことです。僕はそれしか言う事ありません。慢性的に被曝することは避けるべきですから、できる限り早く退避することをすすめます。 

 

========================================= 

加工食品の原材料がどこのもので、さらにいつごろのものなのかで、内部被曝する可能性の有無を確認できる可能性があります。http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/b8c8f85c5ce80be6f2fafabcf0c8f66eこの記事のコメント欄で、それに特化した形でコメントをしてください。ネットからの二次情報でなく、ご自身が直接調べた情報をコメントしてください。この際、注意していただきたいのは、個別企業の批判的なコメントは一切書かずに、客観的に事実情報をまとめる形で作りたいです。下記のスタイルで書き込みを。

①企業名

②商品名

③製造場所(この記号はどこの工場までわかれば)

④主要な原材料

⑤原材料の産地

⑥賞味期限などから製造年月日がいつで、原材料の調達がいつか。

⑦放射能対応の有無、具体的な対応

 ====================================================================

様々な問い合わせはまず、メールでお願いします。具体的なご相談は、コメント欄でなく、直接メールしてください。nagaikenji20070927@yahoo.co.jp

なお、連絡事項ですが、膝を骨折し、ギブスのため、三週間は身動きがとれません。このため、七月下旬まで、できることがかなり限定していますので、ご了解下さい。なお、完治までは三ヶ月ですし、特にリハビリで八月中も身動きはかなりしづらいです。講演会、ミーティングなどは、交通手段について打ち合わせが必要になります。よろしくお願いします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (50)   この記事についてブログを書く
« 伊豆半島東側注意!静岡県伊... | トップ | 放射能ガレキ、放射能焼却灰... »
最近の画像もっと見る

50 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今回の雨 (KAT)
2011-07-31 12:58:10
決壊し水が流れ出た周囲をガイガー隊は測定してみるといいかもしれません。

山のある一定の高度の汚染は酷くて、山の土や森に溜め込まれたもの、福島上空に留まっているもの

上空の雲に放射能滞留?-飛行機内測定結果
http://onodekita.sblo.jp/article/46945099.html

そういうものが一気に流れて、海に全部流れれば、海だけ調べれば良いですが、
土地に留まっているんじゃないかと危惧しています。
今朝の地震 (にこ)
2011-07-31 13:29:55
関東も長い時間揺れましたよ。ふくいちライブカメラ映像を恐る恐る見てました。今回はなんとか持ちこたえましたが、地震があるたび心臓がバクバクします。
日本海も汚染されてしまって、とても悲しいです。
海洋調査はしなきゃならないですね。
日本の美しいもの全部奪われてしまわないよう行動していく姿勢を崩さず努力します。
日本人が諦めムードになっている? (神戸ママ)
2011-07-31 15:05:55
最近になり、食料の産地チェックや悪い話題に精神が疲弊して日本中被爆なら仕方ないとか、時々諦める気持ちが出てしまいます。周囲はのんびりと生活している人々ばかりで、ふっと、もしかしたら大丈夫?なんて錯覚まで湧いてきます。そんな時に木下さんのブログで危険性を再認識する事にしてます。メルトスルーによる地下水の爆発は万が一起きたら規模はどの位と予想されますか?地震で済むのですか?地球規模の放射能汚染の可能性すらあるのでしょうか?チャイナシンドロームの映画を見ました。地球の裏側まで達するなんて現実に起こり得るんでしょうか?
皆さん疲れ切っていらっしゃるのでは? (Unknown)
2011-07-31 17:42:22
事故から4ヶ月半あまり経ちました。

避難する人は避難してしまったし、いくら声をかけても避難しない人は避難しようとしません。

食物はどんどん汚染されてゆく。公示された産地はあてにならない。

次は米、国産ミネラル水、と範囲は拡大してゆくおそれがあります。もはや気をつけようがない。

皆さん緊張と不安と怒りと無力感で、疲れ切ってしまったのではないでしょうか?

投稿されるコメントもめっきり減ってしまったような気がします。

いまや我が子の体内にも放射性物質が大量に入り込んでいるでしょう。

いまさらながら、やはり海外逃亡しかなかったのか?と愕然としています。

除染も避難支援も何にもしない東電に腹が立って仕方ない。

原発(「核燃料発電所」と呼ぶべきか)に反対するサイトを監視するために、エネルギー庁が巨額を投じているなんて、目眩がするほど怒りが湧き上がります。

監視する立場にありながら、平気で「核燃料発電所」建設を支持するよう指示した保安院にも、怒髪天を衝く思いです。

私自身も疲れ切ってしまいましたが、目の前にいる我が子を殺そうとしている「核燃料発電所」に対する怒りだけが原動力となっています。

 (ttt)
2011-07-31 17:57:35
日本海側の魚はノーマークでした。
自分だけでなく2歳の娘にも食べさせていましたが、もうこの記事を読んだら新潟県産の魚は食べさせることができません。
漁業が盛んな富山県の海と魚も気になります。
この調子だと厳しい結果が出るかも知れませんね。
Unknown (000)
2011-07-31 18:56:06
ネット上に出てくることが全てではないと思っています。
関東在住ですが、昨晩の地震は相当大きく目が覚めました。
不安以外の何物でもなかったです。
ある程度は参考になると思います (Unknown)
2011-07-31 20:27:47
http://www45.atwiki.jp/seizousho/tag/?sort=tag
Unknown (大阪在住)
2011-07-31 21:46:17
ここの所、毎月1回位は 震度5クラスの地震が各地でありますが、テレビをつけても大したニュースとして報道していないし、震度3か4かあったであろう東京の知人も 割と平気みたいなことを言います。西日本は滅多にゆれないので、この感度の違いに驚いています。  大雨のことですが、広島と長崎の原爆の年の9月に枕崎台風という昭和の3大台風の一つが来て、壊滅的な打撃を受けたけれど、それが除染効果を発揮したと聞いています。大雨の被害がよいほうに転べばよいのですが、汚染されていなかった地域が汚染される様だと心配ですね。除染につながればせめて救いですが・・・。
何が警戒ですか (ponchan)
2011-07-31 22:48:36
はじめまして。

先日から記事を読ませて頂いているのですが、今更、何を警戒するのですか?もうチェルノブイリの1/3以上の放射線量を放出していて、まだ、放射能を出している原因を取り除けていない状態が続いている現状なんですけど。
少なくとも、福島県からは避難すべき事態なんですよ。

建物が云々とか、原子炉内の状態を言うのであれば、その出典根拠も示すべきだと思います。断片的な情報だけで文章を公開するのは問題かと思いますが。

そんな事は如何でもいい事で、肝心なのは少なくとも、福島の子供たちをより安全な地域に避難させるっていう事だと思いますが、どうでしょうか。でも、もう今となっては日本国内(沖縄を除き)或る程度汚染されているとは思いますけど。

ただ、貴方の言い方ではただ不安を煽るだけで何も伝わってこないのが残念でなりません。

今後、改善される事を希望しています。

はじめての投稿で、失礼な事を言い申し訳ありませんでした。以前から気になっていたので一言まで。
海藻 (もんもん)
2011-07-31 23:04:12
こんばんは。
またオーストラリアからの情報なのですが。
実は、今、日本のいわゆるお金持ちの人たちが
オーストラリアの永住権の申請が異常に多いそうです。お分かりとは思いますが、放射能からの逃避だそうです。
また、日本の報道にないから、事実関係はわかりませんが、海藻類の輸入(日本からの)が、禁止になったそうです。昆布の表面から放射能が出たらしく現地の日本料理屋さんは困っているそうです。

木下様、この情報はあくまで、義理の姉からの情報です。煽るつもりはありませんので、掲載は木下様の判断でお願いいたします。


コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事