「木下黄太のブログ」 ジャーナリストで著述家、木下黄太のブログ。

日本と世界のリアル状況確認と僕の思索を書き留めるブログ。
重要なことはメルマガで展開していますので、ご購読下さい。

20代女性急性がん死亡、3人首リンパ異常、10代甲状腺手術、心臓痛、福島市若者。核実験、北朝鮮の病。

2013-02-13 00:05:33 | 福島第一原発と放射能

 3/2(土)夜、木下黄太講演IN京都 「大阪ガレキ焼却と近畿の放射能防御」 

 こくちーず申込⇒http://kokucheese.com/event/index/74941/

 

                               詳細は本日記事の最後にも記載。

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

【北朝鮮地下核実験での万万が一の場合、本日昼前から夕刻】

北朝鮮の地下核実験で、放射性物質が万万が一漏れた場合の文部科学省の想定。地下核実験の場合は極めて可能性が低いことを前提に。特に西日本のエリアは念のため、確認。

 北朝鮮が核実験を行いました。放射性物質忌避する立場から考えると、まず本質的に必要のない核武装という概念に取り憑かれている北朝鮮の存在は、危惧が深まります。核実験という仕掛けによって、自己存在を世界に確認させる作業です。特にアメリカ向けに。

 これは、ほぼ、病気の世界です。北朝鮮は核実験を続けるという病に取り憑かれていると僕には思えます。

 しかしこうした脅威が、そもそも軍事的に存在することを声高に認めるなら、日本において、原発の存在に整合性はありません。原発というものそのものが、簡単なミサイル攻撃で、あからさまな標的になるからです。これは核爆弾の投下よりも、さらに効率的に、被害を拡大させるように、なるものです。ミサイル1発で原発を攻撃すれば、日本を地球上から消し去れる的な発言を、かつて朝鮮労働党の幹部がしたこともありました。僕は、核の平和利用というフレーズそのものが、完全なまやかしだったのだろうと思います。この壮大な(でも面白くない)フィクションを戦後七十年近く続けた結果が今の日本です。

 軍事的に思考すると、核兵器の対抗措置として、いつでも核武装できるシグナルとして、原発を有する意味はありません。そんなもの間に合わないし、標的となるだけ。昔の自民党政権幹部の、超古くて、ダサイ妄想です。どうしても必要で持つというなら、兵器として核を保有するしか意味はありません。それも、対抗措置として機能するとは、僕には到底思えません。頭の中の妄想です。相手の訳の分からない妄想に呼応して、対抗的に妄想を現実化して、核武装すると、違うトラブルを招くだけです。こんなものを本気で考えている人たちは、ただ端に狂っていますし、それを追随するメディアは、実はさらに狂っています。

 そして、反核団体が、軍事にしか反対せず、反原発にきちんと取り組まなかったことは、日本の平和運動の大半が欺瞞に満ちていて、その病巣がどこまでも拡がっていることも示唆しました。

 この核実験は、北朝鮮の病をさらに浮き彫りにしましたが、返す刀で、私たち日本の病もさらに浮き彫りにしています。北の地下核実験も許されませんが、東京には、恐らくこの核実験の影響は、ほぼ皆無で、そんなものとは比較にならない、大量の放射性物質が、あなたの生活を取り囲んでいるままです。

しかし、北からの放射性物質が来ていないのか計測を進めていると声高にニュースは伝えます。


ギャグにもなりません。

 

 福島市に今もいらっしゃる、20代の若い男性とお話しいたしました。ふつうに会社で働かれています。ご自身も、心臓の痛みや紫斑がでるなどの身体症状があり、懸念が続いておられるということです。家族や同僚友人にも、生理の異常や首のリンパ異常、甲状腺手術さらにさまざま疾病の報告が身のまわりで相次いでいるということです。20代女性で急性のがんで亡くなられた方も、ご友人にいるそうです。

====================================================

福島市在住20代後半の男です。

半年前から心臓が痛く、動悸、ふらつき、血圧が高くなり病院で診察しました。自律神経失調症とのことでした。今もまだ心臓が痛く、体を動かしたり心臓付近を押すと痛みが増します。夜中に呼吸が苦しくなり目覚めた事もありました。最近は頻脈もでて不安です。セシウムが心臓にたまりやすいと知っていたのでそれではないかと心配しております。

ほかにもふくらはぎに紫斑(事故半年から一年ほどで消えました)、爪の変形、目の充血、肌の乾燥(老化にも見えます)、口内の皮が剥け出血(治りました)、最近は慢性的な肩こりで週一で整体に通っております。そして去年の夏甲状腺をエコー検査したらのう胞(6mm)がみつかりました。

家族にも症状がでました。姉は夜中に生理で大量出血、首のリンパの異常。母は急性の甲状腺の病気(治りました)、首にしこり(治りました)、そしてめまい、吐き気、動悸ひどくなりました。 

まわりでもいろいろありました。事故後一年ぐらいの出来事です。会社の人間三人が首のリンパの異常で治療、同じく会社の後輩甲状腺の手術(十代)、会社先輩内蔵が痛いとうずくまり早退(本人は食欲が減退し自分は死ぬんじゃないかと言っていました)、会社先輩ふとともに大きい腫れ物ができ破裂出血し病院で治療。

それとここ半年の出来事ですが会社上司(五十代)突然胸が苦しくなりその場にうずくまり早退、彼女の知人(二十代)が急性のがんで亡くなる、友人の祖父亡くなる、友人の父脳梗塞、近所の老人亡くなる、母以前あっためまいがさらにひどくなり入院。メニエール病とのことでした。

また救急車のサイレンもよく聞くようになりました。事故以前ではあまり見かけることがなく救急車が通ると「なんだろう?」気にかけました。今ではほぼ毎日のように救急車を見かけるので慣れて気にかけません。事故以前は週一回見るか見ないかだったと思います。

==========================================================

 昨日の記事で、「水」について、十分に、みなさんに、ご理解を頂けていないようなので、書いておきます。首都圏の水道に関しては、とくに西側の水道について、僕は多少は楽観的な立場をとっていました。吸気は厳しいが、水道水のシステムが厳しいほどではないと。要は飲料水をペットボトルなどでしのげば、基本は何とかなるだろうと。

 しかし、きのう伝えたのは、首都圏西部でも、浄水を作る大きな水道システムが、放射性物質の除去という試みを続けることに、大きな障害が立ちはだかっているということです。最低限、飲めるようにしたと国が考える水を作る作業自体が、現行の法規や経済システムの中で、ずっとうまく続くのだろうかということを、僕には疑うような状況になっているということです。

 僕はこれまでのようなレベルで首都圏での水道水供給システムが、十分に機能できなくなることをリスク管理上、想定し始めています。

「水がなんとかならなかったら、避難する。山梨とかに。水が大丈夫かどうかだと思う。水がだめなら、全部無理になるから」、そう、貴女は言いました。

 この場合には、たぶん、「水」にわかる形でセシウムが出続けるのかどうかを示唆したのだと思いますし、そうしたことがないように、水道水の供給システムが続くのかどうかという意味だったと思います。

 表面上、それはクリアしているかのように見えていました。

 しかし、セシウム汚染された浄水土の大量発生が、おき続けているとなると、貴女の見立て以上に、水道供給の安全なシステム運営は成立しにくくなっている環境が垣間見得るのは、2013年の2月の日本です。

 そして、その供給されている「水」は、無理やり放射性物質の濁りを取り除いたもの。汚染レベルが極めて低いとは言え、3.11前の水道水と比べると、入っている放射性物質の量は一桁違いではきかないと僕は思います。セシウム以外の核種も考えれば。

 そうすると、国が安全と称する現在の水道水も、10年、20年という月日で使い続けた場合の不安は拭い去ることもできません。

 この大量の浄水発生土の話は、そうした「水」に纏わる首都圏の限界を露呈したと僕には思えますし、システムの話だから根が深いです。

 要は、関東の山が汚染されていて、その山からの「水」なんて汚染されているから、濾過して誤魔化して飲むしかないが、汚染土が尋常でないから、対応不全になりかねないんだということです。

 そして、これは、甲信越にとっても水源の問題があるエリアでは、同じ剣が峰に立たされることになります。長野の東信、さらに新潟には、特に厳しい話と思います。中心的な河川の源流がやられている場合が多いからです。

 貴女は「水」をどう考えますか?

=============================================

 

健康被害と思われる症状が、深刻化しています。報告相談はまずメールを。

 

   僕のメールアドレスnagaikenji20070927@yahoo.co.jp(コピーして貼り付けて下さい)

 

 講演など、何か業務的な依頼をされたい方も原則このメール⇒電話でお話しする順番です。

 

  事故発生当時の行動記録や数値データなどを細かく教えてください。問い合わせの内容も書いてください。 健康被害の状態を皆で共有化し、事態の推移をあきらかにしていく作業が最も必要です。

  「関東・南東北の被曝エリア(東京全域を含む大半のエリア)にいる皆さんは、放射性物質の少ないエリア、できれば愛知県から西のエリアに、移住するべきです。妊婦、子供、未成年、妊娠可能な女性は優先して移住すべきです。他の皆さんも極力移住してください。被曝から二年近く経過しています。初期被曝は深刻で、慢性被曝の影響がさらに危険です。食物、飲料のみならず、吸気による被曝も軽視できません。回避する方法は限定的です。あなたやあなたの家族の命が何よりも大切です。一刻も早く移住してください。」 

  甲状腺の検査、甲状腺のエコー検査、さらにふつうの血液検査のうち、 血液像の検査(白血球、特に好中球)や異型リンパ球の確認、大人の女性はサイログロブリンの 数値も確認した方が良いと思います。

 


 

 3/2(土)木下黄太講演IN京都 

「大阪ガレキ焼却と近畿の放射能防御」 

申込はこくちーず⇒http://kokucheese.com/event/index/74941/

昨今、気になる放射能の問題を、情報満載で2時間たっぷり語ります。 

2部制。第1部は放射能関連情報を日本で最も精査している木下黄太の講演会。 

大阪市で強硬に進められた被災地瓦礫の受け入れ。大阪市内はもとより、近隣の府県での影響はどの範囲まで及ぶのでしょうか?健康被害の懸念は? 

近畿の汚染食品の流通の問題に、がれきの焼却による水や食品の放射能の汚染はプラスされるのでしょうか? 

首都圏の放射能汚染の状況と、双都構想の浮上を踏まえて、京都の役割はいかなるものになるでしょうか。 

第2部は、放射能汚染問題に詳しいサプライズゲストをお呼びしてのトークセッション。必見です!!! 

日時:2013年3月2日(土) 

18:00開場 
18:30開演 

 

ひとまち交流館 大会議室
(京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1 )

 

 

 

*参加費:おひとり(中学生以上)1000円。当日お支払いください。なるべく、お釣りのいらないようにお願いします。

 

 

 

*全席自由。 

 

第1部 18:30~19:20 木下黄太講演 

休憩 19:20~19:30 

第2部 19:30~20:30 サプライズゲストを交えてのトークショー 

 

*託児はありません。乳幼児をお連れのお客様は、会場に託児スペースを設けます。お申し込みの際にその旨、お伝えください。

===========================================================================================

三条市と柏崎市のガレキ本格受け入れについて、新潟県の泉田知事の公式コメントです。

 

放射性物質の管理についての知事コメント

 

 

 

2013年02月12日

 

 三条市と柏崎市において、本日から震災がれきを本格受入し、焼却灰(飛灰)をそれぞれの市の最終処分場に埋却するとお聞きしました。
 震災がれき処理は復興に重要であると認識しておりますが、両市が進めていることは、被災地支援に名を借りて放射能管理の基準を緩和することにほかなりません。
 放射能管理については、県民の皆様の安全を第一に対応すべきであり、従前よりも放射性物質の規制が緩和され、原子力発電所構内よりその敷地外での取り扱いが緩くなることを懸念します。本県において、放射性物質の規制を原発事故以前より緩和する理由はなく、人知を尽くして管理することが重要です。放射能の管理については、水俣病等の歴史の教訓に学ぶ必要があります。
 低線量被ばくが健康に影響するとのチェルノブイリ追跡研究も報告されています。
 このまま、焼却灰(飛灰)をずさんな管理で埋却を進めることは、将来の世代への犯罪行為と言わざるを得ません。市民の安全を守るという本来の市長の任務に立って行動されることを期待します。
 


 

 

 

 

 



ジャンル:
ウェブログ
コメント (22)   この記事についてブログを書く
« 【緊急拡散!!】本日24時迄パ... | トップ | 福島の子供3人甲状腺がん、7... »
最近の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
水の濁り (都内在住ママ)
2013-02-13 03:01:00
木下さんいつもありがとうございます。
木下さんの活動には本当に感謝しております。
私はもうすぐ二歳になる娘をもつママです。
ここ数日、お風呂に溜めたお湯を次の日に見るとこんなに濁るのかというほど白くて気味が悪いと思っていましたが、記事を読んで謎が解けた気がします…
ちなみに湯船には身体を洗ってから入っており、入浴は娘と私二人だけです。
三月に西日本へ移住を予定しています。
身の回りで体調不良の方が増えておりますので、直接メールいたします。
よろしくお願いいたします。
今日の新潟日報朝刊より (新潟県民)
2013-02-13 06:44:30
※昨日から三条と柏崎でがれきの本格焼却が始まりましたが、それ関連の記事です。

●がれき本格焼却 正確な情報公開を
 三条・柏崎市民 目立った混乱なく

 東日本大震災で被災した岩手県大槌町のがれきの本格焼却が三条、柏崎の両市で始まった12日、地元住民は正確な情報公開を続けるよう求めた。三条市の焼却場では市民団体が受けいれ反対のプラカードを掲げ抗議したが、目立った混乱はなかった。
 三条市は12日の焼却開始後、施設周辺で空間放射線量を測定。市によると通常の範囲内だった。
 三条市に対し、市の受け入れ量を500トンに制限することなどを求めていた同市福島新田甲自治会の山岸康男自治会長(65)は「新潟や新発田が断念し、(受け入れ配分に)不公平感は残るが、(三条市の受け入れ量が145トンとなり)条件は満たされた」とし、自治会として容認することを決めた。
 同市の東光寺自治会の梅田勝志自治会長(63)も「試験焼却の結果を見ても被災地に協力しなければならないと大半の住民は思っている。受け入れ量が減り、田植え前に処理が終わるのは安心だ」と話す。
 三条市の自営業土田真佐男さん(70)も「焼却のニュースを見て2004年の7・13水害時の大変な記憶がよみがえった。当時(がれき処理などで)協力してもらった恩返しとして焼却を進めてほしい」と語った。
 柏崎市の焼却場に近い橋場町内会の板羽徳夫町内会長(55)は「安心して生活するためにも、市にはきちんとした対応と正確な情報開示を続けてほしい」と注文した。
 一方、三条市の焼却場で抗議活動をした市民団体「未来の生活を考える会・三条」の伊藤得三共同代表(82)は「地元の同意なしに強硬的に受け入れるべきではない」とし、市への不信感をあらわにした。


●知事 ずさん管理「犯罪行為」
 三条市長「粛々として進める」
 柏崎市長「極めて不穏当」

 震災がれきの本格焼却を始めた三条、柏崎両市が放射性物質を含む焼却灰の埋め立て方針を示したことについて、泉田裕彦知事は12日、「ずさんな管理で埋却を進めることは、将来の世代への犯罪行為と言わざるを得ない」とのコメントを発表した。これに対し、両市長はそれぞれ「粛々と作業を進める」「極めて不穏当」などとした。
 知事は「両市が進めていることは、被災地支援に名を借りて放射能管理の基準を緩和することにほかならない」と批判。
 一般廃棄物を扱う最終処分場での埋め立ては、放射性物質を含む廃棄物を厳重管理している原発構内に比べ管理が甘いとの認識を示し、「市民の安全を守る本来の市長の任務に立って行動されることを期待する」とした。
 三条市の国定勇人市長は「これまでも申し上げてきた通り、粛々と受け入れ作業を進めていく」とコメント。柏崎市の会田洋市長は「県知事の言葉とは思えない。犯罪行為とはどういう法に触れているというのか。(震災がれきの)受け入れ基準を決めた国や受け入れた多くの自治体が犯罪者になると言っていることになり、極めて不穏当だ」と批判した。
度々連投すみません。 (新潟県民)
2013-02-13 06:57:14
日本海側で原発のあるところって、北朝鮮により拉致事件があったところでもあるのですよね。福井然り、我が県の柏座然り。拉致を行うことができた場所ですもの、いざとなれば原発への破壊工作員だって送り込めるでしょう。

あと、泉田知事のコメントですが、先程の私のコメントでもわかるように、新潟日報ではそれ関連の記事は掲載されたものの、知事のコメントは全文紹介されませんでした。
「低線量被ばくが健康に影響するとのチェルノブイリ追跡研究も報告されています。」
あえてこの部分を伝えないようにしたのかもしれませんね、新潟日報は。
福島の様子 (元・福島県民)
2013-02-13 08:11:27
福島市民の男性のお話、かなり深刻に受け止めました。しかしながら、福島在住の方からの報告は極めて珍しいように感じています。私の故郷である福島県二本松市の友人達からも、表立った報告は今のところ皆無に近い状態で、実際のところ何が起きているのか、いないのか、状況がよく見えません。(私自身は大阪に避難中です。)
Unknown (Unknown)
2013-02-13 11:13:35
大阪在住の者です。
瓦礫を焼却してから明らかに体調が悪くなりました。倦怠感、鼻血、大量のタンがでたり咳がでます。普段、我が家の周辺は、カラスなどの鳥が飛び回っていてうるさいくらいなのですがパタッといなくなりました。不気味なめまいも頻繁に起きます。夜ふとんに入ってもグルグルした感じでこのまま死ぬのかもとよく感じます。不眠症ぽくなって大変つらいです。
今、短期間で兵庫県に疎開していますが、体調不良がいくらかよくなりグッスリ眠れて体調も良くなりました。喉は少しイガイガしますが。
夫や私の仕事もあり、これ以上引っ越しは無理で大阪にいなくてはならないので取り返しがつくうちに瓦礫の焼却をやめていただきたいです。
橋下氏や松井氏は私が引っ越したときにはすでに知事と市長だったので自分で投票したわけでもないのに、悔しいです。相変わらず近畿では維新の会が人気らしく自民党でさえ 勝てないとテレビでやっていましたが、近畿の人はやはり大阪都が忘れられないのかなとか、東への対抗意識からかなとか色々考えました。
Unknown (福島出身のものです)
2013-02-13 13:06:54
元・福島県民さんへ

私は実家が福島市にあるので
母から色々な話が入ってきていますよ。
咳が続くと言ってMRIを受けた母の友人がその2ヵ月後に急死した事とか、
母の知り合いの御夫婦がお二人とも2ヶ月の短い間に癌などであいついで亡くなった話や
現役の学校の先生が突然死されたというお話や
原発事故後、まわりで癌になったという人がたくさんいたり、脳出血、下血 いきなりの持病の悪化の人が多いとか・・・

母は、「もう年だからいいや」と言うのですが
私は心配で仕方ありません。

Unknown (Unknown)
2013-02-13 14:50:58
アルジェリアでの日本人宿舎への人質事件、グァムでの日本人観光客への襲撃事件、ルーマニアでの日本人女子大生への事件、オリンピックの日本人が得意とするレスリングの競技外し、韓国人選手への銅メダル授与、イギリスでの日本人選手の退場事件 などなど、世界が日本人をどう見るのかがよくわかる事件の数々ですね。
やはり自国の原発事故の後処理もままならないまま、世界中に迷惑をかけているのに当の日本人はまるっきり他人事でまるでなかったことのように振る舞い、放射能をくっつけて世界中に散らばっているのですから、怒りを感じる外国人がいても不思議ではない。それでいて中国が大気汚染で大変なことになったら、ここぞとばかりに大騒ぎですものね。自国に甘く、他国には大変厳しい姿勢の国です。
中国のももちろん危険ですが、まずは自国のすでに高濃度汚染地域をどうにかするのが先では。みっともないから海外にまで汚染食物を売りつけに行かないでほしいです。ソ連ができたことがなぜ日本ではできないのか不思議です。
北方領土もロシアは返還したがっているようですし。
日本人は集団になると人柄が変わるのは海外でも有名な話なので、自分が海外にいくときは自らの振る舞いを気をつけたいです。
【 福島県甲状腺検査~3人の子どもが甲状腺がん、7人に疑い 】 (TM)
2013-02-13 15:10:24

福島第1原発事故を受けて、
福島県が進める甲状腺の検査で、3人が甲状腺がんと診断され、
また7人に疑いがあると報告された。
福島市では、医師などが出席して、
原発事故の健康への影響について検討する会議が開かれている。

この会議で、福島県内の3人の子どもが、
甲状腺がんと診断され、7人が、その疑いが強いと報告された。
福島県は、18歳以下の子どもを対象に、甲状腺の検査を進めている。

13日の会議でも、3人の甲状腺がんについて、
原発事故の影響とは考えにくく、もともとあった、
がんを発見したという見解が示された。

*****************

今後、更に、
「子どもの甲状腺がん」が(事故後)約4年後のピーク時に
向かって、どんどん増え続けるとは思われませんかね?

>13日の会議でも、3人の甲状腺がんについて、
原発事故の影響とは考えにくく、もともとあった、
がんを発見したという見解が示された。

従前の子供の発症率の著しい低さを加味すると、
あまりにも愚かしい専門家の見解だと思われませんかね?
仮に今後増え続けた場合、同見解を示した専門家は切腹する覚悟はあるのでしょうか?

こういうの出せるんじゃん (KAT)
2013-02-13 15:41:19
わかりやすいのでツイッターより

@Tanisennzo モンカ省が出してるのはこれ
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/25/02/__icsFiles/afieldfile/2013/02/12/1330431_1.pdf
本当のスピーディーの実力はこれ⇒http://www.youtube.com/watch?v=4UhC_4L2pA8

モンカ省まだ、出し惜しみしてる。 http://pic.twitter.com/P0adbxHj
此花区の数値 (Unknown)
2013-02-13 15:42:37
新潟知事の公式コメント、本当に住民の立場を考えていて拍手を送りたいです、こういう意見がまともなはずです。

ところで、大阪、此花区だけ異常に高いです。怖すぎます。
http://www.aqicn.info/?map&;amp;;loc=japan&lang=jp&lang=jp


コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事