「木下黄太のブログ」 ジャーナリストで著述家、木下黄太のブログ。

日本と世界のリアル状況確認と僕の思索を書き留めるブログ。
重要なことはメルマガで展開していますので、ご購読下さい。

「女より母を選びました。命を選びました。」都内30代シングル女性が、彼をあきらめ、移住した理由。   

2012-09-19 22:27:59 | 福島第一原発と放射能

  ブログが一時閲覧できなくなり、ご迷惑をお掛けしました。許せない思いが強いですが、ある意味、今の日本企業の事なかれ主義の病は、こういう事でも露呈するなあと思いました。放射能を見ない感覚と根は同じです。とことんくだらない話ですが、それがリアルという事です。

 下関講演は100人ほどの皆さんがおいでいただきました。山口の反原発運動や飯田さんの知事選の時にも見かけなかった新しい人が多く来られていたわよ、というのが、スタッフの感想です。良い事と思います。

 下関市の彦島などの沿岸にも、足を運びました。その地域の港から、北九州の清掃工場は、向こう側に本当によく見えます。日明工場の煙突はそれほど高くなかったです。他の工場群の煙突と比較しても。あのくらいなら、やはり数キロ圏に飛散する感じで、海を挟んで、対岸の下関は、山を後背にしてむきあっている場所が多く、そうした特定の狭いエリアに、集中的に降下する可能性が大きいなあと痛感しました。危険な場所は狭いけれども、はっきりあると思います。アスベストも放射性物質も。

 さて、東京都心部でそれなりの仕事をされていた、三十代の女性から、頂いたお話です。彼女は、仕事をしながら、お子さんを一人で育てられていました。その中で、お付き合いをしていて、結婚前提の彼氏がいらっしゃったそうです。この彼氏と、どのように放射能に関しての認識が食い違ったのか、そして、彼氏が原因不明の病で、危うくなくなりかけたという状況もあったそうです。そうした流れの中でも、今は、気持ちがつながらなかったという、すこし切ない話ですが、でもそこで、彼女が何を、どう選んだのかという事はとても大切です。

======================================================

昨年の4月に、都内在住で長く付き合っていた男性が原因不明の肺炎で死にかけました。                                               

それでも彼は、私が決断した移住にはついて来てくれなかった。辛かったけど、まだ命に対する価値観の違いに気付けて良かった。と思う様にしています。

  

彼は震災当時も、現在も東京東部に住んでいます。
勤務先は埼玉です。
タバコは喫煙経験なし。飲酒殆どしません。

震災後、次の日から何も無かったように、通勤勤務しています。
仕事は、屋外での作業等もポツポツあったようです。

3月末 突然、胸が痛く苦しくなる。

痛みが強くなり病院へ。肋間神経痛の診断。
高熱がでる。胸の痛みさらに酷くなる。
※ 年度末と4月からの移動のために、この間辛くても会社休まず。
4月上旬 診察に行き即入院。
さらに、大きな病院に転院。高熱で意識朦朧。
検査するも、結核でもなく、その他の細菌でもなく、ガンでもなく・・・。
咳きも、血痰もまったくなく。
原因が不明で、何しても40度以上の高熱が下がらず。
胸水の量も多量。
一か月後に退院。
とにかく、酷い高熱がなかなか下がらずでした。
奇跡的に、徐々に熱がさがって退院できたものの、結局、原因不明での退院。
どの薬、治療が功を奏したのか不明。

入院中はさすがに言えませんでしたが、

退院後に「放射能の影響では?」といったら、気分を害したらしく喧嘩に・・。

彼が胸が痛くなる数日前、私が咳きが出るようになり、
日に日に激しくなり、病院で咳止めを処方してもらいました。
その咳が、私が彼に移した、それが原因だと攻められました。
私の咳きも放射能が原因だと、私は思っています。
鼻づまり、鼻の付け根が痛み病院へ。蓄膿症かも?と先生もよくわからずの診断。
朝起きると、突然目が腫れ酷い目やにで目が開けられず日曜も開いている眼科へ。結膜炎との診断。咳きも激しくなってくる。
咳止めを病院でもらう。

私がこんな状態だったので、彼は私がうつしたと本気で思っているようです。

放射能汚染の話をしてもずっと平行線。
私を「異常」と・・・。

なので彼には、移住を決断し、準備をし、総てが整うまで打ち明けませんでした。
相談したところで、無意味であること、協力してもらえないことがわかってましたから。
その間、放射能汚染を心配して食事を気をつけたり、マスクする私や子どもを呆れ顔でみてましたから。

一定期間、お付き合いし、子供も彼を慕っていて、震災が起きるチョッと前から具体的に結婚の準備話をしていました。

女より母を選びました。命を選びました。

彼は今でも東京で生活しています。
今年の5月から一切連絡を取らなくなったので、元気なのかはわかりません。
私は西日本に来てからも、彼には私が知る限りの情報を伝えていました。
しかし、5月頃に、「東京に住んでいる人間を馬鹿にしている!」と怒りの一言をもらってから止めました。

私は、彼が移住することはないとあきらめていたので、

せめて「気をつけて生活して欲しい」と思い、事実だけを情報として伝えていたつもりでしたが・・・。

 

また、足立区で震災直後に、若いご夫妻立て続けに肺炎とも聞きました。

当時、東京西部のある小さな小学校でも鼻血が相次いでいて、肺炎のお子さんも複数出ていました。

さらに東京都心部の低学年のお子さんが、震災直後にかなり東京からいなくなったのも知っています。

==========================================================

これは母を選んだことでもありますし、命を選んだことでもあります。

子どもの命も守らなければなりません。

そして、自らの命も守らなければなりません。 

独身の女性たちも、本質は、同じことです。

目の前の恋愛相手が、本当にあなたの命を守ってくれるのでしょうか。

それ以上に、あなたはあなた自身の命を守ることを優先しているのでしょうか。

さあ、貴女はどうするのでしょうか。

======================================================

明後日夜六時開催! 敦賀も高浜もガレキ阻止! 京都府や滋賀県も注意。参集を!

!原発立地自治体に放射能ガレキも押し付けられる!☆福井・敦賀市で開催☆

【9/21(金)木下黄太講演 in 敦賀】

子供たちの未来を守ろう。

開場 午後五時半 開演 午後六時 「敦賀市福祉総合センター あいあいプラザ」 入場料500円  

予約。問い合わわせは。garekistopfukui@yahoo.co.jp に代表者名と参加人数を明記。

ホームページも立ち上がりました。「ガレキを考える会」⇒http://future.jpn.org/fukui/garekistop/

ジャンル:
ウェブログ
コメント (38)   この記事についてブログを書く
« アスベストは、世田谷で4億8,... | トップ | 甲状腺がん、結節やのう胞、... »
最近の画像もっと見る

38 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
東京都の皆さん! (16.59)
2012-09-19 22:52:49
冬になれば強い北風が、千葉北東部の我孫子から東京に向かって吹いていきます。

毎日新聞】 2012年09月06日 地方版/千葉
東日本大震災:焼却灰保管問題 
手賀沼終末処理場、一時保管施設の整備工事で入札 
埋め立て基準値を超える放射性セシウムに汚染された焼却灰を手賀沼終末処理場件(我孫子・印西市境)に一時保管する県の計画を巡り、県は5日、一時保管に向け、処理場内の整備工事や木々の植栽移植工事の入札を実施した。整備工事は4300万円、植栽工事は2454万8000円(いずれも税抜き)で、それぞれ県内の業者が落札した。

 県によると、整備工事には12社、植栽工事には10社から入札があったという。それぞれの最低制限価格は、整備工事が3991万4793円、植栽工事が2577万2597円(いずれも税込み)だった。県は6日にもホームページ上で入札結果を公開する予定。【斎川瞳】







持ち込まれる灰は原発の低レベル放射性廃棄物の数百倍 (最高78,000ベクレルにも)

6月に森田健作千葉県知事は、柏市、松戸市、流山市のクリーンセンターから出た、引き取り手のない2,500トンものゴミ焼却灰(被災地のガレキではありません)を、手賀沼終末処理場(県有地)に一時保管すると発表しました。
我孫子市長、市議会、地元住民の反対の声を全く無視して着工されようとしています。
よその市から持ち込まれようとしているこれらの焼却灰は、国が埋め立て処分できるとした限度(1キロあたり8,000ベクレル)を超えた放射性汚染灰で、柏市の焼却灰からは最高78,000ベクレルもの高濃度のセシウムが検出されています(幸い、我孫子市では8,000ベクレルを超えるゴミ焼却灰は出ていません)。
わが国の法律では1キロあたり100ベクレルを超える放射性廃棄物は、一般の施設で取り扱うことを禁止されています。原子力発電所では100ベクレルを超える「低レベル放射性廃棄物」は、ドラム缶に詰められ、近隣住民から隔離されて、原発敷地内の倉庫に厳重に保管されています。
その原発の低レベル放射性廃棄物の数百倍もの濃度の、危険な大量の汚染灰を、すぐ近くに学校や住宅地をひかえる手賀沼終末処理場に持ち込もうとしているのです。これは単なる“迷惑施設”とはわけが違います。

手賀沼終末処理場にはすでに高濃度汚染灰が山積み

そもそも手賀沼終末処理場は、松戸市、柏市、流山市、我孫子市、鎌ヶ谷市、印西市、白井市の7市の汚水を広域的に集め、処理する県の施設です。 昨年の事故以来、ホットスポットとなった東葛地区の下水が集中的に集まってくるため、汚泥を燃やした焼却灰からは、最高で1キロあたり20,500ベクレルもの高濃度のセシウムが出ています。この敷地内だけでもこのような行き場のない汚染灰がすでに1,700トン(7月末現在)も貯まっています。そして現在もふえ続けています。この上に新たにゴミ焼却の汚染灰を大量に持ち込もうというのが今回の計画です。
離婚危機 (Unknown)
2012-09-19 22:55:05
日本男性の多くは放射能危機に目をつぶって生活している。移住するか、離婚してくれとずーっと主人と喧嘩をしていました。もう少ししても決心しないなら家出だな!!と計画していたら幸運にも転勤の話が!!ケンカを止めて引っ越し準備に忙しくしています。しかし、本社は東京。数年後に本社へ戻れと言われたらバトル再開かも。今から対策を練ります。
苦悩 (ゆみっち)
2012-09-19 23:27:13
私は放射能の問題さえなければ愛する人と笑い合っていられるのにと思います。
自身の妹は東京で体調を崩し米国に移住しました。夫の理解は得ていますが生活のために東京にいる夫が心配でならないと・・・・・私の両親も移住を決めたことを理解していないようです。
わが娘は東京に夢を抱き就活をしていたのを2011年3月以降私が娘の健康を危惧し東京での就活を諦めさせました。バンジェスター博士や木下さんの講演も聞かせました。しかし震災後私に黙って東北にボランティアに出かけ野宿をしたようです。今でも放射能の話に及ぶと痛烈に私を批判してきます。ある程度の危険は感じていると思いますが東京は安全だと思っています。いずれ転勤で東京に行くことになれば母としてどうするべきなのか?
多くの友人が何の健康も害さず東京で活躍していることを見聞きすれば大丈夫と感じてしまうのも当然なのでしょうか?
未来ある若い命が傷ついいていく日本
愛する者を守ることができない日本
放射能の話題がなければ笑い合っていられる親子です。
娘を守ろうとすればするほど娘との距離が離れていくようで苦しくてたまりません。
皆さんはこのような苦悩を感じませんか?
言論統制でしょうか (大阪在住)
2012-09-19 23:58:30
一時 閲覧できず驚きましたが、きっと木下さんは復旧させると思っていました。それだけ当局にとっても重要な話を発信されているわけですね。
 私は夫を説得している暇はないと思い、当初から子供を優先させ上京を拒んできました。はじめはのらりくらりと一時しのぎという風をとっていても、そろそろ長期的な視点で自分の暮らしを整える事や、夫や周囲の理解を得る努力をしなくてはならなくなっています。精神的にタフでないとと自分を励ましています。
平智之議員 (まめた)
2012-09-20 00:21:36
9月14日に京都のお寺で開催された平智之議員のお話会に行きました。
木下さんのブログで禁原発の平さんの事を知り、今回直接お話が聞けて本当に良かったです。
理系の政治家とご本人も仰る通り、頭脳明晰(まず話がわかり易かったです)でありながら心は熱く温かい、大変有望な方だと思いました。
しかし、参加者の質問の中には「今後、禁原発の方針を変える事は無いと断言できますか?」と念を押すようなものがちらほらあり、何枚舌を持っているのか分からないような政治家ばかりで私も含め皆さん失望し切っておられることがありありと感じられました。
そんな中「そのような事は無いとここで断言します。」とまっすぐ相手を見て話される平さんは『絶望の中の光』のように感じられました。もちろん平さんにおんぶに抱っこばかりではいけないのですが。庭山議員や平議員、応援したい政治家が今後どんどん増えればいいなと思いました。

平智之さんのHP(頭にhを付けて下さい)

ttp://www.t-taira.net/

木下さんのブログが再開されて良かったです!
陛下も (milkyseed)
2012-09-20 01:57:33
・・・と思いますが、言えません。
皇室の方は、ご自分の意思で生活を変えることはできないのでしょうか、とお気の毒に思います。
自由に移動できることは幸せなことだと気づきます。
祝・復活 (海外避難母子)
2012-09-20 02:20:56
無事HPが復活して胸をなでおろしています。
引っ越しなさるにしても、今までの貴重なブログの積み上げがどうなるんだろうと、心配でした。

多勢に無勢の中で、心が折れ、日本に帰りたくてたまらなくなる自分にとって、木下さんのブログとそこに集う人たちの文章を読むことによって、「(すべてを投げたして避難した)私は異常ではないし、大事な人たちにもっと呼びかけていこう」と思える、心のよりどころになっています。

「今の日本企業の事なかれ主義の病は、こういう事でも露呈するなあと思いました。放射能を見ない感覚と根は同じです。」

全くもってその通りだと思います。マスコミ、官僚、一流企業、一流大卒の人たちを見ていても、「無関心」「事なかれ主義」「空気に流された思考停止」はひどいものだと思います。

「とことんくだらない話」であるはずなのに、それを肯定する人たちが大多数(あるいは勢力)であるというのは絶望的です。

嫌な思いをされると思いますが、負けずに戦い続けてください。
私も微力ながら戦っていきます。応援しています。
宮城、岩手、福島の沿岸部のがれきを (Unknown)
2012-09-20 04:20:12


皆さんのおかげで、
被災地のがれきは少しづつではありますが
確実に減少してきています。

しかし、まだまだ足りません。
このままでは確実に10年近くかかってしまうでしょう。
がれき処理だけで。

皆さんに、被災者としてお願いします。
もっと宮城、岩手、福島の沿岸部のがれきを受け入れていただきたい。


夏、長崎にて。 (鷹夫)
2012-09-20 04:32:23
私は東京に住む者です。

私自身はこの地に住み続けているものの、放射能汚染から離れ心身を保養する目的で、時々西日本を訪れています。

今年の夏は長崎に行き、そこである集団の方々10数人(30代~60代の女性が中心。男性は私を含め、3名ほど)と放射能汚染について話しました。

集団の方々は、私ともう一人以外は全て西日本在住(ただし長崎の方は数人)といっったメンバーだったのですが、原発事故とそれに伴う放射能汚染について、ほとんど何も知らない、知ろうともしない状況に、深い絶望を覚えました。

政府の公式発表で、広島型原爆の168倍のヨウ素が放出された・・・という情報(この量については、もっと多いいのではないか・・・と考える方もいると思いますが、一応政府の公式情報として、話を出しました)がありましたが、そのような基礎情報すら知らず、それどころか「そんな情報を信じるのか」とか、「原爆の何倍もの放射能が放出されたなんて、信じられない」と、ただ感情的に反発されるのみで、全く知ろう、勉強しようともせず、しかし放射能汚染については、過剰反応だと切って捨てられました。

こういった反応を長崎の人や西日本在住の方々が行い、最後は非難の集中砲火を浴びせられる状況となり、私は絶望しました。
しょせん(西日本に住む)この方々にとって、放射能汚染は人ごとであり、知ろうともしなければ、想像しようともしないのか・・・と。
何より長崎の人がそんな反応をする事に、より深い絶望を感じてしまいました。

そうでない方も、もちろんおられると思いますが、しかしこういった知ろうとしない、想像力もない方々もまた多数おり、だからこそ、今日現在の状況となっているのではないか・・・と考えます。

待っていても政府は助けません。 (Unknown)
2012-09-20 05:42:52
木下さん ブログが復活して安心しました。
これからも宜しくお願いします。
___
全国の瓦礫受け入れマップ
http://one-world.happy-net.jp/ukeire/

各地域の方は、地元の瓦礫受け入れ処理をしている処分施設に対して「瓦礫内にアスベストは含まれているか?」の確認をお願いします。もし、アスベストが含まれる瓦礫であった場合は、違法行為ですので早々に告発しましょう。

皆さん、情報拡散をお願いします。

http://two-wave.at.webry.info/201209/

こちらから引用しました。

(今の真実の日本、そして世界を知りたい方是非↑のブログをご覧ください。)
_________

アスベストは大変な問題です。以前は大騒ぎをしたものすが、怖い日本になりました。見過ごしていると、ご自分やご家族の健康が損なわれます。是非行動をお願いします。マップをご覧になって、御自分の県や地方自治体に問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。

行動を起こしましょう。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事