「木下黄太のブログ」 ジャーナリストで著述家、木下黄太のブログ。

日本と世界のリアル状況確認と僕の思索を書き留めるブログ。
重要なことはメルマガで展開していますので、ご購読下さい。

【大阪震度6弱】女子小学生が外壁の下敷きで死亡⇒倒壊した学校プールのブロック塀構造に大きな疑問。

2018-06-18 12:36:43 | 地震・火山

 大阪北部で震度6弱の地震がありました。

私のエリアは震度はそこまでではありませんでしたが、かなり古い家のため、思ったよりも強く揺れました。

縦揺れが強くあり、それが一定時間続いたため、実はこれが前震で、本震はこれからかもという感覚は今も消えていません。

引き続き、関西エリアで警戒が必要です。原発は今回はエリアが違うのは幸いでしたが、これを書いている時点でも、大阪では停電が続いていて、交通機関は殆ど止まったままです。

夕方までに一定程度の回復できるかどうかでしょう。

そういう中で、少なくとも三人の方が亡くなり、複数の方がブロック塀が崩れて下敷きになり、亡くなりました。

ご冥福をお祈り致します。

このうち、高槻市では、小学生の女の子が亡くなりました。

地震でこのブロック塀が倒壊して亡くなったのです(グーグルより画像引用)。

  特に、ブロックとコンクリートのつながっているところに着目して下さい。一見して見る限りでも、下のコンクリートとブロック塀の噛み合わせで、歩道側に倒れやすい構造なのは、一目瞭然という気がします。また歩道からの高さがかなりあり、ブロック塀はコンクリートよりかなり細い状態です。

プール周りの公的設置基準をこのブロック塀が満たしていたのかは、今後問われる可能性があるかもとも思います。

大地震だから致し方なしとだけにはなりません。検証が不可欠です。公立小ですから、これは高槻市の範疇になります。

 なお、記者会見で、枚方市を「ヒラカタシ」でなく「マイカタシ」と会見でおっしゃったのは、菅官房長官です。
これだけの地震で被害が大きい自治体名の確認もしていない。
日本の政治家レベル、安倍政権レベルがとても良くわかる状況。というか、ほぼ知的水準もわかります。残念。

また、今晩遅くになると思いますが、今回の地震関連などで少し短く増刊のメールマガジンを出すつもりです(交通機関が動かない為にこれから身内を車で迎えに行かないとならないのですぐには配信できません)。

僕の情報発信は木下黄太メールマガジンを確認下さい。

申込&詳細⇒http://www.hoshanobogyo.com

 


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 被曝回避ネット住民に警告、... | トップ | オウム事件真相究明に至らな... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。