「木下黄太のブログ」 ジャーナリストで著述家、木下黄太のブログ。

日本と世界のリアル状況確認と僕の思索を書き留めるブログ。
重要なことはメルマガで展開していますので、ご購読下さい。

東京が汚染され続ける現実。ウクライナのキエフと同じ放射能汚染の中で生きていくのですか?

2011-10-06 14:50:38 | 福島第一原発と放射能

東京都が毎年計っている新宿のポイントでの数値が出ました。

ここ数年間は、深さ0~5センチメートルの土壌で ヨウ素131、セシウム134はND(不検出)、                            セシウム137は2.00Bq(ベクレル)/キログラム~3.67Bq(ベクレル)/キログラム

今回の数字を見てください。

http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2011/09/20l9k300.htm

セシウム134 360Bq/kg   セシウム137 430Bq/kg   

セシウム合算で790Bq/kg

これまで数年間の平常値の、215倍から395倍の放射性物質が降下しているということです。東京の基準値はこの感覚で考えてよいと思います。というのも、放射能防御プロジェクトでの当初の平均値がセシウム合算で460Bq/kgでしたが、その後の個別の土壌調査などの結果を重ね合わせていくと(例えば霞ヶ関経済産業省前の植え込みで1万Bq/kgを超えたり、大田区の久が原で1300Bq/kg)、数字的に考えると、都内は700から900Bq/kg位が平均値になるかなという感覚がありました。今回の数字は、この感覚と合致するものですし、新宿のこの数字は、公的な東京の基準値で、東京が完全に放射線管理区域である事を、東京都が追認したデータでもあります。

 ウクライナのキエフはセシウム137のみの平均数値と、チェルノブイリの放出の割合が137と134でおよそ二対一なので、セシウム合算だと当初は700Bq/kgを下回るくらいなのかなという推定もできます。この場合でも、東京はキエフ並みという当初からの僕の感覚が、今回の都の発表でも、裏打ちされたと思います

例えば、それ以外にも清掃工場での飛灰はかなり多いままです。

一例は、9月14日の目黒清掃工場の飛灰の放射能濃度:セシウム合算3430Bq/kgです。

これは二次災害以外の何物でもなく、行政の愚行です。以前、剪定した植物の焼却が焼却灰が汚染された理由のひとつだと行政も言っていたのに、無秩序にまだ植物の焼却を繰り返しています。これは、被災地のがれき処理以前の問題で、差し迫った緊急性の高い問題だと私は感じています。」というメールも頂きました。                                                               目黒川沿いでは空間線量が高いという複数報告があり、実際僕も計測してみましたが、0.2μsvをたたくときが僕のガイガーでも多く見られました。世田谷南部から目黒通りを、計測しながら車で走らせると、目黒付近がやはり高いという実感は持っています。

こうしたことが、全て清掃工場が原因なのかどうかは断定できませんが、とにかく、高濃度に汚染されたエリアでは、その放射性物質の循環は止まらないということです。光のイメージでありません。微細な粉、目に見えない毒の粉のイメージをもってください。こうした粉があちこちにあり、飛び散り、くるくるまわっていくイメージを考えてください。こうしたものは、その地域の中の絶対量はなかなか減りません。ほんとに減りません。減らすのは大変な事なんです。だから、「そういった環境にあなたは、生きていけるのですか?」問いただします。特に、お子さん、妊婦、妊娠可能な女性は厳しいと再三再四、話しています。しかもα線核種、β線核種の危険な粒子の存在もあるのです。なんで、この東京で今までのように安寧な暮らしを続けることができると皆さんが思うか、僕にはやっぱり理解できないのです。ほんとにわからない。

 

 

=========================================

木下黄太講演会 IN 群馬・玉村町

日時:10月23日(日)開場午後1時半 午後2時から4時すぎまで。  

場所:玉村町文化センター 視聴覚室 (定員82名)

  
http://www.tamamura-bunka.or.jp/

参加費:500円

申し込み:(1)お名前、(2)連絡先メールアドレス、(3)参 加人数を書いていただき、(4)
meglian2004@yahoo.co.jp へメールしてください。なお小さなお子様をお連れになる
予定の方は、その人数もお書きください。
なお会場は床なので敷物か座布団椅子などをご持参下さい。

参加費は中学生からは必要になります。

========================================
         

 木下黄太講演会 IN 大阪

日時:10月14日(金)午後6時30分〜8時30分(開場6時 
場所:市民交流センターよどがわ 106会議室(定員100名。満席が間近です)
  
http://www.kashima-hra.com/map.html
参加費:500円
申し込み:(1)お名前、(2)連絡先メールアドレス、(3)参 加人数を書いていただき、
(4)rpp.kinki@gmail.com へメールしてください。なお小さなお子様をお連れになる予定の方は、その人数もお書きください(椅子を用意します)。参加費は中学生からは必要になります。


 

 

 

 ============================================

 10/15(土)の熊本、10/16(日)の福岡でも講演会をおこないます。お知らせ致します。

-----------------------------------------------------

★『木下黄太 講演会 IN 熊本』
________________________

■日時:10月15日(土)
■会場:熊本県青年会館(ユースピア熊本) 202号室(120名)
 熊本市水前寺3-17-15 2F
■開場13:00 開始13:30~15:30
■申し込み:
kyushu.kumamoto@hotmail.co.jp                                                               ※上記メールアドレスへ代表者名・参加人数をご連絡ください。
■参加費:600円(会場費・お子様無料)
■熊本県青年会館アクセス
http://www.ks-kaikan.com/access/access.html
※駐車場はござますが、当日は満車が予想されますので
公共機関または、近隣の駐車場のご利用をお願いいたします。
※JR水前寺駅隣に立体駐車場がございます→
http://parking-kyushu.jp/number/94178863


★『木下黄太 講演会 IN 福岡』
_________________________

■日時:10月16日(日)
■会場:春日クローバープラザ西棟1F クローバーホール(288名)
■開場:13:00 開始13:30~16:30
■申し込み:
http://kokucheese.com/event/index/18006/  

■参加費:500円(託児室あり一人 800円:保険込)

*混雑が予想されますので、ご来場の際は公共機関にてお越し下さいませ。
(会場はJR春日駅目の前。)
どうしてもお車にて来られる方は周辺駐車場をご使用下さい。
★クローバープラザ近隣駐車場のご案内→
http://www.cloverplaza.or.jp/parking1.pdf


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

木下黄太講演会 IN  京都

 日時:2011年10月28日(金) 午後1時~午後3時半
 場所:京都市下京区 ひとまち交流館・大会議室
http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html
 定員:300名 (可能な方は事前に予約を。当日でもたぶん大丈夫ですが)
 料金:500円

 *小さなお子さま連れの方も、どなた様も是非お越し下さい。親子室もございます。

 主催:京都ママパパの会 
http://kodomo-kyoto.sakura.ne.jp/
 申し込み先:: kodomokyoto@gmail.com

 

 

ある程度被曝しているエリア(首都圏も入ります)の人、特に子ども、妊婦、妊娠可能な女性は、被曝線量の低い場所に避難すべきだと僕は考えます。優先順位は「避難する」ことです。慢性的に被曝することは避けるべきですから、できる限り早く避難することをすすめます。

 三月中旬以降、原発事故の放射性物質拡散に関連し、なんらかの健康影響や異変があると思われる方は、その事象をメールで伝えてください。妊娠、出産に関わらず、医療的な中身に関わる事、会社、組織、学校など集団的におきている事を教えてください。極力メールしてください。nagaikenji20070927@yahoo.co.jp 

 

 講演会は10/22(土)午前、横浜関内ホールの小ホール、10/25(火)浜松 で開催決定。後でこの記事で詳細を更新予定です。 この前後に伊豆伊東市や千葉の鴨川でも講演会開催予定です。

 

 

コメント (64)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 伊豆・一碧湖で二万Bq/kg近い... | トップ | 11/12(土) 矢ケ崎克馬、五十... »
最新の画像もっと見る

64 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
甘いと思います。 (ピアス)
2011-10-06 17:15:59
木下さんは東京都が本当の発表をするとでも思っているのですか?
だとしたらちょっと考えが甘いと思います。
彼らは瓦礫を持ち込んで都民を殺そうとしている人たちですよ?
こういうときばかり信用してしまうと彼らの思うつぼです。

私はとてもそんな集団の発表は信じることができません。
木下さんももう少し危機感を持つべきです。
Unknown (Unknown)
2011-10-06 17:37:44
関東圏からは離れましたがまだまだ原発からは有毒物質放出中。ほかの地域だってキエフ並ってところがゴロゴロかも知れません。
早く汚染のましな地域を見つけて逃げたもの勝ちです。
死ぬとわかっていて逃げられない人には酷な話ですが。
私は避難先で飢え死にしようが逃げたい。のどの痛くならない咳が出ない汚染が比較的ましな地域で一生を終えたいから。避難した身ですがまた新たな移住先を探してます。貯金ないですが…
将来の子供の膨大な医療費や葬式代を稼ぐために汚染地帯にいたくはありません。子供の命と自分の命を削ってまで今のお金が必要…なんでしょうね。逃げない人は。逃げられないというジレンマを抱えている人には一日でも早く逃げる体制が整うよう願っています。
既に紹介されていたらごめんなさい。 (okama)
2011-10-06 17:42:03
「子を連れて西へ西へと逃げてゆく愚かな母と言うならば言え」俵万智
   *きょう、俵万智さんの上記作品に対する賞賛広がる。ツイッターで*
   (「歌壇」九月号;本阿弥書店巻頭作品二十首「ゆでたまご」より)
とんでもない簡易式線量計 (Unknown)
2011-10-06 17:50:28
ツイッターで流れていました。

> 桐生市の保育園の園児達に配られた。簡易式線量計。実物をみて怒りに震えた。
http://t.co/vLpmCfvy

桐生市って群馬県ですね。
こんなのってありますか?
保育園児が50mSVも浴びたら死にますよ。
1000mSVって、測ってる場合じゃないでしょう。即死でしょう。
こんなものを作って配って、金のムダであるだけでなく、恐ろしいほどの悪意を感じます。
庶民をどこまで馬鹿にするんですか。
地元の人は問い詰めて下さい。
Unknown (ショウ)
2011-10-06 17:53:59
当方埼玉ですが家族は無関心です。来年の農作物どうするという話をするぐらいで避難と言えば頭がおかしくなった、精神科へ行けと言われます。幼い子がいる兄夫婦も食品の産地を気にするぐらいで何を言っても無駄でした。せめて木下様の講演に行ってもらえば多少変ると思い、群馬県での参加を伝えましたがやはり相手にされませんでした。私は定期的にここに来ているので危機感が維持されています。周囲に人に避難の話をすると決まってまだ誰も避難していないから大丈夫と言われます。私が間違っているのかと思ってしまいます。
ガイガーカウンターで (大阪在住)
2011-10-06 17:59:03
先日 豊中市で計測したら(一戸建て室内)SOEKS 01Mで 0.15~0.18位とコメントしましたが、雨だった昨日、晴れている今日は0.1~0.13で推移しています。日によってばらつきがある様です。  東京でのガレキ受け入れ表明、反対すべきなのか複雑です。正直 北海道や九州(つまり汚染されていないと思われる地域)でなくて良かったとほっとする部分もあります。焼却灰が結局 海の埋め立てに使われるという所には憤りを感じますが、汚染されていない地域を守るには仕方ないことなのでしょうか?
東京が放射能汚染し続ける (宮川 清眞)
2011-10-06 18:15:07
東京も危険ですね、政府では、公表すべきですね。
福島の子供の個人積算線量計(ガラスバッジ)の測定結果について (Unknown)
2011-10-06 18:27:32
福島の子供の個人積算線量計(ガラスバッジ)の測定結果が、子供たちに返却されたそうなんですが、数値が返却されただけで、何の対策も指示などもないそうです。

http://hibi-zakkan.sblo.jp/article/48354881.html

国も県も子供の健康の事なんて、何も考えてないようです。
 (太郎)
2011-10-06 18:59:42
新宿がクローズアップされていますが
ホントに高いのは坂の多い港区
ここはもともと山をきりひらいた地域です。
なかでも海や東に向けて坂が面している場所は数値がはねあがります。
地形から考えて似たような地区はほぼ同じかと考えてます。新宿あたりからせんりょうは下がります。
汚染の中で生きていける気はしません… (みき)
2011-10-06 19:29:12
いつもブログを拝見しています。

首都圏でも、もうだいぶ広範囲に汚染が及んでしまっているのですね…。
残酷な現実に愕然とします。

私は愛知県日進市在住ですが、我が家の玄関先は、常に0.22μシーベルトほどあります。
玄関先以外の近所の空間線量は0.13〜0.17くらいなのですが…
県道のすぐ横に家があるのでそのせいかもしれません。石畳や木に放射性物質がこびりついているような気がします。
ミニマムホットスポットじゃないか…と途方に暮れています。

やはり汚染範囲が少しずつ広がってきているのでしょうか…
子どものことも心配なので、汚染された土地で暮らしていける気持ちには、とてもじゃないけどなれず、移住を考えています。

少しでも多くの人が現実を見据えて、避難をされるように、私も働きかけていこうと思います。

木下さんの発信する情報のおかげで、危機意識を忘れることなくいられます。
ありがとうございます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。