「木下黄太のブログ」 ジャーナリストで著述家、木下黄太のブログ。

日本と世界のリアル状況確認と僕の思索を書き留めるブログ。
重要なことはメルマガで展開していますので、ご購読下さい。

関東で、こどもの尿にセシウムが出ることが普通の時代という認識をまずもってください。

2011-07-30 10:01:49 | 福島第一原発と放射能

 子供の体の中に、セシウムが多かれ少なかれあるだろうと推測する時代になりました。なんでこんな時代になっているのか、疑問はつきませんが、その状況を知りたいと願う親御さんは多くなっています。特に家でどんなに気をつけていても、学校給食が落とし穴になっているという疑いが強まる一方で、何のために学校給食があるのか、これまたさっぱり理解できない状況です。子供の体というのは、放射性物質は影響が大きいと考えられます。その影響は、大人の比ではありません。

 

 このため、尿検査をお子さんに対しておこなうみなさんが、出ているようです。これも、自分のお子さんが一体どの程度、放射性物質を体内に入れているのか知りたい親御さんが多いということです。WBCの受診が難しい中で、少しでも子供の状態を知りたいというお母さんたちの気持ちはよくわかります。きのうお二人そうしたデータを送っていただいた方がいます。お二人とも「現実に子供の身体に放射性物質があるということを皆さんに知ってほしい、他人事ではないのです」という気持ちから、僕のところにデータが届いています。

 一つ目は、埼玉県川口市で10歳のお子さんのデータです。
セシウム137  0.41Bq/kg    
セシウム134  不検出
 
 お母さんによると、震災以降生活にはとても気をつけていた感覚だそうです。毎日掃除で水拭き、壁も水拭きしていて、5月GWあけまでマスクをさせ、雨の日は傘を洗い、雨カッパも水洗いしていました。 しかしながら、学校の給食を食べていて、学校では水道水を飲んでいたそうです。外食も食材を確認しながら週に一回程度はあったそうです。ご本人は給食の疑いは強いのですが、一定程度、気をつけていてもこういうことになるということです。専門家とも話しましたが「心配する数値ではないけれども、体内にはいったセシウムは、尿の量や、生物学的半減期、排出の状況から判断して、尿の検出量の最低百倍程度は、一端、取り込んでいる可能性がある。勿論もう少し多い想定もありうる」と。この場合は40Bq以上は取り込んでいるということです。現在の体内にどの程度セシウムが残留しているかの推測は難しいですが、体内の蓄積が今後も進んでいく可能性は否定できないということです。この量が続いた場合の蓄積が怖いとも言われました。
 
 
 茨城県守谷市の方からも同じようなお話がありました。川口市と比較すると、線量も高く、降下物も多いホットスポットに近いエリアです。同じ検査会社で五歳のお子さんの尿検査をされて、きのう結果が出たいうことです。
セシウム134  0.59Bq/kg
セシウム137  0.71Bq/kg
セシウム合算すると1.3Bq/kg
 「体内半減期が過ぎているので、4%くらいしか検出されないと聞きましたが、このような結果で大変ショックを受けています。微量かも知れませんが、どうなのでしょうか・・・。3.11以降、生活や食べ物には十分気をつけてきたつもりでしたが・・」というコメントも添えられていました。
 
 専門家とも話しましたが、やはり最低百倍程度は取り込んでいると想定すべきで、前のケースと比較すると三倍程度多いことは、ホットスポットであることからも想定できるが、量が多いことはさらに蓄積が進む可能性が高いということです。
 「セシウムがこれだけ出ていることから判断すると、他のβ線核種があると想定すべきです。セシウムだけが健康被害を及ぼすだけでなく、他の核種の破壊力も強いものがあります。尿検査では、セシウムとヨウ素しか検出されませんから、類推するしかありませんが、安心できる状態ではありません。一見、尿からの量は少なく見えますが、物語る事は多いのです」と。
 
 とにかく、関東ではお子さんの体内にセシウムがある程度と蓄積している事は、普通の時代になりました。自宅の食生活などで危険を回避すべき選択を、お母さんが一定程度おこなっていても、こういう放射性物質が体内に蓄積するということです。この危険を認識して欲しいと思います。
「追記」
千葉県船橋市でもセシウム137 0.34Bq/Kg 八歳のお子さんからの検出もあったそうです。
前も、千葉県柏市セシウム137 0.45Bq/Kg  セシウム134 0.37Bq/Kg  小学生のお子さんが検出。
普通にセシウムが蔓延している現実ははっきりします。内部被曝は、食事、水、さらに大気も考慮に入れるしかありません。マスクが必需品の時代、少なくとも関東では、放射性物質は身近にあります。本当に身近にあります。
 
 ある程度被曝しているエリア(首都圏も入ります)の人、特に子ども、妊婦、妊娠可能な女性は、被曝線量の低い場所に退避すべきだと僕は思います。優先順位は「避難する」ことです。僕はそれしか言う事ありません。慢性的に被曝することは避けるべきですから、できる限り早く退避することをすすめます。 

 

========================================= 

加工食品の原材料がどこのもので、さらにいつごろのものなのかで、内部被曝する可能性の有無を確認できる可能性があります。http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/b8c8f85c5ce80be6f2fafabcf0c8f66eこの記事のコメント欄で、それに特化した形でコメントをしてください。ネットからの二次情報でなく、ご自身が直接調べた情報をコメントしてください。この際、注意していただきたいのは、個別企業の批判的なコメントは一切書かずに、客観的に事実情報をまとめる形で作りたいです。下記のスタイルで書き込みを。

①企業名

②商品名

③製造場所(この記号はどこの工場までわかれば)

④主要な原材料

⑤原材料の産地

⑥賞味期限などから製造年月日がいつで、原材料の調達がいつか。

⑦放射能対応の有無、具体的な対応

 ====================================================================

様々な問い合わせはまず、メールでお願いします。具体的なご相談は、コメント欄でなく、直接メールしてください。nagaikenji20070927@yahoo.co.jp

なお、連絡事項ですが、膝を骨折し、ギブスのため、三週間は身動きがとれません。このため、七月下旬まで、できることがかなり限定していますので、ご了解下さい。なお、完治までは三ヶ月ですし、特にリハビリで八月中も身動きはかなりしづらいです。講演会、ミーティングなどは、交通手段について打ち合わせが必要になります。よろしくお願いします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (37)   この記事についてブログを書く
« ベラルーシのホールボディカ... | トップ | 伊豆半島東側注意!静岡県伊... »
最近の画像もっと見る

37 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
関東でこんな状態なら (Unknown)
2011-07-30 12:05:35
福島や東北の子供たちもおそらく同じ位でしょうか?おそろしいです。
もう疲れました。 (1児の母)
2011-07-30 12:24:20
都内に住む、幼い子を持つ母親です。
震災直後から毎日かかさず木下さんのブログを読ませていただいております。
いつも力になって下さいまして、本当にありがとうございます。

この記事を読んで、「ああやっぱりね・・・もうどうにもこうにも防ぎようがないのだ」「覚悟を決めて生きていくしかないのだ」と改めて思いましたが、正直もう、私も心も身体もヘトヘトです。
食べるものや飲むもの、天気や風向き、どれだけ気を遣ってもこの結果なんですから。

私自身、3月からずっと体調が悪く、でも周りや医師にも相談出来ず、ずっとずっと「子供と西へ逃げたい」「少しでも放射線の少ない地で暮らしたい」と悶々と悩んでいましたが、旦那も義父母も周囲のママたちも、福島の原発から今も漏れ続けている放射能にはまったくといっていいほど無頓着で、私の方が「神経質すぎ」「震災の後からストレスで頭がおかしくなったんじゃないか?」と心配されるほどです。(そうかも知れませんが)
多少の放射線は身体に良いと信じているような大人たちばかりで、私の話などまるで通じませんし、もういろいろと注意したり語るのも馬鹿らしくなりました。

まず私は、3月下旬から激しい咳が止まらなくなり、病院に行ったら「肺炎」と診断されました。それから2ヶ月ほどずっと咳が止まらず、喉の痛みやまぶたの腫れ、下痢の症状はいまだに治りません。
肌が荒れまくり(これもストレスのせいかも知れませんが)、見覚えのない痣や赤い斑点が腕や足に気がつけば出来ています。
皮膚科にも行きましたが、疲れからくるただの肌荒れとしか診断されませんでした。

私の子供には今のところこういった症状は出ていませんが、これから先どうなるかはまったくわかりません。
東京にこのまま住み続けて、保育園や幼稚園、小学校に通わせ、周囲と同じように3.11以前とまるで変わらないような生活を送り、ここで子供を育てていく自信も覚悟も勇気も私にはありませんが、でも私と子供だけが西に逃げれたとしても、頼る人もいませんし、経済的にもまず難しいです。

木下さんのブログを毎日見ているお母様のほとんどが私と同じ悩みを抱えていると思いますが、今後、東京や関東での今のこの状況が、またさらにどうのように悪く変化すれば、避難(移住)しようと決めていらっしゃるのか、他のお母様たちに是非お伺いしたいです。

後1、2年、いや数ヶ月経った頃に、産まれてくる赤ちゃんや我が子に、国も隠しようがないほどの明らかに放射能による症状がハッキリとあちこちで出始めるようになってから、皆この事の重大さに気付くのでしょうか?
それではもう手遅れだと思うのですが・・・・。

読みづらい文で失礼致しました。
沖縄産の新米 (てつ)
2011-07-30 12:29:48
 茨城県に本部を持つカスミというスーパーで、沖縄産の新米が販売されています。
 米売り場の隅の方に、数袋だけ置かれていました。
 茨城のスーパーの米売り場は、茨城県産の米を中心として、多くが関東・東北産の米です。沖縄産の新米が売られているのは、初めて見ました。
 やや割高ですが、ありがたいと思って購入しました。
 
一児の母様へ (マツダマツコ)
2011-07-30 13:27:31
 お抱えになられている悩み 苦しみが 伝わってきて ほんとうに切なくなりました。

 ここに書いていただくこと それは 社会を変えていく重要なメッセージ
 
受け取った人たちの新たな行動、発言の大きなきっかけにもなりえるでしょう。

 どうか発信をつづけてください。
 
それと 怒りを たいせつにしてください。
子の未来や いろいろな大切なものを奪ったものへの ただしい怒りを。

それが 今後のわたしたちの すべてのベースになると思っています。

ごいっしょに。
Unknown (元沖縄県民)
2011-07-30 13:47:58
>てつさん
沖縄ではほとんど稲作が行われていないので、
きちんと調べたほうがいいような気がします。
おせっかいですいません。
ご相談がある方へ (木下黄太)
2011-07-30 14:04:40
ご相談がある方は、
下記のアドレスにメールしてください。
nagaikenji20070927@yahoo.co.jp
Unknown (りぼん)
2011-07-30 14:09:43
先日那覇で地元の人向けのスーパーに行きましたが
沖縄産の米が店頭にありました。
もちろん、元沖縄県民さんのおっしゃるとおり
東日本の米どころに比べたら小規模とは思いますが…。
Unknown (ss)
2011-07-30 14:40:06
一般の人を尿検査をしてくれる医療機関はあるのでしょうか?

沖縄産の米 (tea)
2011-07-30 16:33:26
那覇のスーパーでは石垣島産の新米が沢山売っていますよ。私も石垣島でお米を作っているとは知りませんでした。

木下さん、お体をお大事になさって下さいね。
Unknown (沖縄)
2011-07-30 17:17:07
観光も兼ねて沖縄に長期滞在しています。
現在、那覇市内のスーパーでは石垣島産の新米が売られています、とても美味しいですよ。
フルーツは沖縄産マンゴーやドラゴンフルーツ、すいか、アセロラなどたくさんあります。
キャベツや白菜は関東産が多いです。
疎開を迷われている方、是非短期滞在でも、西の方へ行ってみる事をお勧めします。
子供の体調も良くなりました。
また関東へ戻りますが、次に来る時は移住したいと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事