「木下黄太のブログ」 ジャーナリストで著述家、木下黄太のブログ。

日本と世界のリアル状況確認と僕の思索を書き留めるブログ。
重要なことはメルマガで展開していますので、ご購読下さい。

給食のパンが、関東東北の小麦使うなら、給食とは絶縁するしかありません。

2012-07-20 12:35:44 | 福島第一原発と放射能

 小麦で、ウクライナもベラルーシもやられました。放射性物質の移行率が麦は高い。それが常識なのに、来年から全国で給食パンを国産小麦に切り替えようとする試みがあることを専門紙が伝えています。全日本パン協同組合連合会が、学校給食用パンを超強力「ゆめちから」+地場産小麦粉国産シフトにしようとする話です。

 言うまでもないですが、セシウムの汚染は、数十Bq/kgから百Bq/kgを超える関東東北の小麦は多いです。国内小麦の多くが、高濃度汚染しているのは、すでに周知の事実ということです。こうして汚染された小麦の行き場は、外食も含めて、実際に難しくなっているのが、当然のことです。 もともと、日本の小麦の単価は高いですから、コストパフォーマンスを考えると、外国産の小麦を使うのが、外食産業や普通のパンメーカーにとっては常識。コストがかかる国内小麦、特に汚染地の小麦の行き場所は本当にないだろうと思います。そこで、東北関東産の小麦の行き場がないから、何とかしようとしている話です。学校給食が過去に困ったものの行き場になっている構図にありました。今回は、学校給食パンが危ない! という事です。子供たちを殺す気でしょうか。本当に許せない話です。

 給食のパンが、関東東北の小麦使うなら、給食は絶縁するしかない。これが僕の結論です。これを安全と言い張る全日本パン協同組合連合会に僕は明確に抗議の意思を示すべきです。大手製粉メーカーや小麦農家の都合を優先して、子どもたちに無理やり国産小麦のパンをコストをかけて食べさせようとするのは、もはやまともな国の振る舞いではありません。汚染されているものを回避するのは常識です。この常識よりも、大人の男たちの経済的な自己都合を優先する話には唖然とするしかありません。

 また、もちろん各地の給食会が、最終的にどのようなコストのパンを導入するのか、決断できますから、コストをかけて、危険な小麦を導入させようとする全日本パン協同組合連合会の動きを伝えて下さい。そして、給食会にそうした小麦を用いたパンを給食に導入しないように、強く働きかけをしてください。この国の組織や大人がまともに機能しない現実と僕らが闘うしか方法はありません。

 国産小麦の、関東や南東北産は行き場がないと思います。それと裏腹の話ですが、西日本を中心にコメの価格が上がっていて、困り始めている話があります。実は最近オーストラリア米が販売されるようになっていて、外食産業でも導入が進んでいます(松屋など)。関係先と話しました。

 「3.11以降、米が高騰している。あるエリアの米が避けられているため、他地域の国内米が高騰している。政府米が放出されているが、数年前のもので、おいしくない。そこで、今まで抵抗感のあった海外米をスーパーなどで販売を試験的に始めてみている。オーストラリア米は、化学物質の安全度的には日本と大きく変わらないし、コメの種類は、コシヒカリ中心で食べられるレベルと思う。ただし完全に、オーストラリア国内の品種が全部コシヒカリで確定しないので、複数原料米表記となる。もちろんオーストラリア産の百パーセントですが。関東では、カルフールやイトーヨーカドーなどで、以前からオーストラリア米の取り扱いはあって、抵抗感はないと感じていたが、西日本では、ほぼなかった。3.11以降の米の高騰で、小売でオーストリア産販売に踏み切るが、これは今後も続く流れと思っている。安定した品質のものをある程度以下の価格で販売する必要があるから。外食産業では、前から年契約で、中国のコメを導入している大手チェーンもあったと聞く。オーストラリア米はこれからの動きでしょう。価格や味覚的には対応できるが、やはり米は日本の米でないとという思い入れが強かったので、これまではなかなかふみきれなかったんです。」という話。

 TPPの動向も含めて今後の米をめぐる状況は、3.11以降、大きく変化している模様です。今までと違う放射能という要因が立ちはだかる中、安定した食料供給をどう考えるかは、シビアな現実となっていて、実は日本という国を防衛する要となる話なのです。

=========================================================

 

=======================================================

 

 

 

 

 

 

 

「関東・南東北の被曝エリア(東京全域を含む大半のエリア)にいる皆さんは、放射性物質の少ないエリア、できれば愛知県から西のエリアに、移住するべきです。妊婦、子供、未成年、妊娠可能な女性は優先して移住すべきです。他の皆さんも極力移住してください。被曝から一年が経過しています。初期被曝は深刻で、慢性被曝の影響がさらに危険です。食物、飲料のみならず、吸気による被曝も軽視できません。回避する方法は限定的です。あなたやあなたの家族の命が何よりも大切です。一刻も早く移住してください。」

 

 

 

 「健康被害と思われる事象が顕著にあらわれている方は、僕までメール下さい。事故発生当時の行動記録や数値データなどを細かく教えてください。問い合わせの内容も書いてください。健康被害の状態を皆で共有化し、事態の推移をあきらかにしていく作業が最も必要です。nagaikenji20070927@yahoo.co.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕の情報サイトはこちら。→http://www.kinositakouta.com/

 

 

 

 

 

 

 

僕に対しての講演などのご依頼、そのほか業務的なご依頼の受付アドレスを変更しました。info@kinositakouta.com

 

送信できない場合は、
infokinoshita@mail.com

 

いろんな問い合わせは多いため、純粋にこうした依頼関連の窓口は、変更したと考えてください。

 

 

 

 

 

 

 

僕個人の連絡先は下記。上記以外のご相談は、まず下記へメールでお願いします。nagaikenji20070927@yahoo.co.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

==============================================

 

 

 

【7/27(金)木下黄太 IN 関】

 

 『 怒れる理由 』   7月27日(金) 18:3020:30

 

 

 

場所:アピセ・関  岐阜県関市平和通7--1 0575-24-6767

 

 

 

           岐阜バスせき東山線栄町1丁目(新関)下車徒歩5分

 

 

 

 チケット:1,000(当日1,500)中学生以下:500(当日1,000)  

 

 

 

託児あり(無料・要予約)

 

 主    催:グリーンプラネット・ 木下黄太 氏講演会実行委員会

 

 お問い合わせ:小見山070-5039-7701 河村070-5406-1062 三上090-7854-4561

 

  

 

=================================================================================

 

 

 

【7/28(土)木下黄太講演in山形

 

  

 

みんなで考える原発と放射能~テレビでは知ることのできない本当のこと~

 

 

 

東日本大震災以降、独自の取材を進められ常に最新の情報を発信されている木下黄太さんに、                                              内部被ばくのこと、放射能から身を守るには、そして今の日本の現状をお聞きします。                                                       未来あるこどもたちのいのちを守るため、一緒に考え行動していきましょう。 

 

 

 

 

 

 

 

日 時  2012728()  14時~16時(開場1330分)

 

 

 

会 場  山形ビッグウイング 大会議室(〒990-0076 山形市平久保100番地)

 

 

 

 

 

 

 

参加費  1200円  

 

 

 

 

 

 

 

※講演会終了後、木下氏を囲む会を予定しています

 

 

 

託児あり:お子様1名につき500円(事前予約必要)

 

 

 

予約やお問合せ/囲む会/託児のお申し込みは…

 

 

 

 

 

 

 

 メール: info@gaiayamagata.com  

 

 

 

=====================================

 

 

 

申し訳ありません。様々な理由でバンダジェフスキー博士日本最終講演のDVDが遅れています。

 

 

 

もう少しかかりますが、価格2000円程度でどの程度の方がほしいのか、事前に確認をしたいと思います。

 

 

 

DVDをご希望の方は、下記アドレスに、お名前と希望枚数のみメールください。

 

 

 

これは、事前予約でなく、ほしい人がどの程度の人数なのかを、調べているだけですが、

 

 

 

こちらも予算がない中での作業ですので、メールを頂いてほしい枚数が全体でどのくらいかわかりたいです。

 

 

 

DVDの希望者の受付メールアドレスは dvdbandazhevsky@gmail.comになります。

 

 

 

メールのタイトルは「DVD希望( )枚」 ← ( )は数字を入れてください。

 

 

 

本文はあなたさまのフルネームのみお書きください。

 

 

 

正式に出した時点でお知らせメールも致しますので。よろしくご協力ください。

 

 

 

 

 

 

 

==============================================

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (27)   この記事についてブログを書く
« 大阪市ガレキ阻止のため、皆... | トップ | 膀胱癌、脳梗塞。南足柄の二... »
最近の画像もっと見る

27 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
とっくに給食はNG (Unknown)
2012-07-20 13:09:04
事故後、まず一番に疑い始めたのが給食。
肉や魚も全て問い合わせながら、22年度産の米や小麦粉から23年度産に変わった時点で給食やめました。
肉魚は外国産でしたが、主食が汚染されては話になりません。
給食から子供達を守る、つまり、給食を拒否する流れは、もっと早く始めるべきだったと思いますが、今からでもいいです、給食は、、、
食べ物ではなく、核廃棄物です。
ゆゆしき問題 (上田一郎)
2012-07-20 14:06:18
給食小麦の問題、断固たる運動を展開する必要あります。
716ー17万人デモなど、何の役にも立ちません。
大方の人達は日常性の中に埋没しています。
困難な闘いになるでしょう。
被曝原因は保険金支払い拒否 (Unknown)
2012-07-20 14:46:14
アメリカ系列の生命保険会社は
「放射能被曝が原因と思われる傷害や死亡保険金の支払いは出来ません」

という条項を

【保険金が支払われない場合】
という条項に書き加えた。

日本の保険会社については不明ですが追随する恐れは大です。
アメリカン〇〇やアフラックなどアメリカに本社を持つ保険会社の契約者と新規加入契約者は確認が必要です。
政府が否定する被曝は、今後はアメリカ系列保険会社が証明することになり、その場合は政府に保険金を請求できますが支払われるか?

全パン連 (香川在住)
2012-07-20 15:52:10
抗議完了しました。
汚染ガレキに続き、汚染食品も全国に広げようとするとは、ほんとに耐えられません。
ヒドイ国です。
瓦礫の次は小麦ですか (Unknown)
2012-07-20 16:53:58
いつもありがとうございます。 どこまで、おかしいのでしょうか。今度は、小麦を全国拡散ですか。断固拒否します。

行き場のない小麦を、何もしらない成長期まっただなかの、子供達に食べさせるとは、犯罪にさえ近い、嫌悪感します。
内部被ばくの恐ろしさを、知らないなら学び、方向転換を!ベクレル食品を、子供たちから、「今、絶たないで、いつ絶つ。」
宅配のco-opは乳児、妊婦に対して、「暫定規制値より低いものはしっかりと食べ飲みましょう」と呼びかけ (サリ)
2012-07-20 17:01:34
宅配のco-opは乳児、妊婦に対して、「暫定規制値より低いものはしっかりと食べ飲みましょう」と呼びかけ
http://www.coopnet.jp/products/anzengaku/201105.php ホームページでの掲載は削除されたもよう

co-opコープデリの宅配サービスは多くの人が放射能汚染を避けるために利用している。驚いたのは、このco-opが「暫定規制値より低いものはしっかりと食べ飲みましょう」と乳児、妊婦に呼び掛けしている。被災地を応援するため汚染食品を多くの人に食べてもらうように力をいれているようです。コープデリは、日本人が知的障害者ほどの知能しかないから、こうした「放射能を食べる」呼びかけしても売上が落ち込む心配なく、もしろ愚民全員に賛同され売上がどんどん伸びると確信してるに違いない。
http://topsy.com/www.coopnet.jp/products/anzengaku/

汚染タバコ堂々と流通している?
汚染国産小麦大流通?
汚染線香は平気?
汚染生理ナプキンは平気?

★内部被曝による心不全、腎不全、免疫不全(エイズ)突然死、不妊、糖尿病、白血病 
http://matome.naver.jp/odai/2132677241137717801

★放射能汚染食品・産地偽造・内部被曝・原発事故・放射能漏れ情報
http://matome.naver.jp/odai/2132598988127854701
東電の値上げ (Unknown)
2012-07-20 18:08:50
「経済産業省/資源エネルギー庁からの発行文書で、2012年8月分の電気料金から再生可能エネルギー賦課金のご負担をお願いします。」と言うA5版くらいのチラシがポストに入っていましたので、問い合わせの電話をしてみました。

みなさんも、ぜひ、「原発を止めもしない政府と東電」、「こんな事故の後で倒産しない東電に対する疑問」、その他、「東電のマスコミに対する広告費をやめるべき」など、資源エネルギー庁へ声を上げませんか?
「資源エネルギー庁 省エネルギー・新エネルギー部 再生可能エネルギー推進室」のお問い合わせ番号は、以下の通りです。
0570-057-333
03-5520-5850
電話受付時間9:00~20:00(土・日・祝日は除く)
e-mail: enechohp@meti.go.jp


「国民の意見に耳を傾けずに、大飯原発の再稼働をした上に、賦課金を一般国民に払わせ、尚かつ、大量の電力を消費する事業所では減免を受けられる事はおかしいのではないか」と。
意見を上に上げる事しか出来ず、
どこで私の疑問に答えてくれるかの問い合わせ先の電話番号も答えてもらえず、
ただ、「上に意見を上げます。また、何かご意見有りましたらお電話ください。」と言われ、すでに賦課金の徴収が決まっていて、ただ決定通知が来る状態に腹が立ち、
「では、デモで10万人以上の国民が集まっても、その意見は無視されているのに、更に、8月分からの賦課金は請求されてしまうのに、いったいどういう方法で意見を上げれば無視されないのか?」と、訊ねるも、「自分は答えを持っていない」と言われるばかりで、ではいったい何の為の問い合わせ先の窓口なのかと聞いたら、
「今回の賦課金について、それぞれの発電方法に寄る買い取り価格やその他の説明をする為に有る」と言われたので、
「では、このまま電話で聞いているので、説明を全部聞かせて欲しい」と、要求すると、電話に出た女性は仕方なく順番に説明を始めてくださいました。

それぞれの方法で発電された電気の買い取り価格のみを一通り聞き終わり、、「それでは、原発にかかる費用は、人件費や原発立地の地方に支払っている金額や、廃炉費用、事故が起きた場合の賠償費用、その他諸々の費用を計算すると、いったいどの位の費用になるのか」と、聞きましたが、答えられないとの事。
原発での発電の方が明らかに多いであろうに、賦課金を請求するのはおかしくないかと意見しました。

更に、マスコミ(特にNHKや日本経済新聞など、)は、事実を隠匿するし、その為に避難が遅れている人々もいるし、実際我が家でも西日本から帰って来たり何か食べ物で被爆したのか、子供2人がそろって、鼻血を出したり下痢をしたりするのを見て、「また被爆させてしまった」と、考えてしまうのは、やりきれないと言う母の気持ちを(不覚にも涙ながらに)伝えました。

「子供に母親である自分では、原発の説明が出来ないから、原発がどうして必要なのか、どうして日本政府は原発を再稼働させたのか等の質問に、子供に対して答えてもらえる様な電話番号の開設希望」と、
「東電のマスコミや芸能人に流れているお金を止めるべきだ。そうすれば、マスコミは正しい情報を流し始めるだろう」と、
この2点の自分の意見を今回は強く希望して電話を切りました。

長文失礼致しました。


米国で国土の64%が深刻な干ばつとか・・・ (Unknown)
2012-07-20 18:53:27
 西日本や北海道の休耕地を生かせば、米や小麦の需給率は改善されると思いますが、あえて売れない東日本のセシウム米・セシウム小麦を給食に使うのは犯罪的だと思います。
農業問題をかじった事のある人ならば、以下のコメントは自明かもしれませんが。
今は、得体の知れない安い(これから高騰・暴騰かも・・・)外国産の米や小麦を買いまくる時代ではもうありません。
そもそも、世界中で飢餓線上にいる子どもたちが数億人もいます。
世界三大穀倉地に黒土のウクライナ、中国黒龍江省、米国中西部がありますが、すでにウクライナ小麦の汚染はチエルノブイリ由来です。
また米国中西部は、大規模農法による土地疲弊・そして恒常的な干ばつと地下水低下で土地放棄の砂漠化が進行しています。
満蒙開拓団で国策の犠牲となった黒龍江省地域は、今では中国都市住民の重要な主食供給地となっています。
東北三省は中国の生命線ともいわれています。
上海のカルフールに行くと、黒龍江省のお米が山積みですし、上海市民も東北のお米しか食べません。
都市住民の志向は、健康的で味の良いお米、しかも有機であることを求めています。
確かに西安産の安いお米が日本に入ったことがあります。
人気のある黒龍江省のお米も、河川の環境汚染と地下水農業の限界が見えてきているといわれています。
アフリカ・南米の農地を買いあさるという最近の中国に食糧問題の危機が感じられます。
東日本の食物が汚染されたならば、やはり西日本で増産体制をとるしかないのでしょう。
もし、セシウム肥料等で西日本のお米や小麦の汚染度が深刻になれば、最終的に外国産の穀物を更に求めるしかないのでしょうが。



JAとTPP (自主避難)
2012-07-20 19:51:07
日本は100ベクレルまで国民に食べさせる、と決めたのにはJAも関連してるんでしょうね
農家さんとJAは、もの凄い絆ありますもんね

TPP参加したいのかしらJAも?(安全な給食を提供出来ないのならTPPに参加したほうが良いのでは?…JAさんの既得利権も無くなるでしょうけど)


…たかが学校(高汚染地域での義務教育に真面目に義務果たす義理は無い)と去年から思ってますが今回のパン始め給食は子供が本当に可哀想です

何が義務教育だよ
100ベクレルの給食を子供が食べるのも義務か?
勉強は、どこでだって出来るんだよ



Unknown (mamoru)
2012-07-20 20:08:08
初めて恐縮ですが、一言コメントいたします。
大人の一人一人がアホ、その一言です。
いつも拝見しておりまして、本当にありがとうございます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事