タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

全米プロゴルフ協会のトップに女性が就任している!

2019年01月20日 | タイのゴルフ、あれこれ
 
 全米プロゴルフ協会(PGA)の41代会長に選出されたのは、同協会で初めての女性
トップとなるスージー・ウェーリーさんという女性でした。 昨日からの続きです。

昨年末にゴルフ雑誌などに既報されていますので、ご存知のゴルファーも多いでしょう。
ゴルフ界もようやく女性に焦点を当ててきている感じ、これは喜ばしいニュースですよネ。

 
 <スージー・ウェーリーさん> 

時代の流れは、ゴルフ界へ着実に女性への門戸開放に向かっています。 昨年12月、1761年創立で、
世界で4番目に古いスコットランドの「ブランツフィールド・リンクス」が 女性の入会を認めました。

これによって過去5年間で、世界で「歴史ある古いコースベスト10」のうち、男性だけの
クラブは、1735年創立で世界最古と言われる「ロイヤルバーゲス・ゴルフィングソサエティ」と
10番目とされる1787年 開場の「グラスゴー・ゴルフクラブ」の2カ所になったと聞きます。

 
 <霞ケ関カントリー倶楽部>

そうでした、日本も2020年東京五輪のゴルフ会場となる埼玉県川越市の霞ケ関カンツリー倶楽部も、
昨年5月 女性3人を正会員として初めて認めました。90年近い歴史を持つ名門クラブの約1,200人の

正会員からは賛否両論が出ていたようです。ですが 男女の差別を禁じた五輪憲章に抵触すると、
問題視した国際オリンピック委員会の要請に応じる形で、女性正会員の受け入れを決めました。

 

そんな中、創設102年の米国PGAが史上初の女性会長を誕生させました。これは意義のあること。
米国PGAといえばレッスンプロを中心に2万9千人の会員を抱え、「全米プロゴルフ選手権」や

「ライダーカップ」などビッグイベントを主催するなど、世界のゴルフ界をリードする団体です。
今だ 女性大統領が誕生していないアメリカにおいて、これは革新的ビッグニュースでしょう。

就任したスージー・ウェーリーさんという女性の名前を聞くのは、私も初耳でした。英米では
知られた人ですが、そういう外国人も多く、ゴルフ雑誌で その人となりが紹介されています。

 

ツアープロとしての実績はほとんど無いようです。90年と93年にツアーメンバーになるも、
すぐにティーチングプロに転向。新天地で才能を開花させゴルフダイジェストの「全米トップ

50インストラクター」や地元コネチカット州の「ティーチャーオブザイヤー」に輝くなどコーチ
として全米で知られる存在に。テレビ中継のコメンテーターとして活躍したこともあるとか。

 

しかし 米国で男性社会を象徴する典型的なゴルフ界で、トップになるような布石はあったと思われます。
ティーチングプロをやりながら、02年には男子の「コネチカットプロ選手権」に女性で初優勝し、翌年の

米男子ツアー、現在の「トラベラーズ選手権」への出場権を獲得。「1945年のベーブ・ザハリアス以来の
快挙」と話題になったそうです。その後、自らのアカデミーを立ち上げて、レッスンプロを確立しています。

 もう一つ布石がありました。 長くなりますので明日に続きます ・・・   



「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  

  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト
『ゴルフ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 世界で女性ゴルファーに注目... | トップ | PGA女性会長就任、日タイのゴ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

タイのゴルフ、あれこれ」カテゴリの最新記事