タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

マークセン選手、日本タイトルの同一年2冠達成は二度目!

2022年10月10日 | タイのプロゴルファー

 ビフォーコロナの強いプラヤド・マークセン選手(56)が戻って来ましたネ。国内シニアの

メジャー第2戦の「日本プロシニア選手権住友商事サミットカップ」を、通算13アンダーで

逃げ切り、初日から首位を守る完全優勝にて今季2勝目。シニア通算17勝目を挙げました。

 

レギュラーツアー12勝している宮本勝昌プロ(50)と、20勝している谷口徹プロ(53)らの

追い上げにも、びくともしませんでした。四日目の最終日、開始後 1番から3番まで連続

バーディを奪って、マークセン選手はスタートから1時間以内で独走態勢に入りました。

 

先月の日本シニアオープンに続き、シニアの日本タイトルを同一年に制しました。同一年

2冠達成は、高橋勝成プロ(2000年)、中嶋常幸プロ(2006年)、そして2016年にシニア

デビューした本人が達成しており、以来自身二度目となります。 無論 初の快挙です。

 

日本シニアオープン三連覇(2016~18年)の時も凄かったですが、その時の年齢は50歳から

52歳で、現在の宮本勝昌・谷口徹・藤田寛之プロ(レギュラーツアー18勝)らと同じ年齢です。

56歳になったマークセン選手の9月・10月のメジャー連覇は偉業でしょうネ。 強かったです。

 

しかも、昨日は肌寒い気候で風も変わりやすく、タイ人にとっては寒いはずなんですがネ、でも

半袖のアロハシャツを着て、得意のスプーンでコントロールが効いたショットを連発していました。

 

風に若手たち? が苦戦する中で、そのコントロールショットで出だしの1番から3連続

バーディーを奪い、マークセン選手自身が 早くも勝利を確信、手応えを掴んだようです。

 

20年・21年とコロナ禍で来日できず、その間はアジアンツアーなどに出場していましたが、

これといった戦績は残せませんでした。 大好きな日本で再び鉄人ぶりを発揮しています。

 

この優勝で1,000万円ゲットし獲得賞金を約3,760万円に増やし、これまでトップだった藤田

寛之プロ(3,498万円)を約260万円上回り、賞金ランキングでもトップに浮上しました。

 

これで四度目の賞金王も可能かな。 本人もインタビューで、“毎試合ベストを尽くした

結果として賞金王になれたら嬉しい」と謙虚に語っていました。今季はあと5試合ありますが

大丈夫でしょう。解説で芹澤信雄プロが言っていました。“彼は鉄人じゃなくて超人だ” と …  


コメント (3)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 女子バレーの世界選手権で タ... | トップ | プロゴルフの世界でも一攫千... »
最新の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
トム・キム タイガーを超えるスーパースターが誕生 (船橋)
2022-10-10 15:34:49
PGAツアーで、韓国の新星、20歳のトム・キム選手が2勝目を飾りました。
ドッシリした体格から繰り出されるショットは、飛距離、正確性ともに、申し分ありません。
タイガーウッズを超えるスーパースターになるのでは?という気が早い声が聞こえてきます。
アジアNo.1の松山選手もウカウカできませんね。
来月、ZOZOに来てくれたら見に行きたいですね。
https://news.yahoo.co.jp/articles/d598326ccfe65fa6d1c7e39900065d5885a3e98b
★シュナイラー・チルドレンズ・オープン最終日
https://www.youtube.com/watch?v=Pz8jKL8ArWI
トム・キム ZOZOチャンピオンシップ出場 (船橋)
2022-10-10 15:42:20
失礼しました。
ZOZOチャンピオンシップは、今週13日開催ですね。
トム・キム(キム・ジュヒョン)選手は出場が決まっていました。
https://zozochampionship.com/players.html
船橋さんへ (nagaichi)
2022-10-17 10:28:07
コメントとご意見をありがとうございました。
日本からも中島啓太・久常涼プロと楽しみな成長著しい選手が出て来ました。
是非 応援して行きましょう。

コメントを投稿

タイのプロゴルファー」カテゴリの最新記事