タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

プラユット首相と安倍首相が和やかに会談が!

2014年10月18日 | タイの出来ごと、あれこれ
  
 ワタシら外国人の多くにも、現在のタイ政権は 支持されており、イコール プラユット首相が
進める政治・社会改革を 応援しています。 <外国人は 何もできませんがネ (苦笑)>

そのプラユット首相が 16日、アジア欧州会議の首脳会議出席のため訪れたミラノで、安倍晋三首相と、
約30分と短い時間でしたが、会談を 行ないました。 なぜか、ワタシも嬉しくなりましたネ (苦笑)。

 

5月のクーデター後に、タイの軍事政権となって両首相が会談するのは、勿論 初めてです。

 プラユット首相、まず 軍事政権になっても日本がタイとの友好関係を 維持していることに謝意を
表明しています。 欧米各国は、タイのクーデターによる軍政を 批判し続けていますからネ。
これに対し 安倍首相は、プラユット首相の首相就任を 祝い、改革を 全方面で支援すると伝えました。

欧米国は、クーデターによる軍政を 強く非難し、民政への速やかな復帰を 要求し続け、タイ政権の高官
レベルの公的な交流を 今だに 停止しているからネ。 日本に支持されることは喜ばしいことでしょう。

 

さらに プラユット首相は、「国内の安定を 重視しつつ、日本を 含む国際社会の声に耳を 傾けて
改革を 進め、民主化に取り組む」 と説明し、「鉄道、水資源管理、エネルギーなどのインフラ分野で、
日本からの協力に期待する」 と述べたと報道されています。

 これに対し安倍首相は、「日タイ両国は長い伝統を 有する友好国であり、幅広い協力関係を さらに
強化していきたいと考えている」 また 「タイにおいて国民和解を 通じ、早期の民政復帰が実現する
ことを 強く期待する」 と伝えています。 

 

と同時に、「タイの持続的な成長のため、インフラ整備など日本の技術を 活用するよう」 呼びかけ、
「東日本大震災後の放射性物質に関する食品輸入規制の撤廃、公正な投資環境の整備を 要請」。

プラユット首相は、安倍首相との会談後、中国の李克強首相、シンガポールのリー・シェンロン首相、
カンボジアのフン・セン首相らと相次いで会談したようですが、タイ国内の諸問題が一区切りした
段階で、改めて 日本を 訪問する考えを 示し、安倍首相も 快く承諾した、と伝えられています。

 

 軍部がインラック政権に代わって全権を 掌握することになった要因に、これまでの政権が
汚職問題など政治家・富裕層にとって、頭の痛い問題を 真っ向から取り組まなかったことも、
政治介入の理由の一つと、プラユット首相は述べていたことがあります。 

最近、バンコク大学がタイの18歳以上の男女1194人を 対象に、現在のタイについて世論調査を
実施しています。 その中で、今のタイについて 「不満を 全く感じていない」 と答えた人は32.5%、
「それほど感じない」 と答えた人は47.9%と、不満を 感じてない人が合計で93.6%になっています。

 

プラユット軍事政権については、57.3%の人が 「満足」、36.3%の人が 「不満」 と回答していました。
欧米各国など海外の報道は、現在のタイ政権が不安定に見え、国民も不安を 抱いていると
思っているようですが、国内的には この新政権に満足している人が多いんですネ。 
日本の皆さんも安心して下さいな。  


 
「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト

コメント   この記事についてブログを書く
« 日本オープンなのに、日本の... | トップ | マークセン選手とサタヤ選手... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

タイの出来ごと、あれこれ」カテゴリの最新記事