タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

タイの AKB48 こと、BNK48 のメンバーは ・・・

2018年02月28日 | タイの名所、名物、料理
 
 最近、日本の “AKB48” ならぬ タイの“BNK48”について、よく 聞かれます。
私が苦手なタイのアイドルのことですので、アングル(ANNGLE)という情報
サイトから引用させて頂きますネ。 皆さんもこの機会に知っておいて下さいな。

BNK48は、昨年2月にAKB48の海外姉妹グループとして結成され デビューしました。
それが今、タイで少しずつ人気に火がつき始めているアイドルグループです。

 

昨年12月にリリースしたセカンドシングル「恋するフォーチュンクッキー 」がヒット。以来、
AKB同様 握手会も始まっており、タイでその変わった商法も話題を呼んでいるといいます。

AKB48 の秋葉原劇場と同じように、今年の2月からは「ザ モール バンカピ4階」にてBNK48 劇場
「BNK48 The Campus」もオープン。 これから さらに人気が盛り上がっていきそうな雰囲気です。

 そこでメンバーの紹介です。(ニックネーム)

 
 <チャープラーンさん21歳(CHERPRANG)>
BNK48チームのキャプテンで一番人気のあるメンバー。2018年世界の大学ランキングでタイの
大学では、トップにランクインした国立マヒドン大学で科学を学ぶ才女。 英語と日本語を話す。

 
 <ミュージックさん 18歳(MUSIC)>
常にBNK48の中心メンバーとして活躍する正統派アイドル。オーディションでは見事な日本の
アイドル的自己紹介とピカチュウ(ポケモン)の鳴きマネを披露し一目置かれる。日本語が上手。

 
 <サッチャンさん 14歳(SATCHAN)
タイ人の父と日本人の母を持つ日タイハーフ。元気で可愛い最年少。日本名は花見咲知弥。

  
 <パンさん 17歳(PUN)>
元々歌手になるのが夢だったこともあり、基本的な歌唱力のスキルが他の子より
高い。大人の雰囲気で、毎回選抜入りを果たす人気メンバーの一人。

 
 <ジャーさん 15歳(JAA)>
クラシカルなタイ美人といわれ、BNK48加入前から芸能活動をしており演技も好評。

 
 <モバイルさん 15歳(MOBILE)>
BNK48の存在を一気にタイに知らしめた曲、「恋するフォーチュンクッキー BNK48
バージョン」のセンターに選ばれる。コスプレや原宿系ファッションを好む女の子。

 
 <ヌーイさん 19歳(NOEY)>
恥ずかしがり屋で言葉少なに一生懸命頑張る姿が徐々にオタクの心をわし掴みにしているそう。
サードシングル選抜発表ではサプライズでミュージックさんとのダブルセンターに抜擢されたとか。

日本人メンバーも2名いますが、タイ語が話せない、ふられた話の内容が分らないなど、大変の
ようです。でも逆に「タイ語を話す面白い、可愛い日本人アイドル」的な地位を確立できれば
”他のどのタイ人メンバーにも負けない存在になれるはず” とアングルでは評価されています。

 
 <大久保美織さん 19歳(MIORI)>
10歳から両親の都合でタイに住んでいるという唯一の現地採用日本人メンバー。
日本人学校に通っていたためタイ語は只今勉強中とか。

 
 <伊豆田莉奈さん 22歳(Izurina)>
AKB48グループで7年活動し、BNK48へ移籍してきた日本人メンバー。

人気メンバーだけの紹介でしたが、彼女らは元々日本の文化(コスプレ、アイドル、アニメなど)が
好きだったというオタク系女子メンバーが多く、日本語が話せる子が多いと聞きます。

みんな可愛いですよネ。AKB商法はその戦略通りタイのオタク達の心をガッツリ掴んでいるようです。
しかし、メンバー内の過酷な人気争い、選抜争いに耐えられなかったのか、デビュー1年で早くも
4名が卒業したか、辞めていると聞きます。 ある面 日本式の練習など厳しいですからネ。

 

現在第2期生のオーディションが始まっており、応募者数は第1期生のオーディションの
1,357名からなんと10,782名に増えたとか。知名度、人気が上がってきているんでしょう。

1回の公演のチケット代は400バーツですが、今はまだデビュー初期のAKB48のようにオタク
向けのアイドルといった存在です。 近い将来 国民的アイドルになって行きますよ、きっと。
逮捕されちゃうのを覚悟で、一度 行ってみましょうか。 今日は書いていて 疲れました(苦笑)。 



「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト
『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« アユタヤ日本人町跡がリニュ... | トップ | 仏教の慣習など、タイでも薄... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

タイの名所、名物、料理」カテゴリの最新記事