タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

ウッズ選手か 英樹プロか、世紀の試合はどうなる!

2019年10月28日 | 日本のゴルフツアー あれこれ
 
 周知の通り「ZOZOチャンピオンシップ」は、日没サスペンデッドで予備日の今日に持ち
越され、まさに 今、ウッズ選手、英樹プロらが死闘を繰り返しています(8時30分 現在)。

昨日終わってウッズ選手が11番ホールを終わって18アンダー、英樹プロは12番ホールを
終わって15アンダー、その差は3打差です。 何度も言いますが、理想的な展開です。

 

前日の無観客試合から一転、昨日の入場者は2万2,678人に上ったといいます。入れなかった
ギャラリーが会場外にも人垣をつくり、金網越しに大きな声援と視線を送っていたようです。
千葉県印西市にあるアコーディア習志野カントリークラブの警備も大変だといいます。

だからか、今日の当日券は販売されないといいます。なぜなんでしょう? トーナメントの
関係者によると「なんでも安全面や、チケット、交通、ボランティアサポートなどの事情を
考慮して」とのことです。 けど、それは昨日も同じだったと思いますがねぇ~

 

日本で行なわれる試合では6度目の月曜日開催となると聞きますが、それを知らないで
会場に来てしまうギャラリーも多いでしょうネ。 観戦できるのは、事前に販売された

4日間通しのチケット、4日間に練習日を含めたチケット、観戦エリア前列で見られる
フロントローチケット 及び VIPラウンジ付きチケットの所有者に限り観戦が可能だとか。

 
 <フロントローチケットの席>

しかし、VIPラウンジ付チケット600,000円、フロントローチケット68,000円、4日間チケット
40,000円から、1日はチケット12,000円から、練習日チケット6,000円 … … 等々の合計
8万枚が全て、売り切れたといいますから凄いですねぇ~ PGAツアー初開催だからかなぁ~

皆さんが当ブログを読む頃には、タイガー・ウッズ選手の優勝が決まっているかも知れません。いや
3打差であれば、松山英樹プロの逆転優勝も有り得ますからネ。ゴルフは何が起こるか分りません。

 

ウッズ選手は今年8月、5度目となる左膝の手術を受けて、余り 月日が経っていません。
以降、18ホールを超えるラウンドは初めてと聞きます。昨日は第3ラウンドと最終ラウンドの

11ホールで、計29ホールをプレーしています。練習では、歩かずにカートを使ってプレーした
ことはあるようです。が、トーナメントとは精神面など、すべての勝手が違うでしょうからネ。

 

昨日は長い1日だったでしょう。長時間、集中力のオンオフを繰り返すのは、いくらタイガー・
ウッズ選手でも大変です。英樹プロは29歳で、ウッズ選手は43歳、さすがに疲れたようです。

昨日の後半、ショットはブレ気味でした。4番で右、8番では左にティショットを曲げ、
いずれもボギーにしてしましたものネ。勝つのはタイガー・ウッズ選手か? 最後の最後で
希望を見い出した松山英樹プロか? さて、ゆっくり観戦し 明日に続きましょう。  



「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  

  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ウッズ選手がトップで英樹プ... | トップ | タイガー・ウッズ選手、前澤大... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
タイガー82勝 女子プロR.R暴言 (Unknown)
2019-10-28 11:36:30
★タイガーウッズがPGAツアー勝利数82勝を達成し、サムスニードの記録に並びました。(ジャック。ニクラウスは73勝)
ただし、サムスニードの82勝には、怪しい優勝が含まれており(18Hとか、36H以下のツアーで優勝、競技参加者が15人とか)、実質的には、タイガーが断トツの(優勝記録)トップです。
https://www.youtube.com/watch?v=c1gy1-704Ck

💛昨日、非常に残念な事態が明らかになりました。某女子プロが開催コースのスタッフに「頭が固い、死ね」という暴言を吐いたというのです。
某女子プロは今朝のスポーツ新聞によると、R.Rのようです。厳正な処分をお願いします。
R.Rは問題児の片山晋呉の子分のようで、「類は友を呼ぶ」ってことなんでしょうか?
https://www.youtube.com/watch?v=jvLSxLsQod0
Unknwn さんへ (nagaichi)
2019-11-02 11:29:53
情報とコメントを有難うございました。

コメントを投稿

日本のゴルフツアー あれこれ」カテゴリの最新記事