タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

難易度が上がったアマタスプリングCC ・・・

2013年12月13日 | タイのゴルフコンペ
  
 昨日からアマタスプリングCC で、アジアンツアーのタイランド・ゴルフ選手権が開催しています。

世界ランキング3位のヘンリック・ステンソン (スウェーデン) を 筆頭に、欧州のトッププロが顔を
揃えています。 日本からは石川遼、小林正則、塚田好宣、川村昌弘、片岡大育、河野祐輝の6選手、

 
 <アジアに 初めて参戦する川村昌弘プロ…>

タイからは、トンチャイ・ジェイディ、プラヤド・マークセン、キラデク・アフィバーンラトはじめ、タイの
トッププロが、地元だけに多数出場しています。 欧州ツアーとの共催ですから、中々豪勢ですネ。

 大会初日はドイツのアレックス・チェイカ が “64” を マーク、8アンダーで単独首位に立っています。

その下の4アンダー6位タイまでには、大会連覇を 狙うチャール・シュワーツェル (南アフリカ)、
セルヒオ・ガルシアら9名いますが、ほとんどが欧州選手です。 日本勢・タイ勢の中では 辛うじて

 
   <初日トップに立ったアレックス・チェイカ 選手…>

10位タイに、国内ツアーで今季1勝を 挙げた川村昌弘、現在 アジアンツアーの賞金王・キラデク・
アフィバーンラト選手がつけているだけで、ほとんどの選手が出遅れていますねぇ~

 実は、今年で3回目の舞台となっているアマタスプリングCCなんですが、過去2大会の優勝スコアは
2011年のリー・ウェストウッド (イギリス) が 通算22アンダー、昨年はチャール・シュワルツェルが、
通算25アンダーと、突出した数字で勝利を 収めているんですネ。 

「これではまずい」 と、コース側は 今回に合わせて難易度を アップさせているんです。 全体的には
池周辺のブッシュを なくし バンカーを 増やし、ラフを 更に深くし、距離も延ばしていますネ。
<メンバーからは、そこまでしなくても … 我々には もっと難しくなると、不評だそうですがネ。>

 
    <アマタスプリングと言えば17番の浮島かな…>

具体的には 2ホールのティグラウンドを 下げて、距離を 延長しています。 11番 (パー5) が、
537ヤード (プラス17ヤード)、14番が496ヤード (プラス18ヤード) の設定となり 特に14番の
難易度が上がったようです。 3年連続出場の石川遼 / 片岡大育プロが実感しているようですヨ。

特に ラフですネ。 昨年よりも根が強く、絡みつくように密集しているようですから、「ボールが深い所に
沈むとウエッジで出すだけ、入れると まったくチャンスが無い」 と、言わしめているほどです。

 
   <アマタの、このラフを 甘く見てはいけないぜ…>

 そうは言っても、アレックス・チェイカ が “64” の8アンダーを 出していますからねぇ~
難しくなった、と嘆いているのは日本選手だけかも知れませんヨ。 最終的には、コースに慣れた
 タイ人選手が やってくれそうな気がしますが、どうなるでしょうネ? 最後まで楽しみです。  
 


「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト
『ゴルフ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タイも交通戦争を 抜け出すに... | トップ | タイとラオスを 結ぶ友好橋っ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
石川プロ (タカ)
2013-12-13 07:33:23
男子プロは来年も試合があまり多くは無いようですね。
女子のほぼ毎週行われる試合と比べて差が有りすぎます。

松山プロの頑張りはファンをワクワクさせますが、
来年はアメリカ中心に回るでしょうし、日本にスターが不在。

石川プロは成績が伴わないのが問題ですが、
その人気はまだまだ大変なものですから
出来たら日本で頑張ってほしいですね。
CMのトップに立つ石川プロですから、
日本をメインに回ってくれたら観客も増えると思うのですが。

石川プロ、日本でやり直したほうがいいと思うのですけど。
nagaichi (タマさん へ)
2013-12-18 21:48:06
また 女子ツアーは試合数が増えるようですね。
石川遼プロに帰ってきてほしいところですが、ワタシは この際、来年も米国でやってダメだったら
日本で徹したほうが良いように思います。 あと1年チャンスを ぶつけて、勝てなかったら
米国では通用しないんでしょうね。 諦めるべきですね。

コメントを投稿

タイのゴルフコンペ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事