タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

今日は 自身の過ちを反省する日にしましょうか!

2021年11月19日 | タイの名所、名物、料理

 タイ国は、今日 11月19日はロイカトーン(灯篭流し)というお祭りの日です。

 

毎年 陰暦12月の満月に行なわれ、今年は今月19日で、水の女神に収穫の恵みを感謝します。

ロイカトーンは「クラトン」と呼ばれる灯篭を川や池などに「流す(ローイ)」という意味です。

それが外国人にはロイカトーンという表現に聞こえ、我々もロイカトーンと言っていますネ。

 

水の神に豊穣の感謝を捧げるタイの伝統行事であるロイカトーン。全土各地の川や湖、小さな

公園の池でも、多くの美しい灯篭が流されます。バンコク市内でも然り、BTS プロンポン駅前の

 

ベンチャシリ公園のように、川の流れの行き場がない池でも多くの灯篭が放されます。

暗い夜に、蝋燭の火が灯った灯篭が流れている光景は、とても幻想的で美しいものです。

 

ロイカトーン祭りは、古くから人々に受け継がれてきた伝統ある行事です。コロナ禍でも今年は

行なわれますが、アサウィン都知事は「市民が良い伝統を継続するために、自宅近くに灯篭を

浮かべることができるよう」都内30カ所にあるバンコク公共公園での開催を容認しました。

 

 <アサウィン都知事>

ですが、都知事から「今年は一家族に付き1クラトン(灯篭)」を推奨しているようですヨ。

コロナ禍で密にならないように、といこともありますが、タイの伝統を継承し続ける為にも、

 

環境を保護するという配慮もあるようです。毎年、同祭りで発生する多量の灯篭による

ゴミ問題が指摘されています。この美しい多くの灯篭も、夜明けとともにゴミになって、

毎年 これらを片付ける公園職員も大変です。 相当なゴミになりますからねぇ~ 

 

アサウィン都知事は また、“クラトンは、環境にやさしい自然分解しやすい天然

素材を使用してほしい。クラトンに花火や風車に火をつけたり、提灯・灯籠など

 

空中に放出したりしないよう協力をお願いする” とも訴えています。今日 都内では、

交通整理と治安の為「三千人の警官が配備される予定だ」と報じられていましたネ。

 

言い伝えによると、ロイカトーンは「水に流す」という行為から、収穫への感謝と

合わせ、自分たちがこの一年間で犯した罪を懺悔し、その懺悔を通じて心を浄める

 

という意味合いもあると聞きます。いかにも仏教国らしい受け止め方ですよネ。

灯篭を流すだけで罪が消えるわけではありませんが、その気持ちは理解できます。

私も今日は、一年を振り返り、自分の過ちを反省する日にしたいと思います!  


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 働けない女性たちの訴える気... | トップ | 大谷選手のMVPはコロナ禍の暗... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

タイの名所、名物、料理」カテゴリの最新記事