タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

ついに ベールを 脱がす、アヨタヤ リンクス でプレー!

2012年06月24日 | タイのゴルフ場
  
 本当に プレーヤーのことを 考えたゴルフ場 … … と いうより、メンバーに 如何に 楽しんで
貰うかを 隅々まで 考えているゴルフ場ですねぇ~     至れり尽くせり、と は アヨタヤ
リンクスのことを 言うのでしょうネ。   昨日からの続きです ・・・

アウトの9ホールを 終えて、インに 向かう途中 クラブハウスの下にあるレストランでは、写真のような
軽食が用意されています。 冷たいタオルと 少し空腹感のある 時間帯に なっていますから、これも
ドンピシャリのタイミングでしたねぇ~ こうなると 何もかもが 素晴らしく感じてしまうから不思議です。

   
    <用意される軽食と そのレストラン…>

けど オーナー会長のピタックさんは、「世界のゴルフ場ベスト100」 に 入るべく努力を 惜しまず、絶えず
研究しているそうです。 余談ですが 富永さんは、三菱電機の駐在時代に 全英オープンが開催される

コースを 全てラウンドしていましたが、ある人に 「アイルランドのゴルフ場を 知らずして、ゴルフを
語るべからず」 と 言われ、実際に 数多くのコースを ラウンドして、その素晴らしさも 知ったとか …

そんな経緯もあって、昨年には ピタック会長ファミリー8名を 引き連れて、アイルランドのゴルフ場を
案内したそうです。 帰国後 ピタック会長は、早速 アイルランドのドレスコードなどを 取り入れています。

 
  <広々としたドライビングレッジ、打ち放題でもフリー…>

富永さんと アヨタヤ リンクスとの出会いは、面白いですヨ。 噂を 聞いて、早速メンバーに なるために
アヨタヤ リンクスへ訪れると、アポイントがない と 門前払いを くってしまいます。 欧米の名門コースを

熟知している富永さんは、これは本物だと 確信し 改めて再訪。 そこでメンバーと なった富永さんは、
ピタック会長と 意気投合。 数ヵ月後には 信頼を 得て、アドバイザーにまで就任してしまったそうです。

  
<とても72歳に見えない富永さん、ここで90を 切って来ます…>

じゃぁ~ メンバーになるには どうするの? となりますよネ。 日本人でしたら、アドバイザーである
富永さんと 面談して、一年メンバーで20万バーツ、30年メンバーで 250万バーツのフィです。 

メンバーになると、グリーンフィは無料ですが、カートと バトラー フィ (かかりきりのサービス) が
1,500バーツ と キャディ チップが  300バーツ ~ かかります。 メンバーのゲストは、グリーンフィ が
3,000バーツ と カートと バトラー フィ 1,500バーツ、キャディ チップで、4,800バーツ ~ ということに。

        
 <化粧室とロッカー、シャワー室は八つしかないけど余裕です…>

ちょっと 貧乏くさいですが、4,800バーツと 言っても、12,000円ほどですから 日本の名門コースや 高級
ホテルに 較べたら 安いですよねぇ~  因みに、メンバーフィは 会員数に よって 上げっていくようです。

現在の会員数は、殆んどタイ人で約 200名、日本人と欧米人が、それぞれ12名ずつ。 他の国々の方には
遠慮して貰っているそうです。 タイ人でも 紳士的な振る舞いができない人は 除名するそうですヨ。

 
     <クラブハウスから眺める広大なパノラマ…>

これも 凄いですよねぇ~ ピタック会長は、日本人を ジェントルマン として、認めているようで、
身が締まる思いでプレーしました (笑)。 まぁ~ アルパインだ、タイカンだ、アマタだ、等々が
霞んでしまう アヨタヤ リンクスでのラウンドでした ・・・

是非 お試しを、と言えないのが 残念です!  



「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです   


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト
『ゴルフ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 幻だったアヨタヤ リンクスで... | トップ | 泰緬鉄道が 開通される、って! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
プレーおめでとうございます! (タマ)
2012-06-30 17:20:20
念願のラウンドおめでとうございます。「願い続ければ願い事はいつか叶う」不思議な国でもあります。難関とされるラチャプルックやロイヤルバンコクも、近いうちにnagaichiさんの前に門が開かれると思われます。

今回は、タイのトップクラスの人がもつゴルフ観をコースを通して体感されたのではないでしょうか?私もこのブログを読んで、なぜタイには珍しいリンクス志向なのか、理解するヒントが得られました。

次の機会はいつかわかりませんが、もう一度プレーしたいコースナンバーワンなので、私も願い続けて行こうと思います
タマ さんへ (nagaichi)
2012-07-03 18:52:52
コメント、有難うございます。
そうですね、いつかご一緒いたしましょう。
処で、ロイヤル バンコク スポーツクラブは、ラウンドしていますよ。あとは、ラチャブルックだけです(苦笑)。

コメントを投稿

タイのゴルフ場」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事