タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

タイでは家庭内喫煙は家庭内暴力とみなされます!

2019年08月21日 | タイの名所、名物、料理
 
 いやぁ~ 驚きです。タイでは家庭内喫煙は 家庭内暴力として扱われるんです、って!

6月に、家庭内喫煙を禁止する法律が施行されると、当ブログでも伝えてきましたが、それが
昨日の20日から施行されるとのこと。家族制度促進・保護法の観点から「家庭内喫煙は 家庭内
暴力」とみなされるようになったといいます。 このような法は世界で初めてでしょうネ。

 
 <奥さんが、夫が喫煙していると訴えるのかな?>

新しい法律では、全面的に家庭内での喫煙を禁止しているわけではないようで、家庭内での喫煙について、
家族がその居住地にある「家族保護センター」に苦情の申立てが出来るようになったというらしいんです。

苦情を受けた後、その後は司法に委ねられると聞きました。ただし有罪になった場合の罰則は明確に
なっていません。今年の2月からは、公共の場所の入口から5メートル以内も禁煙となりましたが、

同規制についても厳格な取り締まりは行なわれていません。 喫煙を止めさせる 一種の『脅かし』の
ようにも聞こえます。あの手この手を使って、喫煙者を失くそうという施策なのかも知れませんネ。

 

それにしても、家庭内喫煙は 家庭内暴力となるとはビックリですネ。タイは、日本よりも遥かに
喫煙に対して厳しいことは周知でしょうが、日本では喫煙者がひっくり返ってしまうでしょうネ。

一方で 先月末に こんなニュースが流れていましたネ。
タイ国際航空の乗務員が、成田から加熱式タバコのアイコス(iQOS)などを「大量に密輸しよう
とした」と荷物のチェックを受けました。タイでは電子タバコの所持も使用も禁止されています。

 

タイでは総称としての電子タバコと呼ばれるベイプ(VAPE)やアイコスの使用は禁じられており、
もちろんタイ国内に持ち込むことは出来ません。 日本では紙巻きタバコに代わり、今では電子
タバコが当り前になっていますから、日本人も タイで 時折 逮捕されて罰金を上納していますネ。

さて アイコスなど密輸を行なった乗務員ですが、7月20日の成田発TG677便に搭乗していました。
タイ当局へ、日本の税関からアイコスが持ち込まれるとの報告があり、バンコクに到着した
TG677便を調べたところ、乗務員用の移動バスの中から大きなバッグが発見されたという次第。

 

バッグの中には100台以上のアイコスと100箱のアイコス用のタバコが入っていたとのことです。
それらは日本では30万バーツ(約105万円)ほどで購入できますが、タイでの販売価格は60万
バーツ(約210万円)と2倍ほどになります。 知人や自分で使用するつもりだったのかな?

なおアイコスなどを密輸したという乗務員は名乗り出ず、誰が行なったのか不明で、TG677便に
搭乗していた乗務員の連帯責任になるとのこと。で、乗務員らの間で不満が出ていると聞きます。
赤字続きのタイ国際航空の乗務員は、こんなことをしている場合ではありませんよネ。
喫煙者にとっては、なんとも やり切れないタバコのニュースが続いています。   



「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト


コメント   この記事についてブログを書く
« 近年は 本当に バンコクの地... | トップ | 今年の女子プロテストがスタ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

タイの名所、名物、料理」カテゴリの最新記事