タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

日本選手の成長と育成に ジョーンズ コーチの存在が大きい?

2022年10月25日 | 日本のゴルフあれこれ

 2015年、JGAナショナルチームのヘッドコーチにに就任したガレス・ジョーンズ氏の

メンタル面の指導法にて、多くの強い選手を誕生させているといいます。昨日からの続き。

 

女子では畑岡奈紗プロを筆頭に、古江彩佳・西村優菜・吉田優利プロのプラチナ世代、

男子では金谷拓実・中島啓太プロらで、ジュニア時代から海外でも大活躍していました。

 

ガレス・ジョーンズ氏(51)は、国籍はオーストラリアですが英国生まれです。1995年にプロになり

97年、98年とツアープレーヤーとして活動したのち、オーストラリアの国立スポーツ研究所を経て

 

オーストラリアゴルフ協会のナショナルコーチに就任しました。今でもオーストラリアと日本の

ナショナルチームのコーチを兼任し、ジュニア育成のプロとして活躍しています。

 

ジョーンズ氏が日本チームのヘッドコーチに就任したきっかけは、14年に52年ぶりに日本で

「世界アマチュアゴルフ選手権」が開催された際、日本はチーム・個人共に惨敗でした。そこで

 

オーストラリアのナショナルチームを復活させたジョーンズ氏に白羽の矢を立てたといいます。

ジョーンズ氏は就任早々、技術面ではスポーツ科学を駆使して、徹底的にショートホールの

攻略法に重点を置いて指導したようです。 メンタル面では下記の三つに重きを置きます。

 

  • リアル・コンフィデンス

  統計的なデータを見せながら、自分の強みと弱みを把握し、自分の強みを出して戦っていく。

  優勝した蝉川クンは、ドライバーに絶対の自信を持って戦っていたのが良い例でしょうネ。

 

  • リアル・コントロール

  コントロールできることは何で、できないことは何なのか、を整理させることによって、

  実際に何をすれば良いのかということを明確にさせる。不得意分野の強化でしょうか。

  

  • ブラザーフット(兄弟のような関係)

  選手同士がしっかりコミュニケーションをとりながら、“プロとかアマは関係なく、試合では

  優勝を狙う” という姿勢で刺激し合う。 確かに、彼らは男女とも 仲も良く、これまでの

  コメントを聞いても、強い自信を持った意見や言葉が発しられていましたよネ。

 

選手たちの努力や他の要素もあるでしょうが、男女共 これだけ結果を残す選手が生まれると

納得してしまいます。いくら指導法の内容が良くても、結果や証明するものが無ければ、何を

言っても評価されませんものネ。 でも この三つって、ビジネスでも通用しそうな気がします。  


コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 蝉川泰果クンのアマ2勝目で... | トップ | 先週の日米ゴルフ、タイ人選... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日本のゴルフあれこれ」カテゴリの最新記事